ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

-->

カゴの中を見る

2019年4月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

レ・ペルゴーレ・トルテ[2015] モンテヴェルティーネ

イタリアワイン界の超大御所!「モンテヴェルティーネ」 大成功を収めた2015年ヴィンテージです。

ゲヴュルツトラミネール・ビルドストゥックレ[2017] ジェラール・シュレール

風格漂う「ビルドストゥックレ」柔らかく、ふくらみもあり、強烈なミネラルと、酸の余韻が心地よい・・・。強さがあるのに、驚くほどの飲み心地もあります。

イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

ストッパらしい凝縮感があり素晴らしい味わい!カベルネで造られたストッパにも非常に似ていますが、より塊感があり、黒糖のような香ばしい雰囲気があります。

ニコリーニ Nicolini

国境の近くでひっそりと造られる強烈なミネラル感を是非!



すべてのワインをあわせても、生産量が僅かに3,000本という、非常に小さなワイン生産者「ニコリーニ」。


そのニコリーニが造るワインを少量づつですが、輸入元ヴィナイオータさんより分けて頂くことが出来ました。




2003年ヴィンテージは、『マルヴァジア・イストリアーナ』のみの入荷でしたが、2004年は当店に4アイテム入荷しております。


この「ニコリーニ」、イタリアでも、地元フリウリでさえも全く知られていない無名の生産者。

イタリア、スロヴェニアの国境にある『カルソ』という石灰質の石が取れることでも有名な町でワイン造りを行っています。




このワインをヴィナイオータの太田さんに紹介してくれたのは、イタリアでワイン商をしており、ロマーノ・レヴィの世話を父親の代からしているオッタービオ氏。




流通ルートも全く無く、地元でさえも知られていないこのニコリーニのワインをただ『素晴らしい品質のワイン』という理由だけで、イタリアのリストランテやトラットリアなどに紹介。
太田さんも、オッタービオ氏に紹介してもらい、日本へ到着いたしました。


------------------------------------------------------




そして今回、イタリアとフリウリの国境近くに畑、そしてカンティーナを構える造り手「ニコリーニ」より非常に興味深いワインが入荷しております!



ひとつは「ヴィトフスカ」!

はい、ヴィトフスカと言えば、同じフリウリ、カルソ地区のヴォドピヴェッチをすぐに思い浮かべるかと思います。



そうなんです、ニコリーニもホンの数軒数えるほどしかいないと言われるヴィトフスカを栽培し、単独で瓶詰めする造り手の一人なんです!


他に有名な造り手といえば「エディ・カンテ」くらいしか思い浮かばないですよね~。


ニコリーニのヴィトフスカは、余りに例が少ないためヴィトフスカらしさというようなものは解りませんが(苦笑)、本当にニコリーニらしさはしっかりと出ております。


柔らかく、ふんわりした質感ながらも、味わいの芯は一本通っています。旨みもしっかり、本当に美味しいんですよね。



そしてもう一つが「アンブロシア」!



これはニコリーニの看板ワインともいえる『マルヴァジア・イストリアーナ』
を「大樽熟成」させたもの!!


開けた瞬間に、期待を抱かせるテンションの高い香り!


口に含んでも、いつものニコリーニよりもはっきりとした輪郭をもつ
本当に高いポテンシャルの素晴らしいワインでした。


そして、そんなに「凄さ」がありながらも驚くべき飲み心地も持つ
ニコリーニのワインは本当に凄いですよね~。



彼が造るワインを飲むと、実際にワインを造っている醸造家の人たちが口をそろえて言うのが「もの凄く瓶詰めのタイミングが上手い」と言います。


ラベルはダサいですが、ワイン造りのセンスは卓越した物があるようです。



ちなみにニコリーニ、実はイタリアはヴェネト州、パドヴァにある三ツ星のリストランテ「レ・カランドレ」にもオンリストされるほどの実力派!


「レ・カランドレ」を流石というべきか、こんな小さなワイナリーのワインがなんで日本に入ってきているのかが不思議と思うべきか・・・。




ムッジアはカルソ地区の最南端に位置する。ニコリーニ家によって営まれるワイナリーではこの地域の伝統的品種である、マルヴァジア・イストリアーナ、モスカート、レフォスコ、ピッコラ・ネーグラなどを栽培している。


年生産約3000本。彼らの造る白ワインはそのアロマティックな香りから、一見シンプルなワインに思えるが、アフターをカルソという土地由来の硬質なミネラルが支える、複雑な味わいのワインとなっている。


輸入元資料より抜粋


9件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

レフォスコ[2005] ニコリーニ

4,860 円
[イタリア/フリウリ・赤]

※参考画像となります

ピッコラ・ネーラ[2016] ニコリーニ

3,952 円
[イタリア/フリウリ・赤]

※参考画像となります

ボルゴーニャ[2009] ニコリーニ

4,136 円
[イタリア/フリウリ・赤]

※参考画像となります

ヴィトフスカ[2016] ニコリーニ

3,952 円
[イタリア/フリウリ・白]

※参考画像となります

エウジェーニオ[2016] ニコリーニ

3,769 円
[イタリア/フリウリ・白]

※参考画像となります

ロッソ・ニコリーニ[2014] ニコリーニ

3,402 円
[イタリア/フリウリ・赤]

マルヴァジーア[2013] ニコリーニ

3,888 円
[イタリア/フリウリ・白]

レフォスコ[2013] ニコリーニ

3,672 円
[イタリア/フリウリ・赤]
まるで、上質なクレーム・ド・カシスの様な上質な香り、山葡萄の様な野生的な一面も持ちつつも、基本的には上品にまとまり、アクセントとなる酸も心地よい。今までに体験したことの無い『レフォスコ』。かなり素敵です!

レフォスコ[2006] ニコリーニ

通常価格: 4,860 円
4,136 円
[イタリア/フリウリ・赤]
まるで、上質なクレーム・ド・カシスの様な上質な香り、山葡萄の様な野生的な一面も持ちつつも、基本的には上品にまとまり、アクセントとなる酸も心地よい。今までに体験したことの無い『レフォスコ』。かなり素敵です!
9件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

干しりんご・蜜入りこうとく(40g) もりやま園

864 円
干した蜜入りこうとくをパックしました。1袋にりんご約2個分が入っています。
砂糖・塩・植物油等の添加剤等は一切使用しておりません。材料はりんごのみ。ワインともご一緒に♪

《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

13,770 円
卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

今なら通常価格より15%OFF!!

ピアン・デル・チャンポロ[2015] モンテヴェルティーネ

2,808 円
イタリアワイン界の超大御所「モンテヴェルティーネ」のベーシックワイン、ピアン・デル・チャンポロ。比較的樹齢の若い木から収穫された葡萄で造られ、若いうちから楽しめるワインです。

《333ml》リモナータ・マードレ(レモネードの原液) サバディ

1,458 円
炭酸で割るだけで、すっごくおいしいレモネードに!!

凍らせてシャーベット状にするのもおすすめです。

《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

831 円
本物のイタリア産トマト缶。
スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

ウェイティング・フォー・トム・ブラン [2017] レナーシスタ

4,536 円
大注目のオーストリア若手ワイン生産者。ハーブ、レモン、白桃、エルダーフラワー、ホワイトアーモンドなど優しいフルーツの香り。味わいも白桃ハーブ葡萄のようで、生き生きとした酸があり、バランスのとれた味わいです。

リースリング・ル・ヴェール・エ・ダン・ル・フリュイ[2017] ジェラール・シュレール

5,832 円
特級畑フェルシベルグのリースリングを用いて造られるキュヴェ。官能検査で通らなかったものをフリュイとしてリリース。「虫が食べてしまうほど美味しい」といったような意味を込められています。

《1800ml》日置桜 夜桜ラベル 28BY

2,376 円
もったいない精神から無駄なく米を使い切るために造られた夜桜ラベル。麹は山田錦。掛け米も強力・玉栄を使用、普通酒とは思えない味わいです。熱燗もおすすめ!

VDF ブーレ[2017] オジル

3,402 円
飲みやすさ満点!オジルの最新ヴィンテージが届きました。
プラム、野生のベリーを彷彿させる香りや、柔らかく優しく造られたこのグルナッシュはどこかピノ・ノワールや、優しくつくられた北のワインを思い起こさせるエレガントな奥深さを備えた味わいです。