ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年4月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お買い物の前に

キャッシュレスで5%還元 キャッシュレス・消費者還元事業

ランキング

イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

レーズンを思わせる熟成したニュアンスがありながらも、まだまだフレッシュな果実感。伸びやかな酸味をもった驚くべき仕上り。

ユンヌ・トランシュ・シュディスト(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

活き活きとした飲み心地の良さと落ち着きのあるバランスの取れた味わい。タンニンも柔らかく、スルスルと喉を通って行く、まさに理想的なテーブルワイン!

《375ml》パッシート[2015] マッサヴェッキア

マッサ・ヴェッキアの天日干ししたアレアーティコで造る甘口ワイン。

ブリュット・プルミエ・クリュ[NV] ルクレール・ブリアン

シャンパーニュで最も注目を集める醸造家『エルヴェ・ジュスタン』が手掛ける、フランス入手困難シャンパーニュ!「ルクレール・ブリアン」

ホーム > 産地で探す > イタリア > シチリア > マルコ・デ・バルトリ Marco de Bartoli

マルコ・デ・バルトリ Marco de Bartoli

Marco De Bartoli & Terzavia マルコ デ バルトリ & テルツァヴィーア - Sicilia


マルコ デ バルトリは言った、

「流れに逆らい、自分に賭け、歪められた醸造業界の決まりごとに挑戦し、
私の住むこの地域の持つ伝統の価値を信じ、それを自分に与えられた義務だと考え、
経済的後退を顧みず、1980年に私はマルサーラという地域の典型である、
“Stravecchio(ストラヴェッキオ、ここでは、長期間熟成させたワインの意)”を造るという冒険を企てた。
ここにヴェッキオ サンペーリは生まれた。」

ワイン法などによって縛られた既成概念に疑問を持ち、それを壊すことで生まれた彼のワインは、マルサーラにおいては唯一アイデンティティーを確立していると言える。


ヴェッキオ サンペーリは、マルサーラと同じブドウ品種であるグリッロを使用した、従来のマルサーラの製造過程で行われているアルコール&モストの添加を行わずに(マルサーラ同様に)ソレラ方式で酸化的熟成をした極辛口のワイン。

パンテッレリーア島のブックラム(アラブ語で“ブドウ畑の父”の意)地区にある5ha畑で獲れたブドウからは3種類のパッシートが造られる。
8月中旬ごろから収穫が始まり、天日干しされるズィビッボにとってはその時期の太陽、つまりSole d’Agostoソーレ ダゴスト(8月の太陽)こそが、
その年のワインの個性を決定づける最も大切な要素であると、マルコはことある毎に言っていた。

その名を冠したワインは、木樽での熟成を行わずに収穫から比較的短期間のうちにボトリングされるシンプルなパッシートで、毎年生産されている。


それに対してブックラムは、ブドウの品質、収穫後の天候などに恵まれた年にのみ生産される。
50%のブドウは8月中旬ごろ収穫後天日干しにされ、残りのブドウは9月の上旬まで樹上でさらに熟させた後に収穫、アルコール醗酵をさせる。
醗酵が活発になった頃、3週間にわたり天日干していたブドウを粒のままモストへと加え、約3か月間のマセレーションを行い、その後約30か月の樽熟成を経たのちにボトリング。

今回入荷のブックラム2000はリゼルヴァとでも呼ぶべきワインで、10年の樽熟成を経て2010年にボトリングされたもの。



テルツァヴィーアは故マルコの長男、レナートによって2009年に設立された会社。

マルサーラとヴェッキオ サンペーリを生産しない年に、グリッロ種を使ってスプマンテを生産する。
ベースのワインは野生酵母によって醗酵、2年間の樽熟成の後にその年のグリッロのモストを加えボトリング、瓶内2次醗酵が促される。ドザージュ ゼロ。

リゼルヴァVSはティラージュ時にヴェッキオ サンペーリの20年物を加えたスペシャルキュベ。

ルーチドはマルサーラでレナートの友人によって栽培されたカタッラット ルーチドで造られたワイン。


(輸入元資料より)
11件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィーニャ・ヴェルデ[2017] デ・バルトリ

2,574 円
[イタリア/シチリア・白]

マルサーラ&ヴェッキオ サンペーリ用に使えるほどの熟度に達しないと判断した年のグリッロで造られるシンプルな白

マルサーラ ヴィーニャ・ラ・ミッチャ[NV] デ・バルトリ

4,356 円
[イタリア/シチリア/白]

熟成期間の短いマルサーラ

※参考画像となります。

インテジェル・ズィビッボ[2016] デ・バルトリ

4,653 円
[イタリア/シチリア・白]

皮ごと醗酵させたインテジェルシリーズのズィビッボ

※参考画像となります

インテジェル・グリッロ[2015] デ・バルトリ

4,653 円
[イタリア/シチリア/白]

※参考画像となります

《500ml》ブックラム・パッシート[2008] デ・バルトリ

7,480 円
[イタリア/シチリア・白甘]

ズィビッポ(モスカート)から作られるパッシートはデ・バルトリの代表作の一つです。

※画像は参考画像です。

《500ml》ブックラム・パッシート・リゼルヴァ[2000] デ・バルトリ

21,505 円
[イタリア/シチリア・白甘口]

ズィビッポ(モスカート)から作られるパッシートはデ・バルトリの代表作の一つです。

《500ml》マルサーラ・ヴェルジネ[1988] デ・バルトリ

12,870 円
[イタリア/シチリア・白極甘?]

今回のヴェルジネ1988は、故マルコが造った最初で最後のヴェルジネで、10年物のVSにほんの少量のアルコールを1988年に添加し、以降(樽内で目減りした)ワインの補てんも一切することなく樽で熟成させていたものを、今年ボトリングしたものになります。

※画像は参考画像です。

《500ml》マルサーラ・リゼルヴァ[1860] デ・バルトリ

65,450 円
[イタリア/シチリア・白甘?]

1860を名乗っていますが、実は1830年(!!)の澱に新しいワイン(マルサーラ)を徐々に足していくという“修復”のもとに生まれたワイン。
この液体の中にはロマンがたっくさん詰まってます!!!!

※画像は参考画像です。

ピエトラネラ[2014] デ・バルトリ

3,553 円
[イタリア/シチリア・白]

パンテッレリーア島でも比較的標高の高い畑のズィビッボで造られる
11件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

2,376 円
イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

2,156 円
瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
今回のロットは少し泡が強めです。

【*】オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ パラディーソ・ディ・マンフレディ

5,691 円
イル・パラディーソ・ディ・マンフレディのオリーヴオイル。
ブルネッロの畑のわきに植わるオリーヴの木から作られる極少量作られるオイル。日本への入荷量はわずかという貴重なオイルです。

ラボソ[2017] ガッティ

2,871 円
ポンテ・ディ・ピアーヴェの土着品種ラボーソ。赤紫蘇のような香りとほどよいタンニンと酸味があり飲み疲れない1本です。

006 [2006] クメティヤ・シュテッカー

7,150 円
ピノ・グリージョ100%。天然酵母のみで発酵。10日間マセラシオン、しっかりとした味わいです。

ゲヴュルツトラミネール・ド・ステファン[2016] レ・ヴァン・ピルエット

3,366 円
果実を素直に楽しめる楽しいアルザスワイン。肉付きが良く若いうちから楽しめ、香も初めから開く「レ・ヴァン・ピルエット」

《1800ml》日置桜 夜桜ラベル 28BY

2,420 円
もったいない精神から無駄なく米を使い切るために行う調整仕込みで造られたお酒。
この味わいでこの価格は、呑み手にとってはホントありがたいです。

クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

2,673 円
ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。