ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

スケルリ SKERLJ


同じカルソ土壌で圧倒的な存在感のヴォドピーヴェッツとは、また違った個性を表現する『スケルリ』。


硬質さの中に優しい柔らかさのある果実を感じるワインを作りますが、ワインづくりに対するストイックさと徹底した姿勢は驚くべきものがあります。

このカルソの土地の特徴は極めて薄い表土と、その下にある分厚い「石灰質の岩盤」・・・。

2018年にスケルリを訪問した時、ちょうど新しい畑を作っているところでした。

彼らはまず、

1)表土を重機で退かし

2)分厚い岩盤を「削岩機」で砕き。

3)ショベルカーで、砕いた岩をひっくり返して

4)表土を戻す。

そうすることによって、葡萄の樹の根が深くまで伸びやすくなるのだそうです。
畑づくりに恐ろしいほどの手間と、コストがかかっていることがご理解いただけると思います!

かつて、重機がない頃は、岩盤に穴をあけ、そこに樹を植えていたそうですので・・・。気が遠くなりそうですよね(汗)


そんなスケルリの2017ヴィンテージ。
酷暑による凝縮した果実は収穫前の長雨と低温の影響で気難しいヴィンテージとなったそうですが、入荷してしばしの熟成を経た事で繊細でいて奥行き、余韻のある素晴らしい状態にあるとの事!

そして、久しぶりの『ヴィトフスカ ”スックス”2017』のリリース!
かつてのやり方《醸造方法》、

古くから行われてきた白ブドウを果皮と共に醗酵!
”スックス”、収穫したヴィトフスカを除梗後そのまま樽へ・・・24カ月醗酵熟成!
その間1度もオリ引きや樽の移し替えもしません。
そして、そのままボトリングするという!!!
ブドウ果実が収穫時にとある一定水準より高く、しかも全てのブドウ実が健全でないと可能にしない、集中力のあるワインかと。

マグナムボトルのみのボトリングです。

今や、直ぐに完売してしまうまでになった人気の『スケルリ』。
今回の入荷量も少なめとなっております。
是非お早めにどうぞ!


─────

Skerljスケルリ イタリア フリウリ=ヴェネツィア ジューリア

「Carso カルソ」と呼ばれる、石灰岩に覆われた特殊すぎる土壌環境。
豊かなブドウを収穫することが非常に困難な土地ながら、誠実で真摯な仕事と熱量を持ち、この逆境を飛び越えるワイン造りを行うマテイ・スケルリ。

2016の完売よりしばらく間が空いてしまいましたが、ようやく2017をリリースさせていただきます!2017は猛暑の影響だけでなく、収穫前の長雨と低温に見舞われた気難しいヴィンテージ。

表土のないカルソでは、ブドウの糖度を稼ぐ事さえ難しいヴィンテージ。

入港当初は線が細く硬い石のような、、気難しさを感じていましたが、そこから1年半ほど経過!

ヴィンテージ特有の硬質さがほぐれ、気品ある香りと染み出すような旨みと味わい深さ、酸の柔らかさを感じる状態になりました。

寒い年のように、香りや果実味が抑えられて感じるものの、酸に引き付けられた奥行きと余韻、そして熟成によって一体感を纏ったヴィトフスカ。

マルヴァジーアはすでにもう素晴らしい!文句のつけようがありません!
2017は、ヴィトフスカよりも一足先に飲み頃を迎えている印象です。

ヴォリューム感と繊細さのバランスが絶妙な、素晴らしい味わいです!

そして今回、久しぶりのリリース!収穫からボトル詰めまで約2年、
果皮・種子と一緒に過ごすという驚きのヴィトフスカ「sukkusスックス」2017!相変わらずマグナムのみのリリース、、汗。

しかし中身は衝撃的!!通常のヴィトフスカにはない線の太さ、全体的な丸み、一体感には驚きです!
突飛な発想から生まれたワインながら、その味わいは全く持って完璧!
マテイの進化を感じていただける素晴らしい味わいでした!!


輸入元「エヴィーノ」新津さんのコメントより

─────




4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

《1500ml》マルヴァージア[2019] スケルリ

12,375 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

テッラーノ[2017] スケルリ

4,356 円
[イタリア/フリウリ/赤]

※参考画像となります

マルヴァージア[2019] スケルリ

5,247 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

ヴィトフスカ[2019] スケルリ

5,247 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。