ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年11月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お買い物の前に

ランキング

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

2006年は素晴らしい天候に恵まれた年という事で、果実感が強く、スケール感UP!凝縮感があり黒糖のような香ばしい香り。最終ヴィンテージですのでぜひ!

フリウラーノ・サン・ドリゴ[2018] デニス・モンタナール

フリウリ的な味わいながら、ラディコンやダリオなどとは全く異なる味わい、個性的だがやさし~い!信じられないポテンシャルを持っています。

プラルアール[2016] イル・チェンソ

カタラットを2週間以上皮ごと醸した、しっかりとした深みと真の強さを持った白ワイン。『黄金色』の意味を持つ方言から名付けられたプラルアール。しっかり白好きにおすすめ。

オルフェオ[2017] ルイージ・テッチェ

タウラージの造り手『ルイージ テッチェ』2017年の酷暑でリリースの難しかった全てのワインをブレンドしたのがオルフェオ。凝縮した果実味がありつつ爽やか。ちょっとシュワシュワしてます。

エクストラ・ブリュット[NV] ゴッセ

シャンパーニュで最も古い歴史を持つメゾン。葡萄本来が持つ自然な酸とピュアな味わい。きめ細やかな酸味とミネラル感のバランスが独自の旨味を引き出します。

ホーム > 産地で探す > イタリア > フリウリ/ヴェネツィア・ジューリア > ヴォドピーヴェッチ Vodopivec

ヴォドピーヴェッチ Vodopivec

天才ヴォドピーヴェッチの2種類の『ヴィトフスカ』!

「アンフォラ」&「クラシカ」が待望の入荷です!!

 
以前、ヴィナイオータの太田さんが輸入している造り手の話をしていた時のことです。
どういう話の流れだったか、前後の話は忘れてしまいましたが、こう断言されていました。
『ヴォドピーヴェッチはうちの造り手の中でも本当の天才だと思う』

太田さん曰く、マッサヴェッキアやラ・ビアンカーラ、そして「ヨスコ・グラヴナー」でさえも、いろいろ迷いながら試行錯誤をしながら少しづつ前に進んでいきました。

それに対して、ヴォドピーヴェッチは最初のヴィンテージ。
1997年にワインを造り始めたときから、本当に最初から自分のワインの目指すスタイルを見据えてワインを造っていたのだそうです。


太田さんがワインの造り手に対して『天才』と呼ぶのは僕が知る限り、たったの三人。一人はアルザスの某造り手、トスカーナの偉大なブルネッロの造り手。もう一人がこの『パオロ・ヴォドピーヴェッチ』です。


そのパオロは、2005年、新たな試みの結果を見せてくれました。

それはワインにおける発酵容器の影響の大きさの差。
そしてパオロが目指すワインのスタイルと個性をはっきりと見せつけてくれました。


以前、ヴォドピーヴェッチのカンティーナにて試飲させて頂いたときには僕には明確に差がこの二つのワインの差はわかりませんでしたが、日本に届いたこのワインを飲んで鳥肌が立つ程の衝撃を受けてしまいました。


2種類のヴィトフスカ、『クラシカ』そして『アンフォラ』。

ひとつはこれまでと同様に、大樽で発酵させ、熟成されたヴィトフスカ『クラシカ』。そして発酵を地中に埋めた素焼きのテラコッタ製の壷「アンフォラ」で行い、熟成を大樽で行った『アンフォラ』の2種類。

『クラシカ』はすでに味わいが開いており、エキス、そして密度の高さを感じさせてくれるワイン。
金冠のシロップ漬けを思わせるような果実味と、強烈なミネラル感を持つスケールの大きなワイン!
今後、数年をかけてさらにスケール感を増していってくれると思います。
最初からこれほど美味しく、味わいが複雑で開いているヴィトフスカは2002年以来でしょうか・・・。

そして『アンフォラ』。
こちらはよりスリムで骨格の強さは感じさせてくれますが、よりエレガントなスタイルと言ったら語弊があるでしょうか。
なめらかな質感は味わいの肌理のこまかさは比べるとこのアンフォラの方が上に感じます。

これは大樽での発酵に比べ、地中に埋まるアンフォラでの発酵は、発酵に伴って起きるワインの温度の上昇が緩やにそして穏やかに進むためだそうです。
発酵が完了後、『アンフォラ』のワインはアンフォラから大樽に移され熟成を行い、瓶詰めされます。


この二つのワイン、どちらが上とかどちらが凄いとかは本当にありません。ただ『違う』ということを感じて頂けると嬉しいです。

多くの素晴らしい造り手たちが、舌を巻くほどの吸収力と志を持つ、ヴォドピーヴェッチ。
今後、10年、20年で彼の造ったワインは必ず、今までに生まれた偉大なワイン達と同様、何かしらの語り草となると思います。


そんな真に偉大なワインをリアルタイムで体験できるって本当に凄いことだと思いませんか?


カルソ地区のズゴーニコ地区にあるワイナリーはヴォドピーヴェッチ兄弟によって1997年よりワイン生産を開始。現在4.5ヘクタールの畑でカルソ土着のブドウであるヴィトフスカのみを栽培。
自然や生態系に対して最大限の敬意を払うべく、畑では一切の科学的な薬剤を使用しない。
ヘクタールあたり10,000本という高密植の畑から、低収量だが凝縮度の高いブドウを生産。白ブドウながら、7日間にわたる、温度管理などを一切行わないマセレーションを行った後、皮と種を除き大樽へと移されそこで2年間熟成させる。
その後ボトリングされたワインはさらに1年ほど寝かされ、出荷へと至る。
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィトフスカ[2012] ヴォドピーヴェッツ

7,843 円
[イタリア/フリウリ/白]
アンフォラでの醗酵と熟成、その後大樽熟成
※画像は参考画像です

ヴィトフスカ・ソーロ[2014] ヴォドピーヴェッツ

9,207 円
[イタリア/フリウリ/白]

シングルヴィンヤードのワインということで、"単独の"を意味するソーロという名前が付いたワイ ン。

アンフォラでの醗酵と熟成、その後大樽熟成

※参考画像となります

ヴィトフスカ[2014] ヴォドピーヴェッツ

7,425 円
[イタリア/フリウリ/白]

※画像は参考画像です

アンフォラでの醗酵と熟成、その後大樽熟成
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

2,376 円
イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

2,332 円
瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
今回のロットは少し泡が強めです。

ティン・トレッビアーノ[2018] モンテセコンド

3,861 円
細く鋭い味わいのモンテセコンド。トレヴィアーノはアンフォラで半年間皮ごと醗酵&熟成を行ったワイン。

アルネイズ・デザヤ[2017] カッシーナ・フォルナーチェ

2,871 円
2017年はDOCGに落ちてしまいましたが、猛暑に見舞われたために猛烈な凝縮が起きたヴィンテージ。いつも以上に強い 果実味と香り、 アロマの高さ、柔らかみを持った味わいは、むしろ魅力的に感じられます。

オー・コーデレイエ[2017] ポール・バール

3,168 円
口当たりは柔らか、きめ細やかなタンニン分を感じます。堅実で安定感のあるボルドーのスタイルですが、余韻が繊細でひっかかりのない飲み心地を楽しめます。

《330ml》シードル・ロゼ サッシー

682 円
ノルマンディー産・ロゼ・シードル。スイート系と酸味の強い品種を中心に、18種類のリンゴをブレンド。甘酸っぱい酸味の後に広がる果実味が心地よく、洗練されたエレガントな味わいが舌に残ります。アルコールも3%と低く食前酒のほか、シャーベットやペストリーなどのデザートのお供にぴったりです!

ジュー・ド・マン[2017] ドメーヌ・レスカルポレット

4,455 円
じんわりと広がる滋味深い旨味と繊細で優しい果実味、綺麗さのある酸とミネラルがバランスよく感じられるエレガントな味わい。スタンダードキュヴェからワンランク上がった味わいです。大き目のグラスでお楽しみください!

ガズゥイ(2019) シルヴァン・マルティネズ

3,960 円
レモンの柑橘系の甘酸っぱさや、熟した果実やはちみつのような旨み。シュワシュワのくつあたりでゴクゴクいけちゃいます!

《180ml》日置桜 福ねこラベル純米酒 ワンカップ 29BY

605 円
頑張っている自分自身へのご褒美に、大切な方へのちょっとしたプレゼントに。気軽に飲めて、ねこラベルがかわいい女性も愛着をもてるワンカップ。売り上げの一部は保護猫団体「猫じゃらし」に寄付されます。

クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

2,673 円
ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。