ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

チェンティン[2019] カーゼ・コリーニ

ロレンツォの父親ヴィンチェンツォの名(あだ名?)を冠した、ネッビオーロ主体のワイン。単一品種でワインを仕込むことをあまり好まないロレンツォ博士が色やタンニンを付与するためにも少量のバルベーラをブレンドしたこだわりのワイン。

リーパ・ディ・ソープラヴェント(2022) ヴィットーリオ・グラツィアーノ

とてもクリーンで柔らかな味わいを感じるヴィンテージ。完熟を感じる素晴らしい果実香と、エレガントさ。 飲み心地の良さは素晴らしいの一言!

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

《500ml》パッシート・モンテ・ソーリオ[2016] ラ・ビアンカーラ

陰干したブドウで作られる甘口。ビアンカーラのパッシート。今回の2016年は間違いなく殿堂入りするヴィンテージとなりそうです。甘いワインとしては異常なまでの飲み心地の軽さを備えています。

ニコリーニ Nicolini

国境の近くでひっそりと造られる強烈なミネラル感を是非!



すべてのワインをあわせても、生産量が僅かに3,000本という、非常に小さなワイン生産者「ニコリーニ」。


そのニコリーニが造るワインを少量づつですが、輸入元ヴィナイオータさんより分けて頂くことが出来ました。




2003年ヴィンテージは、『マルヴァジア・イストリアーナ』のみの入荷でしたが、2004年は当店に4アイテム入荷しております。


この「ニコリーニ」、イタリアでも、地元フリウリでさえも全く知られていない無名の生産者。

イタリア、スロヴェニアの国境にある『カルソ』という石灰質の石が取れることでも有名な町でワイン造りを行っています。




このワインをヴィナイオータの太田さんに紹介してくれたのは、イタリアでワイン商をしており、ロマーノ・レヴィの世話を父親の代からしているオッタービオ氏。




流通ルートも全く無く、地元でさえも知られていないこのニコリーニのワインをただ『素晴らしい品質のワイン』という理由だけで、イタリアのリストランテやトラットリアなどに紹介。
太田さんも、オッタービオ氏に紹介してもらい、日本へ到着いたしました。


------------------------------------------------------




そして今回、イタリアとフリウリの国境近くに畑、そしてカンティーナを構える造り手「ニコリーニ」より非常に興味深いワインが入荷しております!



ひとつは「ヴィトフスカ」!

はい、ヴィトフスカと言えば、同じフリウリ、カルソ地区のヴォドピヴェッチをすぐに思い浮かべるかと思います。



そうなんです、ニコリーニもホンの数軒数えるほどしかいないと言われるヴィトフスカを栽培し、単独で瓶詰めする造り手の一人なんです!


他に有名な造り手といえば「エディ・カンテ」くらいしか思い浮かばないですよね~。


ニコリーニのヴィトフスカは、余りに例が少ないためヴィトフスカらしさというようなものは解りませんが(苦笑)、本当にニコリーニらしさはしっかりと出ております。


柔らかく、ふんわりした質感ながらも、味わいの芯は一本通っています。旨みもしっかり、本当に美味しいんですよね。



そしてもう一つが「アンブロシア」!



これはニコリーニの看板ワインともいえる『マルヴァジア・イストリアーナ』
を「大樽熟成」させたもの!!


開けた瞬間に、期待を抱かせるテンションの高い香り!


口に含んでも、いつものニコリーニよりもはっきりとした輪郭をもつ
本当に高いポテンシャルの素晴らしいワインでした。


そして、そんなに「凄さ」がありながらも驚くべき飲み心地も持つ
ニコリーニのワインは本当に凄いですよね~。



彼が造るワインを飲むと、実際にワインを造っている醸造家の人たちが口をそろえて言うのが「もの凄く瓶詰めのタイミングが上手い」と言います。


ラベルはダサいですが、ワイン造りのセンスは卓越した物があるようです。



ちなみにニコリーニ、実はイタリアはヴェネト州、パドヴァにある三ツ星のリストランテ「レ・カランドレ」にもオンリストされるほどの実力派!


「レ・カランドレ」を流石というべきか、こんな小さなワイナリーのワインがなんで日本に入ってきているのかが不思議と思うべきか・・・。




ムッジアはカルソ地区の最南端に位置する。ニコリーニ家によって営まれるワイナリーではこの地域の伝統的品種である、マルヴァジア・イストリアーナ、モスカート、レフォスコ、ピッコラ・ネーグラなどを栽培している。


年生産約3000本。彼らの造る白ワインはそのアロマティックな香りから、一見シンプルなワインに思えるが、アフターをカルソという土地由来の硬質なミネラルが支える、複雑な味わいのワインとなっている。


輸入元資料より抜粋


4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

マルヴァジーア[2018] ニコリーニ

4,554 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

ヴィトフスカ[2019] ニコリーニ

4,554 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

マルヴァジーア・イン・ローヴェレ[2016] ニコリーニ

4,554 円
[イタリア/フリウリ/白]

※参考画像となります

レフォスコ[2006] ニコリーニ

4,455 円
[イタリア/フリウリ/赤]
まるで、上質なクレーム・ド・カシスの様な上質な香り、山葡萄の様な野生的な一面も持ちつつも、基本的には上品にまとまり、アクセントとなる酸も心地よい。今までに体験したことの無い『レフォスコ』。かなり素敵です!
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
フレッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワイン。お手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カリニャン[2023]  クォーサーワインズ

2,475 円
マウレ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカリニャンを手摘みで収穫。ブルーベリーやマルベリーのアロマ。豊かな果実味が特徴の瑞々しいワイン。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

3,100 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。