ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ヴェネト > ガッティ Gatti

ガッティ Gatti

なだらかな平地の続くポンテ・ディ・ピアーヴェに1900年代初め頃から家族で営む農園。

1900年代当初は2.5haあった農園だが、第1次世界大戦時に畑を売却、1990年に家の周辺売りに出された農園を購入し現在では3.9haのブドウ畑を所有します。

当主はカロリーナ・ガッティさん、動物が大好きでロバを飼っています。庭には鶏が平然と散歩しているそう!マンマの鶏料理は最高なのよ!と散歩する鶏を目の前にして話すそうです(笑)


高校、大学と農業について学びました。大学生の時に、この地域の伝統的品種『Raboso』について論文を書くほど我が土地に愛を持って接しています。2012年に大学卒業後にカロリーナが農園を引き継ぎ現在に至ります。

お父さんの時代からワイン造りをしていましたが半分は自分達の消費用、半分は協同組合に売っていました。その当時から有機農法を取り入れていましたが、カロリーナがワイン造りをするようになり2008年からビオディナミを取り入れました。サンフェレオーロのニコレッタに相談をしながら最善と思う方法を実践し、粘土質の強い土壌にも適したブドウ栽培を行っているそうです。

農作業は主にお父さんとパートナーが行い、栽培するブドウ品種は9種類だそうです(ピノビアンコ、シャルドネ、トカイ (フリウラーノ)、グレラ、カベルネソーヴィニヨン、ヴェルドゥッツオ、メルロー、カベルネフラン、ラボーゾ)。

比較的平地の広がるponte di piaveでは夏場の湿度を避けるために『ベッルッスィ』(allebamento vite bellussi)という非常に珍しい仕立て方をします。

これは、4m近くはある支柱を中心に4本のブドウ樹を4方向に傘の様な仕立てにします。隣のブドウ樹の畝の間隔は約9mほど取り湿度が畑にこもり難い環境を作り自然の中から病気にも強いブドウ樹の栽培を目指す、この地域の伝統的仕立てだそうです。

しかし、ブドウ実は約3m以上の高さに房を付けるため、剪定作業や収穫などの手入れは台に乗って作業をしなくてはならない為、今現代の農業の考え方からはあまりにも効率が悪く、今では『ベッルッスィ』の仕立てをする農家はほとんどないそうです。

カロリーナ曰く、プロセッコの伝統はシュール・リーではあるものの醗酵途中にボトリングし2次醗酵を行う「アンセストラーレ」、しかし、それでは元の白ワインのベースが弱いので、白ワインとしてしっかりと醗酵しきったジュースにモストのみを加えボトリングし2次醗酵を促す方が圧倒的な飲み心地とメリハリのあるドライ感を得ることが出来る!

液体自体が安定しているのでオリ引きをしなくても、濁りも弱く上澄みは澄んだ液体になる。
飲むときは、オリを混ぜずにそのまま抜栓し澄んだ味わいからビン底は濁りのある味わいへ2段階で楽しんで欲しいそうです。
そして、決して冷やし過ぎないで飲んで欲しいと・・・「冷やしたら誤魔化した味になっちゃうじゃない!冷やさない方が嘘のない全部の味わいを楽しめるハズよ!」と言います。

そんな拘りのワインを造っていても、ボトリングしているのは生産量の半分くらいだそうです。それ以外は量り売りで売ってしまっているとの事!
今や、プロセッコと言ったら世界的に大人気銘柄!効率の悪い栽培を続けながらより味わいを追求した結果は生産量も少ないのに全てがボトリングを出来ないだなんて本当に残念です。

カロリーナは裏表のない、ずばずばとストレートに話をしてくれるとても気持ちのいい方。めちゃめちゃパワフルで、自分たちの土地の伝統を絶やさず続けていこうというワイン造りのエネルギーと情熱に溢れる人物です。
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2020] ガッティ

2,673 円
[イタリア/ヴェネト/白・微発泡]

ベースの白ワインを完全発酵させてから果汁を添加し瓶内2次発酵。
程よい果実のボリュームと、心地よい余韻の酸味!

ビアンコ・フリッツァンテ・ボッレ・バンディーテ[2019] ガッティ

2,871 円
[イタリア/ヴェネト/白・微発泡] 

ベースの白ワインを完全発酵させてから果汁を添加し瓶内2次発酵。きゅっとしたリンゴのような気持ちのよい果実感。大きめのグラスでもぶれな味をもつフリッザンテです。

エル・ガット・ロス[2018] ガッティ

2,772 円
[イタリア/ヴェネト/赤]


4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。