ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年3月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

レブーラ[2020] アンジェ・イヴァンチッチ

果皮が厚く、地域的に最も可能性を持ったブドウと考えているリボッラ ジャッラ。非常に繊細で複雑、ヴォリュームやアロマよりも奥行きや骨格を感じるワイン。貴腐化したブドウが大半を占めたヴィンテージだけに、圧巻のポテンシャルを感じます。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

ルージュ・ゴルジュ[2022] ムーラン・ド・ラモー

オーヴェルニュのガメイをノンフィルター、SO2無添加で仕上げました。フレッシュで華やかな香りのあるフルーティーなワインですが、非常に奥行きがあり舌に染み入るような旨味が特徴です。

ブラン・ド・ブラン ドザッジョゼロ[2019] アレッサンドラ・ディヴェッラ(ディヴェッラ・グッサーゴ)

シャルドネ100%で造られる、ディヴェッラのベースとなるスプマンテ。シャルドネらしい繊細さ、柔らかさはもちろん、複雑に重ねられた熟成香には驚愕です、、、。

ホーム > 産地で探す > イタリア > シチリア > マルコ・デ・バルトリ Marco de Bartoli

マルコ・デ・バルトリ Marco de Bartoli

Marco De Bartoli & Terzavia マルコ デ バルトリ & テルツァヴィーア - Sicilia


シチリアを代表するワインの一つ「マルサーラ」の造り手。そして、そのマルサーラの常識を突き破った偉大な造り手『デ・バルトリ』。

現在のマルサラはブランデーなどの蒸留酒で酒精強化されていなければ、「マルサラ」を名乗ることができません。

しかし、マルサラとはシチリア州、トラパニ県の都市の名前であり本来この地で造られたワインの名前であったはずでした。

そして中世の錬金術師によって、蒸留の手法が確立するより以前は蒸留酒は広まっておらず、それ以前よりマルサラでワインは造られていました。

マルサラは大きな港があったこともありこの地のワインをイギリスに輸出するため、ワインが船旅で傷まないようにアルコールを添加したのが始まり。

それがいつの間にか、「アルコールを添加しないとマルサラを名乗れない」
というように逆転現象が起こってしまいました。


つまりイギリスに輸出が始まる以前のスタイルのマルサーラ。

しかし、本来、輸送に対する耐性を上げるための「アルコール添加」が添加することによって、低品質なベースワインをしようしても品質を誤魔化すことができるという事に気が付いた生産者たち。

その生産者たちによって、マルサラワインの「工業化」の嵐が吹き荒れてしまいます。
そういった人たちの政治力によって「アルコール添加したものこそがマルサーラ」という逆転した状況が生まれてしまったのだそうです。

そこに果敢に挑み、昔ながらの「アルコール添加をせず」にマルサラ本来のワインを作り続けたのが伝説的な造り手『マルコ・デ・バルトリ』。


感覚的には現地では「ヴァレンティーニ」や「ソルデーラ」等といった造り手に対してもまったく遜色がない、別格の作り手という印象。

------------

マルコ デ バルトリは言った、

「流れに逆らい、自分に賭け、歪められた醸造業界の決まりごとに挑戦し、
私の住むこの地域の持つ伝統の価値を信じ、それを自分に与えられた義務だと考え、
経済的後退を顧みず、1980年に私はマルサーラという地域の典型である、
“Stravecchio(ストラヴェッキオ、ここでは、長期間熟成させたワインの意)”を造るという冒険を企てた。
ここにヴェッキオ サンペーリは生まれた。」

ワイン法などによって縛られた既成概念に疑問を持ち、それを壊すことで生まれた彼のワインは、マルサーラにおいては唯一アイデンティティーを確立していると言える。


ヴェッキオ サンペーリは、マルサーラと同じブドウ品種であるグリッロを使用した、従来のマルサーラの製造過程で行われているアルコール&モストの添加を行わずに(マルサーラ同様に)ソレラ方式で酸化的熟成をした極辛口のワイン。

パンテッレリーア島のブックラム(アラブ語で“ブドウ畑の父”の意)地区にある5ha畑で獲れたブドウからは3種類のパッシートが造られる。
8月中旬ごろから収穫が始まり、天日干しされるズィビッボにとってはその時期の太陽、つまりSole d’Agostoソーレ ダゴスト(8月の太陽)こそが、
その年のワインの個性を決定づける最も大切な要素であると、マルコはことある毎に言っていた。

その名を冠したワインは、木樽での熟成を行わずに収穫から比較的短期間のうちにボトリングされるシンプルなパッシートで、毎年生産されている。


それに対してブックラムは、ブドウの品質、収穫後の天候などに恵まれた年にのみ生産される。
50%のブドウは8月中旬ごろ収穫後天日干しにされ、残りのブドウは9月の上旬まで樹上でさらに熟させた後に収穫、アルコール醗酵をさせる。
醗酵が活発になった頃、3週間にわたり天日干していたブドウを粒のままモストへと加え、約3か月間のマセレーションを行い、その後約30か月の樽熟成を経たのちにボトリング。



テルツァヴィーアは故マルコの長男、レナートによって2009年に設立された会社。

マルサーラとヴェッキオ サンペーリを生産しない年に、グリッロ種を使ってスプマンテを生産する。
ベースのワインは野生酵母によって醗酵、2年間の樽熟成の後にその年のグリッロのモストを加えボトリング、瓶内2次醗酵が促される。ドザージュ ゼロ。

リゼルヴァVSはティラージュ時にヴェッキオ サンペーリの20年物を加えたスペシャルキュベ。

ルーチドはマルサーラでレナートの友人によって栽培されたカタッラット ルーチドで造られたワイン。
(輸入元資料より)
10件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴェッキオ・サンペーリ(NV) デ・バルトリ

9,900 円
[イタリア/シチリア/白]

白・酸化熟成・極辛口

※参考画像となります

《500ml》マルサーラ・スペリオーレ・オーロ ヴィーニャ・ラ・ミッチャ[2018] デ・バルトリ

5,445 円
[イタリア/シチリア/白]

熟成期間の短いマルサーラ

※参考画像となります。

エトナ・ロッソ ランパンテ[2021] デ・バルトリ(DBE)

17,820 円
[イタリア/シチリア/赤]

新たなシリーズ、DBE(デ バルトリ エトナ)!!
一時期、別のワイナリーで雇われ社長をやっていた長男レナートがデ バルトリに出戻ってきて、立ち上げたのがこのプロジェクト。
2021年にエトナに畑&ワイナリーを購入、ワインを造り始めることに。

エトナ・ロザート[2022] デ・バルトリ(DBE)

4,950 円
[イタリア/シチリア/ロゼ]

新たなシリーズ、DBE(デ バルトリ エトナ)!!
一時期、別のワイナリーで雇われ社長をやっていた長男レナートがデ バルトリに出戻ってきて、立ち上げたのがこのプロジェクト。
2021年にエトナに畑&ワイナリーを購入、ワインを造り始めることに。

インテジェル・グリッロ[2021] デ・バルトリ

5,445 円
[イタリア/シチリア/白]

※参考画像となります

ピエトラネーラ[2022] デ・バルトリ

4,950 円
[イタリア/シチリア/白]

メトード・クラシコ キュヴェ・ヴェッキオサンペーリ(NV) デ・バルトリ

8,613 円
[イタリア/シチリア/白泡]

ティラージュ時にヴェッキオ サンペーリを加えたスペシャルキュベ。
(L.VS2023)

※参考画像となります

ブックラム・ソーレ・ダゴスト[2019] デ・バルトリ

7,920 円
[イタリア/シチリア/白甘口]

ズィビッポ(モスカート)から作られるパッシートはデ・バルトリの代表作の一つです。

《500ml》マルサーラ・オーロ・スーペリオーレ・リゼルヴァ[2004] デ・バルトリ

7,920 円
[イタリア/シチリア/白]

グリッロ主体、インゾーリア

《500ml》マルサーラ・ヴェルジネ[1988] デ・バルトリ

21,780 円
[イタリア/シチリア・白極甘?]

若いヴェッキオ サンペーリにアルコールのみを添加した、マルサーラ ヴェルジネ1988(1988は、酒精強化を施した年)の最後の最後の現地在庫も届きました。

>※画像は参考画像です。
10件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

アシディティ・ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ[2022] カンティーナ・マルゴ

3,762 円
年を追う毎に驚くべきスピードで進化するカンティーナ・マルゴ。マルゴのフリッザンテの『ACDT』から新しくロザートがリリース!ロックバンド、AC/DC風のラベルが楽しい、飲み心地抜群のフリッザンテです。

キャンティ・クラシコ[2020] オットマーニ

3,267 円
オットマーニ・キャンティ・クラシコの最新ヴィンテージが入荷しました!キャンティ・クラシコの典型的な「キャンティ・クラシコ」らしさをお楽しみいただけます。

【*】ラトビア クランベリーホール (100g) 

648 円
希少なノンオイルのクランベリー!風味、甘みと酸味のバランスが抜群!白カビのブリーとの相性は抜群!

ペットナット・ビガリュール(2020) ドメーヌ・ミューラー・ケベルレ

3,564 円
香りはオレンジピールや赤リンゴ、ピンクグレープフルーツと言った熟しつつも爽やかさのある柑橘系の香りが支配的。徐々に蜂蜜やミードに似た香りが湧き上がります。ガスが抜けて行くにつれて、旨味も感じられ、スルスルと飲み進めることが出来ます。

アナトリーノ[2022] カルロ・タンガネッリ

3,762 円
アヒルのラベルで大人気!飲み心地抜群の白ワイン。エレガントで美しい質感。果皮のビターさは穏やかですが果実の中の充実感はしっかりとコク深く、余韻にほんのりと甘い雰囲気です。

エレ・ダンス[2022] レ・ボワ・ペルデュ

3,762 円
鮮やかで、はつらつと元気なロゼ。軽快なロゼというよりは、淡い赤ワインに近いような密度の高いワインです。色調も深く、果実味も豊かで生き生きとした味わい。チャーミングさもありつつも赤系果実の熟した風味は、艶やかさも感じます。

【*】《750ml》 オーリオ エクストラヴェルジネ・ドリヴァ[2022] オットマーニ

4,374 円
トスカーナらしい青い香りがありながら、口当たりのまろやかなオーリオ。パンにサラダにフレッシュチーズにかけても!たっぷり750ml。

レイジー・ワインメーカー カリニャン2022  クォーサーワインズ

2,376 円
リアルワインガイド 旨安大賞受賞!手摘みで収穫、天然酵母による発酵。エレガントなナチュラル、なめらかなタンニン。税込2,376 円は破格です!

リースリング・ルッパーツベルグ[2021] ショヤマン

3,564 円
柑橘系の風味に、土地の個性であるミネラルのニュアンス。ほんのり心地よい苦みもあり、飲み続けやすい仕上がり。

【*】ポール・ジロー スパークリング・ブドウ・ジュース2023

2,376 円
年に一度の入荷です!ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用する「ユニブラン」種のブドウを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに!