ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ヴェネト > ダニエーレ・ピッチニン Daniele Piccinin

ダニエーレ・ピッチニン Daniele Piccinin

『ダニエーレ・ピッチニン』から最新の2017年ヴィンテージの『ビアンコ・ムーニ』、
そしてトップキュヴェである『モンテマーグロ』が再入荷しております!



イタリアのイタリアのナチュラルワインのイベント「VinNatur」で、参加していたダニエーレ・ピッチニンにご挨拶と、ワインの話を聴いた時のこと。

初期の彼のワインは多少、果皮とのマセレーションをしておりました。
しかし、現在は果皮との浸漬は行わず、ジュースのみで発酵させてているそうです。

真面目で誠実なダニエーレらしく、「あくまでこれは僕の今の意見で、いろいろな考えもあると思うんだけど」長期のマセレーションはワインの個性を似通ったものにマスクしてしまう気がする、というお話をしてくれました。

実際、果皮と浸漬させていない2016年や、現地で飲ませてもらった2017年は、クリアーな味わいのなかにもダニエレらしい個性もしっかり感じさせる深みのあるワインに仕上がっているのは流石でした。


実は個人的に最もストックをしているのが『ダニエーレ・ピッチニン』。

熟成させたダニエーレピッチニンのワイン、白ワインの「ビアンコ・デイ・ムーニ」や「モンテマーグロ」はまるで、全盛期の偉大な「ヴァレンティーニのトレッビアーノ」を思わせる凄みを持った特別な作り手。

若いうちからあまりにも飲み心地が良いため、飲みやすくザクザク飲んで楽しむワインだと思われがちです。

それは味わいの構成は充実していて、素晴らしい味わいなのですが、まったくと言っていいほど欠点がなく味わいに破綻が無いため、逆に印象に残りにくいせいかもしれません。

ですが、日常的な飲み心地と、「圧倒的なポテンシャル」という一般的には相反するキャラクターを併せ持っているのがダニエレ・ピッチニンのワインだと思っています。

広く飲まれて愛されているワインですが、それでも《最も過小評価されている造り手の一人ではないか》 と感じています・・・。

ダニエーレ自身が「ワインは日常の物であるべき」と考えている為、ワインの価格は常に控えめ。
それもあり、誤解をされているかもしれませんが、赤も白も「本当に偉大なポテンシャルを秘めた」物だと思います。

ビアンコ・デイ・ムーニは本当に素晴らしくですが、特に白の『モンテマーグロ』、赤の『ピノ・ネーロ』は圧倒的なクオリティ。
リリース直後から楽しめ、そして熟成させてることにより表情が激変します。時間とともに、よりミネラル感などがグッと前に出てきて印象的でグッと大人な味わいになってくると思います。

しかし、SO2無しでここまでの完成度に持っていくダニエレ君の手腕・・・。恐るべしです。

是非、複数本キープしていただき、5年、10年と熟成させて楽しんでみてください!!
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ピノ・ネーロ[2017] ダニエーレ・ピッチニン

4,752 円
[イタリア/ヴェネト/赤]

※画像は参考画像です。

ビアンコ・ムーニ[2019] ダニエーレ・ピッチニン

2,475 円
[イタリア/ヴェネト/白]

※参考画像となります。

モンテマーグロ[2018] ダニエーレ・ピッチニン

3,069 円
[イタリア/ヴェネト/白]

※参考画像となります。

アリオーネ[2017] ダニエーレ・ピッチニン

4,158 円
[イタリア/ヴェネト/白泡]

2017は糖も十分に焼け切っており、ガス圧も十分(5.9気圧)。濃密ですが、ザックザクです!
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】サラミ・ディ・クラテッロ ストロルギーノ(250g) フェラリーニ

1,922 円
最高級生ハムクラテッロのトリミング材を使用した、やわらかで薫り高いサラミです。くせになるおいしさ。★要冷蔵

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。