ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > イタリア > シチリア > フランク・コーネリッセン Frank Cornelissen

フランク・コーネリッセン Frank Cornelissen

フランク・コーネリッセン


シチリア、エトナで最も注目を集める「フランク・コーネリッセン」!

最新のヴィンテージが入荷しております。
自然派と謳う生産者の中でも、最も「攻めた」ワイン作りを行っている作り手「フランク・コーネリッセン」。
元々、ベルギーでワイン商をしていた彼は、輸入元であるヴィナイオータの社長である太田さんの親友でもあるのですが、お話しを伺うと、ものすごく「ストイック」な方のようです。
有機栽培、無農薬はもちろん、肥料も与えず、ボルドー液でさえも出来る限り使用せず、(2001年、2004年は全く不使用)選果ではずれた果実は、畑にかえし肥料となり、徹底した自然への循環を行っています。

フランクのワインが日本に入るようになって15年以上たちますが、初めてフランクのワインを飲んだ時のことは今でもはっきりと覚えております。

フランクがこだわり抜き、完璧なブドウだけを求めた結果、とある区画ではたったの5キロしか収穫できなかったという「マグマ」。
作り手の良くも悪くも激しい情熱を感じさせるワイン。はっきり言って、「美味しい」といって良いのかわからないワインでしたが、恐ろしく印象深くそして驚くべきテンションを持った液体であったのは間違いありません。

そして、近年のフランクのワイン。極めて洗練され、本当に美味しく、深みのある味わいに変化。
多分、その時々の彼の精神状態がワインに表現されているのかな・・・・、なんて勝手に思ったりしています。
そういう意味では彼もワインの造り手であり「アーティスト」なのかもしれません・・・。

今回入荷したのはフランクワインの中でも中核をなす「ムンジェベル・ロッソ」の畑ごとに個性を表現したクリュ・シリーズ。
今回はなんと6つのクリュのワインが入荷しております!!

エトナ山は山なので当然ですが畑は勾配をともなった斜面にあります。火山岩の黒っぽい土の畑が多く。大きな一面の畑というよりはどうしても小さな区画が多くなります。畑の向きや標高により、全く異なる個性がでてくる特徴的な土地なのです。

非常に人気の高いフランクのムンジェベルのクリュシリーズはお見逃しなく。
各クリュの説明は「フランク・コーネリッセン」のウェブサイトに紹介が載っておりますので是非ご覧ください。
ー>  .frankcornelissen
 オフィシャルウェブサイト
.




7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ムンジェベル・ロッソ CR(カンポ・レ)[2016] フランク・コーネリッセン

8,470 円
ランダッツォ西部の標高735mのところにある、平均樹齢70年の樹(一部自根)が植わる区画。火山岩性の痩せた土壌であることが多いエトナにあって深い土質土壌で、湿気の多い年に果実を完熟させることが難しいが、それが叶った年には非常に深く、タニックで、若干内向的で、そして他のどの区画よりも“ネッビオーロチックな”ワインを産する区画。

[イタリア/シチリア/赤]※参考画像となります

ムンジェベル・ロッソ CS(キューザ・スパニョーラ)[2016] フランク・コーネリッセン

8,470 円
[イタリア/シチリア/赤]ソリッキアータ村にある、1930年代に接ぎ木することなく植えられた畑で、標高は620mと比較的低い立地。周りを溶岩流が固まってできた岩に囲まれた土壌のためか、強いタンニンが特徴。マグマを生み出すパーセル、バルバヴェッキも、標高こそ違えど、同じ村の同じ土壌特性の畑。

※参考画像となります

ムンジェベル・ロッソ MC(モンテ・コッラ)[2016] フランク・コーネリッセン

8,470 円
[イタリア/シチリア/赤]

※参考画像となります

《1500ml》ススカール・ロッソ[2017] フランク・コーネリッセン

8,140 円
◎ 《1500ml》ススカール・ロッソ[2017] フランク・コーネリッセン

《5000ml》ムンジェベル・ロッソ[2016] フランク・コーネリッセン

55,000 円
[イタリア/シチリア・赤]

※画像は参考画像となります
7件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。