ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > イタリア > シチリア > イ・ヴィニェーリ I Vigneri

イ・ヴィニェーリ I Vigneri

イ・ヴィニェーリ






イタリアで最も、ワインの生産量が多い州、シチリア。


比較的、大量生産の低価格のワインを多く産出してきたシチリアですが
近年、素晴らしいワインを多く生み出されています。




シチリアというと、南イタリア、日差しの強い非常に暑い土地という
イメージがありますが、エトナ山などの標高の高い地域の斜面から、
素晴らしいワインが産み出されています。




このイ・ヴィニェーリの『ヴィヌペトラ』。
ファースト・ヴィンテージは2001年で生産量はわずかに350本たらず。
昨年日本に入荷した2002年でも生産量が僅かに1050本・・・。





2003年は何本造られたのかは分かりませんが、市場にほとんど出回っ
ていないことを考えても、ごく限られた数のみがボトリングされたの
だと思います。


ブドウ品種は、ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カプッチョ、
アリカンテ(グルナッシュ)にその他フランス系品種のブレンド。


主体になるネレッロ・マスカレーゼは、色が薄く、比較的エレガント
な性質で、あえて言うのならばブルゴーニュの「ピノ・ノワール」と
ピエモンテの「ネッビオーロ」の中間的な性質。


色が濃く、味わいも濃厚なネロ・ダーヴォラよりも偉大なポテンシャ
ルを秘めていると、最近非常に注目されているブドウです。


実際、あのテヌータ・ディ・トリノーロの「パッソピッシャーロ」

そしてフランク・コーネリッセン氏が生み出す「マグマ」も両方とも、
ネレッロ・マスカレーゼ、そして『エトナ』の組み合わせなのです。


僕もこのヴィヌペトラ、試飲をいたしましたが、柔らかいあたりの後
にギューッと強いエキスを感じる素晴らしい味わい。


ある、特定の要素が飛び出ているわけではなく、非常に素晴らしいバ
ランス、でも実は目立たないだけで、各要素はかなりの強さを持って
います。


非常に綺麗で洗練された味わいの2003年の「ヴィヌペトラ」。
シチリアワインの新しいスタイルを感じさせてくれる素晴らしいワイ
ンだと思います。


シチリアで理想のワインを探し求めていましたが、遂に出会うことがで
きました。イ・ヴィニェーリのサルヴォ・フォーティはエトナ大学で醸
造学を研究・指導するかたわら、ベナンティやグルフィをはじめとする
シチリア東部の代表的なワイナリーのコンサルタントを長年務めていま
す。が、そのかたわら、過度の抽出による極端に濃厚な色合いと、コン
セントレーションの強い味わいの「近代的な」ワインが横行するシチリ
アで、正反対のスタイルのワインを自身の畑でつくり始めました。


標高1200mにある2haばかりの畑〔Calderal村〕で、500リットルの古樽
で発酵させる、伝統的な醸造法です。品種は、ネレッロ・マスカレーゼ、
ネレッロ・カプッチョ、アリカンテ、そしてわずかに「フランス品種」
といわれるものです。


輸入元「ラシーヌ」のコメントより



2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

イ・ヴィニェーリ[2017] イ・ヴィニェーリ

4,554 円
[イタリア/シチリア/赤]

シチリア・ロザート ヴィヌディリーチェ[2012] イ・ヴィニェーリ

8,228 円
[イタリア/シチリア/ロゼ]

アリカンテ、グレカニコ、ミネッラなどのブレンド。2005年に植樹。非常に希少なワイン。
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。