ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

シャンパーニュ・フォッス・グリュリー・オートルモン[NV(2012)] リュペール・ルロワ

あのプレヴォーやヴェット・エ・ソルヴェにも比肩するシャンパーニュ!

ホーム > 産地で探す > イタリア > フリウリ/ヴェネツィア・ジューリア > ヴォドピーヴェッチ Vodopivec

ヴォドピーヴェッチ Vodopivec

天才ヴォドピーヴェッチの2種類の『ヴィトフスカ』!

「アンフォラ」&「クラシカ」が待望の入荷です!!

 
以前、ヴィナイオータの太田さんが輸入している造り手の話をしていた時のことです。
どういう話の流れだったか、前後の話は忘れてしまいましたが、こう断言されていました。
『ヴォドピーヴェッチはうちの造り手の中でも本当の天才だと思う』

太田さん曰く、マッサヴェッキアやラ・ビアンカーラ、そして「ヨスコ・グラヴナー」でさえも、いろいろ迷いながら試行錯誤をしながら少しづつ前に進んでいきました。

それに対して、ヴォドピーヴェッチは最初のヴィンテージ。
1997年にワインを造り始めたときから、本当に最初から自分のワインの目指すスタイルを見据えてワインを造っていたのだそうです。


太田さんがワインの造り手に対して『天才』と呼ぶのは僕が知る限り、たったの三人。一人はアルザスの某造り手、トスカーナの偉大なブルネッロの造り手。もう一人がこの『パオロ・ヴォドピーヴェッチ』です。


そのパオロは、2005年、新たな試みの結果を見せてくれました。

それはワインにおける発酵容器の影響の大きさの差。
そしてパオロが目指すワインのスタイルと個性をはっきりと見せつけてくれました。


以前、ヴォドピーヴェッチのカンティーナにて試飲させて頂いたときには僕には明確に差がこの二つのワインの差はわかりませんでしたが、日本に届いたこのワインを飲んで鳥肌が立つ程の衝撃を受けてしまいました。


2種類のヴィトフスカ、『クラシカ』そして『アンフォラ』。

ひとつはこれまでと同様に、大樽で発酵させ、熟成されたヴィトフスカ『クラシカ』。そして発酵を地中に埋めた素焼きのテラコッタ製の壷「アンフォラ」で行い、熟成を大樽で行った『アンフォラ』の2種類。

『クラシカ』はすでに味わいが開いており、エキス、そして密度の高さを感じさせてくれるワイン。
金冠のシロップ漬けを思わせるような果実味と、強烈なミネラル感を持つスケールの大きなワイン!
今後、数年をかけてさらにスケール感を増していってくれると思います。
最初からこれほど美味しく、味わいが複雑で開いているヴィトフスカは2002年以来でしょうか・・・。

そして『アンフォラ』。
こちらはよりスリムで骨格の強さは感じさせてくれますが、よりエレガントなスタイルと言ったら語弊があるでしょうか。
なめらかな質感は味わいの肌理のこまかさは比べるとこのアンフォラの方が上に感じます。

これは大樽での発酵に比べ、地中に埋まるアンフォラでの発酵は、発酵に伴って起きるワインの温度の上昇が緩やにそして穏やかに進むためだそうです。
発酵が完了後、『アンフォラ』のワインはアンフォラから大樽に移され熟成を行い、瓶詰めされます。


この二つのワイン、どちらが上とかどちらが凄いとかは本当にありません。ただ『違う』ということを感じて頂けると嬉しいです。

多くの素晴らしい造り手たちが、舌を巻くほどの吸収力と志を持つ、ヴォドピーヴェッチ。
今後、10年、20年で彼の造ったワインは必ず、今までに生まれた偉大なワイン達と同様、何かしらの語り草となると思います。


そんな真に偉大なワインをリアルタイムで体験できるって本当に凄いことだと思いませんか?


カルソ地区のズゴーニコ地区にあるワイナリーはヴォドピーヴェッチ兄弟によって1997年よりワイン生産を開始。現在4.5ヘクタールの畑でカルソ土着のブドウであるヴィトフスカのみを栽培。
自然や生態系に対して最大限の敬意を払うべく、畑では一切の科学的な薬剤を使用しない。
ヘクタールあたり10,000本という高密植の畑から、低収量だが凝縮度の高いブドウを生産。白ブドウながら、7日間にわたる、温度管理などを一切行わないマセレーションを行った後、皮と種を除き大樽へと移されそこで2年間熟成させる。
その後ボトリングされたワインはさらに1年ほど寝かされ、出荷へと至る。
7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィトフスカ・クラシカ[2006] ヴォドピーヴェッチ

9,828 円
これまでと同様に、大樽で発酵させ、熟成されたヴィトフスカ『クラシカ』。すでに味わいが開いており、エキス、そして密度の高さを感じさせてくれるワイン。

ヴィトフスカ[2004] ヴォドピーヴェッチ

9,828 円
[イタリア/フリウリ・白]

ヴィトフスカ・オリージネ[2012] ヴォドピーヴェッツ

6,890 円
[イタリア/フリウリ・白]
大樽で発酵、熟成された「オリジナル」バージョンのヴィトフスカ!
※画像は参考画像です

ヴィトフスカ[2012] ヴォドピーヴェッツ

6,890 円
[イタリア/フリウリ・白]
アンフォラでの醗酵と熟成、その後大樽熟成
※画像は参考画像です

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

7,441 円
[イタリア/フリウリ・白]
アンフォラで発酵と熟成、プレス後再びアンフォラに戻し熟成
※画像は参考画像です

ヴィトフスカ・ソーロ[2012] ヴォドピーヴェッツ

9,504 円
[イタリア/フリウリ・白]
シングルヴィンヤードのワインということで、"単独の"を意味するソーロという名前が付いたワイ ン。
※画像は参考画像です

ヴィトフスカ[2011] ヴォドピーヴェッツ

6,890 円
[イタリア/フリウリ・白]
アンフォラでの醗酵と熟成、その後大樽熟成
7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

パテ・ド・ポー(200g) アンヌ・ローズ

1,101 円
人気のアンヌ・ローズからパテが入荷しました!
そのままバゲットにのせるだけで絶品おつまみ!!

ビアンコ・ルーゴリ[2015] ダヴィデ・スピッラレ

2,484 円
ほど良い酸と優しい果実味のワイン。

気軽にスルスルと飲めてしまい、いつの間にかボトルも空になってしまうほどです。

《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

13,770 円
卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

今なら通常価格より15%OFF!!

ブリュット・トラディション[NV] ガストン・シケ

4,298 円
非常にきめが細かい泡立ちで、クリーミーでしっとりとした味わい。
味わいの芯がありながらも柔らかく、食前酒から食中酒としてもいける万能選手!

《333ml》アランチャータ・マードレ(オレンジソーダの原液) サバディ

1,382 円
炭酸で割るだけで、すっごくおいしいオレンジソーダに!!

凍らせてシャーベット状にするのもおすすめです。

《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

831 円
本物のイタリア産トマト缶。
スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

ルスティコーネ(14/16) レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

2,570 円
赤とは思えない素晴らしい飲み心地をもったワインです!
造り手のジャンマルコ曰く、食事と合わせるというより、昼と夜の間、おやつと一緒に飲めるワイン。とのことですが、簡単なおつまみと一緒にお試しあれ♪

シードル・ア・プロポ・デエール[2016] シードレリー・デュ・ヴュルカン

3,952 円
果実と酸味のバランスが素晴らしい!決して甘ったるくなく、スイスイと飲み進んでしまうシードルです。
暑い日には氷を入れてゴクゴクとどうぞ♪

《720ml》順子 純米酒ペティアン山田錦

1,944 円
プチプチとはじける心地よい泡にふんわりとお米のうまみが広がるやわらかい口当たり、やさしい甘みと酸味がさわやかな
すっきりペティアン。 

ミュラートゥルガウ・ローサルファー[2017] リンクリン

1,933 円
甘口なワインのイメージのあるドイツワイン。
でもこのワインは違いますよ!
親しみやすく、フレッシュでさわやかな果実味とミネラル。場所がらアルザスのピエール・フリックような自然なワインを目指しているリンクリン!