ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ホーム > 産地で探す > イタリア > ヴェネト > ダニエーレ・ピッチニン Daniele Piccinin

ダニエーレ・ピッチニン Daniele Piccinin

『ダニエーレ・ピッチニン』から最新の2017年ヴィンテージの『ビアンコ・ムーニ』、
そしてトップキュヴェである『モンテマーグロ』が再入荷しております!



イタリアのイタリアのナチュラルワインのイベント「VinNatur」で、参加していたダニエーレ・ピッチニンにご挨拶と、ワインの話を聴いた時のこと。

初期の彼のワインは多少、果皮とのマセレーションをしておりました。
しかし、現在は果皮との浸漬は行わず、ジュースのみで発酵させてているそうです。

真面目で誠実なダニエーレらしく、「あくまでこれは僕の今の意見で、いろいろな考えもあると思うんだけど」長期のマセレーションはワインの個性を似通ったものにマスクしてしまう気がする、というお話をしてくれました。

実際、果皮と浸漬させていない2016年や、現地で飲ませてもらった2017年は、クリアーな味わいのなかにもダニエレらしい個性もしっかり感じさせる深みのあるワインに仕上がっているのは流石でした。


実は個人的に最もストックをしているのが『ダニエーレ・ピッチニン』。

熟成させたダニエーレピッチニンのワイン、白ワインの「ビアンコ・デイ・ムーニ」や「モンテマーグロ」はまるで、全盛期の偉大な「ヴァレンティーニのトレッビアーノ」を思わせる凄みを持った特別な作り手。

若いうちからあまりにも飲み心地が良いため、飲みやすくザクザク飲んで楽しむワインだと思われがちです。

それは味わいの構成は充実していて、素晴らしい味わいなのですが、まったくと言っていいほど欠点がなく味わいに破綻が無いため、逆に印象に残りにくいせいかもしれません。

ですが、日常的な飲み心地と、「圧倒的なポテンシャル」という一般的には相反するキャラクターを併せ持っているのがダニエレ・ピッチニンのワインだと思っています。

広く飲まれて愛されているワインですが、それでも《最も過小評価されている造り手の一人ではないか》 と感じています・・・。

ダニエーレ自身が「ワインは日常の物であるべき」と考えている為、ワインの価格は常に控えめ。
それもあり、誤解をされているかもしれませんが、赤も白も「本当に偉大なポテンシャルを秘めた」物だと思います。

ビアンコ・デイ・ムーニは本当に素晴らしくですが、特に白の『モンテマーグロ』、赤の『ピノ・ネーロ』は圧倒的なクオリティ。
リリース直後から楽しめ、そして熟成させてることにより表情が激変します。時間とともに、よりミネラル感などがグッと前に出てきて印象的でグッと大人な味わいになってくると思います。

しかし、SO2無しでここまでの完成度に持っていくダニエレ君の手腕・・・。恐るべしです。

是非、複数本キープしていただき、5年、10年と熟成させて楽しんでみてください!!
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ピノ・ネーロ[2018] ダニエーレ・ピッチニン

4,752 円
[イタリア/ヴェネト/赤]

※画像は参考画像です。

モンテマーグロ[2019] ダニエーレ・ピッチニン

3,168 円
[イタリア/ヴェネト/白]

※参考画像となります。

スプマンテ・ブリュット[2018] ダニエーレ・ピッチニン

4,257 円
[イタリア/ヴェネト/白泡]

アリオーネ改めスプマンテ ブリュット2018。
ラベルにはArioneと書かれていますが、商標の関係上名乗れなくなりました。

※参考画像となります

ビアンコ・ムーニ[2020] ダニエーレ・ピッチニン

2,574 円
[イタリア/ヴェネト/白]

※参考画像となります。
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!