ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年3月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

レブーラ[2020] アンジェ・イヴァンチッチ

果皮が厚く、地域的に最も可能性を持ったブドウと考えているリボッラ ジャッラ。非常に繊細で複雑、ヴォリュームやアロマよりも奥行きや骨格を感じるワイン。貴腐化したブドウが大半を占めたヴィンテージだけに、圧巻のポテンシャルを感じます。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

ルージュ・ゴルジュ[2022] ムーラン・ド・ラモー

オーヴェルニュのガメイをノンフィルター、SO2無添加で仕上げました。フレッシュで華やかな香りのあるフルーティーなワインですが、非常に奥行きがあり舌に染み入るような旨味が特徴です。

ブラン・ド・ブラン ドザッジョゼロ[2019] アレッサンドラ・ディヴェッラ(ディヴェッラ・グッサーゴ)

シャルドネ100%で造られる、ディヴェッラのベースとなるスプマンテ。シャルドネらしい繊細さ、柔らかさはもちろん、複雑に重ねられた熟成香には驚愕です、、、。

ラディコン Radikon

既にフリウリでも「グラヴナー」と並び最上の造り手として非常に高い評価を得ている『ラディコン』。

オーナーであり、醸造家でもあるスタニスラオ・ラディコンがまた新たな試みをした2002年ヴィンテージが入荷して参りました!


2000年には、ピノ・グリージョ40%、シャルドネ、ソーヴィニヨン30%ずつのブレンド「オスラヴィエ」の一部を、そして2001年からはリボッラ・ジャッラの生産量の半分を《SO2無添加》で瓶詰めをスタートさせたラディコンですが、2002年の今回リリースされた白ワインは基本的は《SO2無添加》でリリース。

リボッラ・ジャッラに関しては瓶詰めの際に少量のSO2を添加しておりますが、それもあまりに極少量・・・。

新しく定まったイタリアの基準で、一リットル当たり10ミリグラム以上検出されると、実際に添加していようが、添加していなかろうが《無添加》とは書けなくなったそうなのです。

しかし、ラディコンの2002年は、「オスラヴィエ」、トカイフリウラーノの「ヤーコット」、そして「リボッラ・ジャッラ」に関しても基準以下!
全て、無添加バージョンとしてリリースされる事になりました。


そしてラディコンの2002年は、本当に素晴らしく味わいが開いており、すでに物凄く美味しいです!

到着後、早速「リボッラ・ジャッラ」の2002年をあけたのですが、グラスに注いだとたんに非常に華やかなスパイシーな香りが爆発!

アプリコットや山査子、金柑の非常に複雑でエキゾチックな熟した香り。

口に含むと程よいボリューム感と、しっかりとした旨みが広がり、非常に長い余韻を少しのタンニンと美しい酸、しっかりとしたミネラル!、危うさの全く無い素晴らしいバランスに本当に感動してしまいました!


しかし・・・、ラディコンの2002年の3種類の白ワインも凄いですが今回、遂に1998年の注目の『メルロー』。

そして1999年の『オスラヴィエ・リゼルヴァ』には完全に脱帽です。


『メルロー』の1998年、完全に熟し、メルロー独特の「青さ」は全く無く、余分な甘い果実味は綺麗にそぎ落とされた凄まじいテンションのワイン!
とにかく強烈なミネラル感、そして土地の雰囲気を感じさせてくれる素晴らしいワイン。

非常にスケールの大きなワインにもかかわらず、飲み心地も軽く、メルローで造られたワインを飲んでいることを忘れてしまうほどです!

このワインは口に含んだ瞬間、その偉大さはすぐに感じていただけると思います。
本当に一握りのバローロや、ブルネッロ(ソルデーラ)等にも通じる凄まじいテンションを感じていただけると思います。


そして1999年の『オスラヴィエ・リゼルヴァ』。
目隠しで飲んだら、確実に「赤ワイン」と間違えてしまうくらい、強いタンニン分を持つ白ワイン。

スケールの大きさや、エキス分の強さは偉大な1999年ということもあり通常のオスラヴィエとは全く違うレベルに達していると思います。

このふたつのワインには、「ラディコン」の

「やろうと思えば、ここまで凄いワインも造れる」

というような心意気を感じ、改めてラディコンの生み出すワインの偉大さ素晴らしさに感動してしまいました。

今回リリースされた『メルロー』と『オスラヴィエ・リゼルヴァ』。ラディコン・ファンの方は絶対に見逃さないでくださいね!


                            

【スタニスラオ・ラディコン氏からのメッセージ】
私達のワイナリーの哲学は常に、大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることでした。

1995年以降、畑では化学肥料の使用をやめ、葡萄の樹への薬剤散布も必要最低限に減らし、消費者の健康に有害でないと保証のできる製品のみを使用しています。
数年後には正真正銘の無農薬有機ブドウを生産することができるようになるでしょう。

ここ数年で私達の醸造方法は、劇的に、ともすると多くの消費者に受け入れられにくい方向へと変化してきました。だからこそ、ボトルを開けたときにどんなタイプのワインを皆さんが目にすることになるのか、概略だけでも説明しておきたいのです。
適切な時期にブドウを間引くことで、ブドウの収量を1ヘクタールあたり5トン以下にします。完熟したブドウはワイナリーへと運ばれ、除梗し木製の発酵槽へと移され、日に4回の攪拌をしながらマセレーション(醸し)を行います。つまり白ワインにも赤ワインを作る時と同様の醸造方法を採用していることを意味し、白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。

この醸造方法では白ワインがとても濃い色を呈するのはいたって普通のことであり、決して酸化しているわけではありません。ワインが少し濁っている場合があるかもしれませんが、これはブドウ畑と同様の哲学をワイナリーでも実践しているからで、いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないためです。








コルク栓の逆転的発想
多くの生産者はコルク不足の問題を抱えているが、フリウリの生産者ラディコン
とカンテは、コルクの大きさにボトルを合わせるという逆転の発想に至った。


直径26ミリのコルク径を21.5ミリにすることで、少ない原料から少しでも多くのコルクを生産しようというのが狙い。新サイズのコルク用ボトルの口径は15ミリ
と設定。サイズは1リットルと500mlの2タイプとした。

カンテは「良質のコルクを求め、3年ほど世界を回ったが、自然の産物であるコルクに私たちがボトルを合わせる方がよいと考えた」と語り、ラディコンは「私たちはこの新しいボトルに関して特許を申請していません。世界のワイン醸造はオープンでありたいし、ワインの品質を向上させたいと思ったから」と述べた。
 (ワイナートより抜粋)
ラディコンネック

9件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

RS(エッレ・エッセ)[2018] ラディコン

5,500 円
[イタリア/フリウリ/赤]

スタンコの息子サシャのアイデアで生まれた、ラディコンのセカンドライン

《1500ml》シヴィ ピノ・グリージョ[2021] ラディコン

12,100 円
[イタリア/フリウリ/白]

スタンコの息子サシャのアイデアで生まれた、ラディコンのセカンドライン

《1500ml》スラトニック[2021] ラディコン

12,100 円
[イタリア/フリウリ/白]

スタンコの息子サシャのアイデアで生まれた、ラディコンのセカンドライン

《1000ml》ピニョーリ[2011] ラディコン

15,180 円
[イタリア/フリウリ/赤]

IGTのため、ブドウ品種をラベルに表記することができず、Pignoloの複数形でPignoliという名前

※参考画像となります

《1000ml》ヤーコット[2018] ラディコン

11,440 円
[イタリア/フリウリ/白]

ブドウ品種 : フリウラーノ

※参考画像となります

《1000ml》リボッラ・ジャッラ[2018] ラディコン

11,440 円
[イタリア/フリウリ/白]

この地の土着品種リボッラ・ジャッラ100%で造られるワイン。

※参考画像となります

《500ml》ピニョーリ[2011] ラディコン

7,590 円
[イタリア/フリウリ/赤]

IGTのため、ブドウ品種をラベルに表記することができず、Pignoloの複数形でPignoliという名前

RS(エッレ・エッセ)[2020] ラディコン

5,500 円
[イタリア/フリウリ/赤]

スタンコの息子サシャのアイデアで生まれた、ラディコンのセカンドライン

《1000ml》ピニョーリ[2009] ラディコン

11,880 円
[イタリア/フリウリ/赤]

IGTのため、ブドウ品種をラベルに表記することができず、Pignoloの複数形でPignoliという名前
9件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

アシディティ・ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ[2022] カンティーナ・マルゴ

3,762 円
年を追う毎に驚くべきスピードで進化するカンティーナ・マルゴ。マルゴのフリッザンテの『ACDT』から新しくロザートがリリース!ロックバンド、AC/DC風のラベルが楽しい、飲み心地抜群のフリッザンテです。

キャンティ・クラシコ[2020] オットマーニ

3,267 円
オットマーニ・キャンティ・クラシコの最新ヴィンテージが入荷しました!キャンティ・クラシコの典型的な「キャンティ・クラシコ」らしさをお楽しみいただけます。

【*】ラトビア クランベリーホール (100g) 

648 円
希少なノンオイルのクランベリー!風味、甘みと酸味のバランスが抜群!白カビのブリーとの相性は抜群!

ペットナット・ビガリュール(2020) ドメーヌ・ミューラー・ケベルレ

3,564 円
香りはオレンジピールや赤リンゴ、ピンクグレープフルーツと言った熟しつつも爽やかさのある柑橘系の香りが支配的。徐々に蜂蜜やミードに似た香りが湧き上がります。ガスが抜けて行くにつれて、旨味も感じられ、スルスルと飲み進めることが出来ます。

アナトリーノ[2022] カルロ・タンガネッリ

3,762 円
アヒルのラベルで大人気!飲み心地抜群の白ワイン。エレガントで美しい質感。果皮のビターさは穏やかですが果実の中の充実感はしっかりとコク深く、余韻にほんのりと甘い雰囲気です。

エレ・ダンス[2022] レ・ボワ・ペルデュ

3,762 円
鮮やかで、はつらつと元気なロゼ。軽快なロゼというよりは、淡い赤ワインに近いような密度の高いワインです。色調も深く、果実味も豊かで生き生きとした味わい。チャーミングさもありつつも赤系果実の熟した風味は、艶やかさも感じます。

【*】《750ml》 オーリオ エクストラヴェルジネ・ドリヴァ[2022] オットマーニ

4,374 円
トスカーナらしい青い香りがありながら、口当たりのまろやかなオーリオ。パンにサラダにフレッシュチーズにかけても!たっぷり750ml。

レイジー・ワインメーカー カリニャン2022  クォーサーワインズ

2,376 円
リアルワインガイド 旨安大賞受賞!手摘みで収穫、天然酵母による発酵。エレガントなナチュラル、なめらかなタンニン。税込2,376 円は破格です!

リースリング・ルッパーツベルグ[2021] ショヤマン

3,564 円
柑橘系の風味に、土地の個性であるミネラルのニュアンス。ほんのり心地よい苦みもあり、飲み続けやすい仕上がり。

【*】ポール・ジロー スパークリング・ブドウ・ジュース2023

2,376 円
年に一度の入荷です!ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用する「ユニブラン」種のブドウを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに!