ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年11月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ラディコン Radikon

既にフリウリでも「グラヴナー」と並び最上の造り手として非常に高い評価を得ている『ラディコン』。

オーナーであり、醸造家でもあるスタニスラオ・ラディコンがまた新たな試みをした2002年ヴィンテージが入荷して参りました!


2000年には、ピノ・グリージョ40%、シャルドネ、ソーヴィニヨン30%ずつのブレンド「オスラヴィエ」の一部を、そして2001年からはリボッラ・ジャッラの生産量の半分を《SO2無添加》で瓶詰めをスタートさせたラディコンですが、2002年の今回リリースされた白ワインは基本的は《SO2無添加》でリリース。

リボッラ・ジャッラに関しては瓶詰めの際に少量のSO2を添加しておりますが、それもあまりに極少量・・・。

新しく定まったイタリアの基準で、一リットル当たり10ミリグラム以上検出されると、実際に添加していようが、添加していなかろうが《無添加》とは書けなくなったそうなのです。

しかし、ラディコンの2002年は、「オスラヴィエ」、トカイフリウラーノの「ヤーコット」、そして「リボッラ・ジャッラ」に関しても基準以下!
全て、無添加バージョンとしてリリースされる事になりました。


そしてラディコンの2002年は、本当に素晴らしく味わいが開いており、すでに物凄く美味しいです!

到着後、早速「リボッラ・ジャッラ」の2002年をあけたのですが、グラスに注いだとたんに非常に華やかなスパイシーな香りが爆発!

アプリコットや山査子、金柑の非常に複雑でエキゾチックな熟した香り。

口に含むと程よいボリューム感と、しっかりとした旨みが広がり、非常に長い余韻を少しのタンニンと美しい酸、しっかりとしたミネラル!、危うさの全く無い素晴らしいバランスに本当に感動してしまいました!


しかし・・・、ラディコンの2002年の3種類の白ワインも凄いですが今回、遂に1998年の注目の『メルロー』。

そして1999年の『オスラヴィエ・リゼルヴァ』には完全に脱帽です。


『メルロー』の1998年、完全に熟し、メルロー独特の「青さ」は全く無く、余分な甘い果実味は綺麗にそぎ落とされた凄まじいテンションのワイン!
とにかく強烈なミネラル感、そして土地の雰囲気を感じさせてくれる素晴らしいワイン。

非常にスケールの大きなワインにもかかわらず、飲み心地も軽く、メルローで造られたワインを飲んでいることを忘れてしまうほどです!

このワインは口に含んだ瞬間、その偉大さはすぐに感じていただけると思います。
本当に一握りのバローロや、ブルネッロ(ソルデーラ)等にも通じる凄まじいテンションを感じていただけると思います。


そして1999年の『オスラヴィエ・リゼルヴァ』。
目隠しで飲んだら、確実に「赤ワイン」と間違えてしまうくらい、強いタンニン分を持つ白ワイン。

スケールの大きさや、エキス分の強さは偉大な1999年ということもあり通常のオスラヴィエとは全く違うレベルに達していると思います。

このふたつのワインには、「ラディコン」の

「やろうと思えば、ここまで凄いワインも造れる」

というような心意気を感じ、改めてラディコンの生み出すワインの偉大さ素晴らしさに感動してしまいました。

今回リリースされた『メルロー』と『オスラヴィエ・リゼルヴァ』。ラディコン・ファンの方は絶対に見逃さないでくださいね!


                            

【スタニスラオ・ラディコン氏からのメッセージ】
私達のワイナリーの哲学は常に、大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることでした。

1995年以降、畑では化学肥料の使用をやめ、葡萄の樹への薬剤散布も必要最低限に減らし、消費者の健康に有害でないと保証のできる製品のみを使用しています。
数年後には正真正銘の無農薬有機ブドウを生産することができるようになるでしょう。

ここ数年で私達の醸造方法は、劇的に、ともすると多くの消費者に受け入れられにくい方向へと変化してきました。だからこそ、ボトルを開けたときにどんなタイプのワインを皆さんが目にすることになるのか、概略だけでも説明しておきたいのです。
適切な時期にブドウを間引くことで、ブドウの収量を1ヘクタールあたり5トン以下にします。完熟したブドウはワイナリーへと運ばれ、除梗し木製の発酵槽へと移され、日に4回の攪拌をしながらマセレーション(醸し)を行います。つまり白ワインにも赤ワインを作る時と同様の醸造方法を採用していることを意味し、白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。

この醸造方法では白ワインがとても濃い色を呈するのはいたって普通のことであり、決して酸化しているわけではありません。ワインが少し濁っている場合があるかもしれませんが、これはブドウ畑と同様の哲学をワイナリーでも実践しているからで、いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないためです。








コルク栓の逆転的発想
多くの生産者はコルク不足の問題を抱えているが、フリウリの生産者ラディコン
とカンテは、コルクの大きさにボトルを合わせるという逆転の発想に至った。


直径26ミリのコルク径を21.5ミリにすることで、少ない原料から少しでも多くのコルクを生産しようというのが狙い。新サイズのコルク用ボトルの口径は15ミリ
と設定。サイズは1リットルと500mlの2タイプとした。

カンテは「良質のコルクを求め、3年ほど世界を回ったが、自然の産物であるコルクに私たちがボトルを合わせる方がよいと考えた」と語り、ラディコンは「私たちはこの新しいボトルに関して特許を申請していません。世界のワイン醸造はオープンでありたいし、ワインの品質を向上させたいと思ったから」と述べた。
 (ワイナートより抜粋)
ラディコンネック

7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

《1000ml》メルロー[2008] ラディコン

14,850 円
[イタリア/フリウリ/赤]

《1000ml》ピニョーリ[2010] ラディコン

12,276 円
[イタリア/フリウリ/赤]

IGTのため、ブドウ品種をラベルに表記することができず、Pignoloの複数形でPignoliという名前

RS(エッレ・エッセ)[2020] ラディコン

5,170 円
[イタリア/フリウリ/赤]

スタンコの息子サシャのアイデアで生まれた、ラディコンのセカンドライン

《1000ml》メルロー[2006] ラディコン

13,860 円
[イタリア/フリウリ/赤]

《1000ml》ピニョーリ[2009] ラディコン

11,880 円
[イタリア/フリウリ/赤]

IGTのため、ブドウ品種をラベルに表記することができず、Pignoloの複数形でPignoliという名前

《1000ml》メルロー[2003] ラディコン

19,800 円
[イタリア/フリウリ/赤ワイン]

6年もの樽熟成をへてリリースされるフリウリを代表する偉大な赤ワインが、このメルローです。

《1000ml》メルロー[2001] ラディコン

19,800 円
[イタリア/フリウリ/赤ワイン]

6年もの樽熟成をへてリリースされるフリウリを代表する偉大な赤ワインが、このメルローです。
7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《クリアランスセール》【15%OFF】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

通常価格: 874 円
743 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。