ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年3月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

AIRAVATA アイラーヴァタ(バルベーラ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

ルージュ・ゴルジュ[2022] ムーラン・ド・ラモー

オーヴェルニュのガメイをノンフィルター、SO2無添加で仕上げました。フレッシュで華やかな香りのあるフルーティーなワインですが、非常に奥行きがあり舌に染み入るような旨味が特徴です。

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2020] ラ・リチェンツィアーナ

ラ・リチェンツィアーナの最新ヴィンテージが入荷。既にメチャクチャ美味しく、もちろん熟成のポテンシャルもひしひしと感じる極上のバルバレスコ!余韻の長さと繊細さ、複雑さはケタ違いです!

ブラン・ド・ブラン ドザッジョゼロ[2019] アレッサンドラ・ディヴェッラ(ディヴェッラ・グッサーゴ)

シャルドネ100%で造られる、ディヴェッラのベースとなるスプマンテ。シャルドネらしい繊細さ、柔らかさはもちろん、複雑に重ねられた熟成香には驚愕です、、、。

ホーム > 産地で探す > イタリア > エミリア・ロマーニャ > シュン・ミノワ Shun Minowa

シュン・ミノワ Shun Minowa

産地:エミリア・ロマーニャ ピアチェンツァ

エミリア・ロマーニャの名門La Stoppaで働き、醸造責任者ジュリオ・アルマーニ氏とともにLa Stoppaのワイン造りを支えた美濃和駿さんが独立。2019年ヴィンテージがファーストヴィンテージのワイナリーです。

2012年に、スペインに渡った美濃和さん。
当初は自ら「ワインの輸入会社」を始めるつもりだったのですが、 ワイン造りの道に

「生産者と知り合い、実際にワイン作りの現場で手を動かしているうちに、この生活の方がフィットしていると感じました。自分と美醜の感覚が似ている人に多く出会えたのも大きいです。」

スペインで働き「スペイン語が通じる」という事で2015年、南米「チリ」に渡ります。チリではルイ・アントワーヌ・リュイットのもとで働き、そこで南米で新しいプロジェクトを始めようとしていたLa Stoppaのエレナ・パンタレオーニに出会います。

2010年のアジェノを飲んで衝撃を受け、すぐにエレナに働かせてもらえるよう頼み、2016年より3年にに渡りLa Stoppaで醸造を経験。いくつか試験醸造もした上で、「今いるトラーヴォで自分のワインを作るべきだ」と考えるようになったそうです。

畑はアンドレア・チェルヴィーニの紹介。ジュリオ・アルマーニも太鼓判を押す畑です。

目指すスタイル
「 一つ一つのワインが彼/彼女らしくあるためにどうすればいいか考えています。」

「逆に言うと、たとえば、代々偉大なサッカー選手を輩出した家族にいたとして、自分の子供が産まれた時にサッカー選手になるための英才教育を行ってサッカー・マシーンを養成する…といったことを避けたいのです。彼は彼の人生があり、彼はもしかすると一人で彼らしい人生を発見するかもしれないけれど、親が敷くレールの影響はとてつもなく大きいわけで…。なので、ワインに対して、こうなってほしいという先入観みたいなものをできるだけ持たないように努めています。」

「あと、世界にふたつとして同じワインがあるべきではない、と考えています。一卵性双生児でも、大人になったときには完全に異なった人格を持つのが普通なように、もし全く同じワインがふたつあるとすればそこには何か作り手の意図が介在しているはずです。ワインの個性がのびのびと表現されるためには、フィルターや温度管理や亜硫酸塩の添加を避けざるをえず、結局ナチュラル・ワインと言われる醸造方法に落ち着くことになりました。」

栽培、醸造で気を配る点
「メッセージが肝心な事を言っているなら、大声で叫ばなくても人には伝わる、と思っているので、香りを拡張するようなオペレーションは何もしていません。マセレーションは5ヶ月と少し長いですが。笑 漬けているだけで、ほとんどピジャージュもせずほったらかしです。」
現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

アシディティ・ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ[2022] カンティーナ・マルゴ

3,762 円
年を追う毎に驚くべきスピードで進化するカンティーナ・マルゴ。マルゴのフリッザンテの『ACDT』から新しくロザートがリリース!ロックバンド、AC/DC風のラベルが楽しい、飲み心地抜群のフリッザンテです。

キャンティ・クラシコ[2020] オットマーニ

3,267 円
オットマーニ・キャンティ・クラシコの最新ヴィンテージが入荷しました!キャンティ・クラシコの典型的な「キャンティ・クラシコ」らしさをお楽しみいただけます。

【*】ラトビア クランベリーホール (100g) 

648 円
希少なノンオイルのクランベリー!風味、甘みと酸味のバランスが抜群!白カビのブリーとの相性は抜群!

ペットナット・ビガリュール(2020) ドメーヌ・ミューラー・ケベルレ

3,564 円
香りはオレンジピールや赤リンゴ、ピンクグレープフルーツと言った熟しつつも爽やかさのある柑橘系の香りが支配的。徐々に蜂蜜やミードに似た香りが湧き上がります。ガスが抜けて行くにつれて、旨味も感じられ、スルスルと飲み進めることが出来ます。

アナトリーノ[2022] カルロ・タンガネッリ

3,762 円
アヒルのラベルで大人気!飲み心地抜群の白ワイン。エレガントで美しい質感。果皮のビターさは穏やかですが果実の中の充実感はしっかりとコク深く、余韻にほんのりと甘い雰囲気です。

エレ・ダンス[2022] レ・ボワ・ペルデュ

3,762 円
鮮やかで、はつらつと元気なロゼ。軽快なロゼというよりは、淡い赤ワインに近いような密度の高いワインです。色調も深く、果実味も豊かで生き生きとした味わい。チャーミングさもありつつも赤系果実の熟した風味は、艶やかさも感じます。

【*】《750ml》 オーリオ エクストラヴェルジネ・ドリヴァ[2022] オットマーニ

4,374 円
トスカーナらしい青い香りがありながら、口当たりのまろやかなオーリオ。パンにサラダにフレッシュチーズにかけても!たっぷり750ml。

レイジー・ワインメーカー カリニャン2022  クォーサーワインズ

2,376 円
リアルワインガイド 旨安大賞受賞!手摘みで収穫、天然酵母による発酵。エレガントなナチュラル、なめらかなタンニン。税込2,376 円は破格です!

リースリング・ルッパーツベルグ[2021] ショヤマン

3,564 円
柑橘系の風味に、土地の個性であるミネラルのニュアンス。ほんのり心地よい苦みもあり、飲み続けやすい仕上がり。

【*】ポール・ジロー スパークリング・ブドウ・ジュース2023

2,376 円
年に一度の入荷です!ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用する「ユニブラン」種のブドウを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに!