ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年2月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

お買い物の前に

ランキング

AIRAVATA アイラーヴァタ(バルベーラ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

ルージュ・ゴルジュ[2022] ムーラン・ド・ラモー

オーヴェルニュのガメイをノンフィルター、SO2無添加で仕上げました。フレッシュで華やかな香りのあるフルーティーなワインですが、非常に奥行きがあり舌に染み入るような旨味が特徴です。

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2020] ラ・リチェンツィアーナ

ラ・リチェンツィアーナの最新ヴィンテージが入荷。既にメチャクチャ美味しく、もちろん熟成のポテンシャルもひしひしと感じる極上のバルバレスコ!余韻の長さと繊細さ、複雑さはケタ違いです!

ブラン・ド・ブラン ドザッジョゼロ[2019] アレッサンドラ・ディヴェッラ(ディヴェッラ・グッサーゴ)

シャルドネ100%で造られる、ディヴェッラのベースとなるスプマンテ。シャルドネらしい繊細さ、柔らかさはもちろん、複雑に重ねられた熟成香には驚愕です、、、。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ヴェネト > ヴィッラ・カリカントゥス Villa Calicantus

ヴィッラ・カリカントゥス Villa Calicantus

最近、めっきり聞かなくなってしまったDOCである「バルドリーノ」。

僕たち世代のワイン関係の人間の中では名前はとても有名。
しかしながら、ブドウ品種の構成が同じの「ヴァルポリチェッラ」に比べると、
大分地味な印象なワイン産地という印象。


そんな中、4月のイタリア訪問で「とんでもないバルドリーノ」に出会ってし
まいました。
生産者は『Villa Calicantus ヴィッラ・カリカントゥス』。

出会いはアンジョリーノ・マウレ氏が主催する自然派ワインのサロン
「Vinatur」の会場。
そこで、ヴィッラ・カリカントゥスのダニエレ氏に出会い、ワインを試飲
させてもらい、困惑と混乱?

ワイン自体は軽やかで、重々しさはありません。
何も考えずに飲めば、普通に軽やかで飲みやすい赤ワイン。

しかし、こちらから味わいを捕えようとすると味わいは圧倒的な複雑さと
余韻の長さに驚かされます。
こちらから味わいを覗き込もうとすると深い井戸のように底が見えないと
感じるほどの奥の深さ。

味わいの複雑さとワイン自体の軽やかさのバランスは今まで感じたことが
無いものです。

あまりの衝撃に、試飲会にもかかわらず、その場でダニエレ氏に交渉。
トップキュヴェの『Avresir アヴレジル』
を1本分けてもらい日本に持ち帰り、改めてゆっくり味わう事に。


ハンドキャリーで持ち帰った1本ををゆっくり休ませた後、改めて試飲。

「やはりこのワインは、日本市場にご紹介しなければならない!」

という使命感で取引を始めさせていただく
こととなりました。


このヴィッラ・カリカントゥスは現オーナーのダニエレ・デライーニ氏が
2011年に設立した比較的新しいワイナリーですが、
1980年代初頭にワイン造りを一度停止。30年ほど休んでいたカンティーナで、そ
の歴史は19世紀にまでさかのぼることができる歴史ある生産者。

ワイン生産を停止する以前は、この地を代表する生産者の一軒だったそう。
丁度、彼らがワイン生産を停止する時期がバルドリーノのワイン造りに工業化
の波が・・・。
バルドリーノのワインはクオリティワインの世界から忘れ去られていきましたが
その時期休眠状態だった、ヴィッラ・カリカントゥスはその波に飲み込まれずに
すんだそうです。

最初の2011年からビオロジック、2014年からはビオディナミを実践。

ワイン造りにおいて、全ての工程で酸化防止剤無添加で作られているにも関わらず
「ヴィッラ・カリカントゥス」のバルドリーノは驚くほど味わいが端正。
日本に届いて、イタリアから分析表が届いて、確認するまでまさかSO2無添加とは
思っていませんでした・・・。

バルドリーノというワインのイメージからすると決して安くないワインですが、
その内容には本当に驚いていただけるワイン。

決してわかりやすいワインではありませんが、古い時代のクインタレッリ等を
愛好された方には「この雰囲気は!」と思っていただけるのではないでしょか!
5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

アシディティ・ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ[2022] カンティーナ・マルゴ

3,762 円
年を追う毎に驚くべきスピードで進化するカンティーナ・マルゴ。マルゴのフリッザンテの『ACDT』から新しくロザートがリリース!ロックバンド、AC/DC風のラベルが楽しい、飲み心地抜群のフリッザンテです。

キャンティ・クラシコ[2020] オットマーニ

3,267 円
オットマーニ・キャンティ・クラシコの最新ヴィンテージが入荷しました!キャンティ・クラシコの典型的な「キャンティ・クラシコ」らしさをお楽しみいただけます。

【*】ラトビア クランベリーホール (100g) 

648 円
希少なノンオイルのクランベリー!風味、甘みと酸味のバランスが抜群!白カビのブリーとの相性は抜群!

ペットナット・ビガリュール(2020) ドメーヌ・ミューラー・ケベルレ

3,564 円
香りはオレンジピールや赤リンゴ、ピンクグレープフルーツと言った熟しつつも爽やかさのある柑橘系の香りが支配的。徐々に蜂蜜やミードに似た香りが湧き上がります。ガスが抜けて行くにつれて、旨味も感じられ、スルスルと飲み進めることが出来ます。

アナトリーノ[2022] カルロ・タンガネッリ

3,762 円
アヒルのラベルで大人気!飲み心地抜群の白ワイン。エレガントで美しい質感。果皮のビターさは穏やかですが果実の中の充実感はしっかりとコク深く、余韻にほんのりと甘い雰囲気です。

エレ・ダンス[2022] レ・ボワ・ペルデュ

3,762 円
鮮やかで、はつらつと元気なロゼ。軽快なロゼというよりは、淡い赤ワインに近いような密度の高いワインです。色調も深く、果実味も豊かで生き生きとした味わい。チャーミングさもありつつも赤系果実の熟した風味は、艶やかさも感じます。

【*】《750ml》 オーリオ エクストラヴェルジネ・ドリヴァ[2022] オットマーニ

4,374 円
トスカーナらしい青い香りがありながら、口当たりのまろやかなオーリオ。パンにサラダにフレッシュチーズにかけても!たっぷり750ml。

レイジー・ワインメーカー カリニャン2022  クォーサーワインズ

2,376 円
リアルワインガイド 旨安大賞受賞!手摘みで収穫、天然酵母による発酵。エレガントなナチュラル、なめらかなタンニン。税込2,376 円は破格です!

リースリング・ルッパーツベルグ[2021] ショヤマン

3,564 円
柑橘系の風味に、土地の個性であるミネラルのニュアンス。ほんのり心地よい苦みもあり、飲み続けやすい仕上がり。

【*】ポール・ジロー スパークリング・ブドウ・ジュース2023

2,376 円
年に一度の入荷です!ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用する「ユニブラン」種のブドウを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに!