ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ニコリーニ Nicolini

国境の近くでひっそりと造られる強烈なミネラル感を是非!



すべてのワインをあわせても、生産量が僅かに3,000本という、非常に小さなワイン生産者「ニコリーニ」。


そのニコリーニが造るワインを少量づつですが、輸入元ヴィナイオータさんより分けて頂くことが出来ました。




2003年ヴィンテージは、『マルヴァジア・イストリアーナ』のみの入荷でしたが、2004年は当店に4アイテム入荷しております。


この「ニコリーニ」、イタリアでも、地元フリウリでさえも全く知られていない無名の生産者。

イタリア、スロヴェニアの国境にある『カルソ』という石灰質の石が取れることでも有名な町でワイン造りを行っています。




このワインをヴィナイオータの太田さんに紹介してくれたのは、イタリアでワイン商をしており、ロマーノ・レヴィの世話を父親の代からしているオッタービオ氏。




流通ルートも全く無く、地元でさえも知られていないこのニコリーニのワインをただ『素晴らしい品質のワイン』という理由だけで、イタリアのリストランテやトラットリアなどに紹介。
太田さんも、オッタービオ氏に紹介してもらい、日本へ到着いたしました。


------------------------------------------------------




そして今回、イタリアとフリウリの国境近くに畑、そしてカンティーナを構える造り手「ニコリーニ」より非常に興味深いワインが入荷しております!



ひとつは「ヴィトフスカ」!

はい、ヴィトフスカと言えば、同じフリウリ、カルソ地区のヴォドピヴェッチをすぐに思い浮かべるかと思います。



そうなんです、ニコリーニもホンの数軒数えるほどしかいないと言われるヴィトフスカを栽培し、単独で瓶詰めする造り手の一人なんです!


他に有名な造り手といえば「エディ・カンテ」くらいしか思い浮かばないですよね~。


ニコリーニのヴィトフスカは、余りに例が少ないためヴィトフスカらしさというようなものは解りませんが(苦笑)、本当にニコリーニらしさはしっかりと出ております。


柔らかく、ふんわりした質感ながらも、味わいの芯は一本通っています。旨みもしっかり、本当に美味しいんですよね。



そしてもう一つが「アンブロシア」!



これはニコリーニの看板ワインともいえる『マルヴァジア・イストリアーナ』
を「大樽熟成」させたもの!!


開けた瞬間に、期待を抱かせるテンションの高い香り!


口に含んでも、いつものニコリーニよりもはっきりとした輪郭をもつ
本当に高いポテンシャルの素晴らしいワインでした。


そして、そんなに「凄さ」がありながらも驚くべき飲み心地も持つ
ニコリーニのワインは本当に凄いですよね~。



彼が造るワインを飲むと、実際にワインを造っている醸造家の人たちが口をそろえて言うのが「もの凄く瓶詰めのタイミングが上手い」と言います。


ラベルはダサいですが、ワイン造りのセンスは卓越した物があるようです。



ちなみにニコリーニ、実はイタリアはヴェネト州、パドヴァにある三ツ星のリストランテ「レ・カランドレ」にもオンリストされるほどの実力派!


「レ・カランドレ」を流石というべきか、こんな小さなワイナリーのワインがなんで日本に入ってきているのかが不思議と思うべきか・・・。




ムッジアはカルソ地区の最南端に位置する。ニコリーニ家によって営まれるワイナリーではこの地域の伝統的品種である、マルヴァジア・イストリアーナ、モスカート、レフォスコ、ピッコラ・ネーグラなどを栽培している。


年生産約3000本。彼らの造る白ワインはそのアロマティックな香りから、一見シンプルなワインに思えるが、アフターをカルソという土地由来の硬質なミネラルが支える、複雑な味わいのワインとなっている。


輸入元資料より抜粋


10件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

レフォスコ[2014] ニコリーニ

3,960 円
[イタリア/フリウリ/赤]

マルヴァジーア・イン・ローヴェレ[2017] ニコリーニ

4,158 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

マルヴァジーア[2016] ニコリーニ

4,059 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

エウジェーニオ[2018] ニコリーニ

3,927 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

ヴィトフスカ[2019] ニコリーニ

4,554 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

マルヴァジーア・イン・ローヴェレ[2016] ニコリーニ

4,257 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

エウジェーニオ[2017] ニコリーニ

3,960 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

アンブロージア[2018] ニコリーニ

3,960 円
[イタリア/フリウリ/白]

ニコリーニがスロヴェニア側に所有する区画のブドウで造る白ワイン

※参考画像となります

ピッコラ・ネーラ[2016] ニコリーニ

4,026 円
[イタリア/フリウリ・赤]

※参考画像となります

レフォスコ[2006] ニコリーニ

4,455 円
[イタリア/フリウリ/赤]
まるで、上質なクレーム・ド・カシスの様な上質な香り、山葡萄の様な野生的な一面も持ちつつも、基本的には上品にまとまり、アクセントとなる酸も心地よい。今までに体験したことの無い『レフォスコ』。かなり素敵です!
10件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!