ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年2月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お買い物の前に

キャッシュレスで5%還元 キャッシュレス・消費者還元事業

ランキング

イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

レーズンを思わせる熟成したニュアンスがありながらも、まだまだフレッシュな果実感。伸びやかな酸味をもった驚くべき仕上り。

ユンヌ・トランシュ・シュディスト(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

活き活きとした飲み心地の良さと落ち着きのあるバランスの取れた味わい。タンニンも柔らかく、スルスルと喉を通って行く、まさに理想的なテーブルワイン!

《375ml》パッシート[2015] マッサヴェッキア

マッサ・ヴェッキアの天日干ししたアレアーティコで造る甘口ワイン。

ロッソ・ムーニ[2017] ダニエーレ・ピッチニン

味わいに温かみが出て、するする飲めて本当に美味しい! 硬さはまったく無く、驚くほどバランスも良いのでメチャクチャ 美味しいです!

ブリュット・プルミエ・クリュ[NV] ルクレール・ブリアン

シャンパーニュで最も注目を集める醸造家『エルヴェ・ジュスタン』が手掛ける、フランス入手困難シャンパーニュ!「ルクレール・ブリアン」

ホーム > 産地で探す > フランス > 南仏(ラングドックなど) > ドメーヌ・リヴァトン Domaine Rivaton

ドメーヌ・リヴァトン Domaine Rivaton

「この地で素晴らしいワインが造れないなら、自分に才能は無い」


南フランス ルーション地方、フレデリック リヴァトンがこの乾いた大地にやって来たのは2004年。かつては酒精強化したワイン、リヴザルトの産地として栄えたこの地域も現在ではすっかり寂れてしまい、地元の協同組合などもバタバタと倒産しています。その一方で、高い樹齢を誇るブドウ畑の多くが売りに出され、この地での過酷な仕事を覚悟した人だけが、宝石のような畑を手に入れ、ワイン造りに挑戦することができます。フレデリック リヴァトンもその一人。暑く乾燥した大地からみずみずしくエネルギーに満ち溢れるワインを生み出しています。

もともとフランス東部、スイス国境に接するフランシュ=コンテ地方(ワイン産地で言えばジュラ地区を含むエリア)にルーツを持つフレデリック リヴァトン。ワイン造りとは関係の無い家庭に生まれましたが、家族のワイン好きが高じて興味を持ち、ワイン造りを志すようになります。20歳になった時点ではすでにワイン生産者となる決意を固めていたと言います。そして、自身の理想のワイン造りを求めて2004年にルーション地方の街ラトゥール ド フランスにたどり着きます。それ以前は、ブルゴーニュ地方マコン地区のドメーヌ ヴァレットやボジョレー地方のジャン ファワヤール、シャトー ヌフ デュ パプのドメーヌ ド ラ ヴィエイユ ジュリアン、コート デュ ローヌ地方のロッシュ ビュイシェールなどで10年間働きワイン造りを学びました。自然派ワインに出会ったのもこの時。テロワールを純粋に表現し、素晴らしいワインを生み出すにはこの方法しかないと確信を得たと言います。

そんな彼が最終的に生まれ育った土地を離れ、ルーションという土地を選んだ理由はやはり、樹齢100年近いブドウが植わる畑があったからだと言います。この地に馴染みがあったわけではなかった彼が、過酷な気候の大地にしっかりと根付く高い樹齢のブドウ樹たちを目にした時、「この場所で、このブドウで、素晴らしいワインが造れないとしたら自分に才能が無いと言うことだ」と強い信念と決意を持って自身のワイン造りをスタートさせました。ただ理想的なブドウ畑と言っても、この地での畑仕事は過酷を極めます。暑く乾燥した気候の中での畑仕事、どんなに豊作となっても収量は限定的で手間ばかりかかるブドウ栽培、同じくルーション地方の造り手であるカゾ デ マイヨールのアラン カステックスは、この地でのワイン造りに挑戦しようとするとある生産者にこう語りました。

「この地域でのワイン造り、畑仕事は途方もなく辛いものになる。これは避けられない事だから、せめて眺めの良い畑で働くことを選んだほうが良い。」

まさに、フレデリック リヴァトンが栽培を手がける畑からもフランスとスペインの国境を形作っている雄大なピレネー山脈を望むことができます。その自然の発する膨大なエネルギーを一身に受けて、過酷な畑仕事を物ともせずに1本1本に想いを込めていきます。

フレデリック リヴァトンは現在、10.5haほどのブドウ畑に加えて3-4haほどの土地で養蜂や羊の飼育も行っています。栽培に関しては2010年よりビオディナミを取り入れ、除草剤や化学肥料などを用いずに活力溢れるブドウを収穫するために工夫を重ねています。醸造所での仕事はシンプルで、街のガレージをいくつか借り、ポンプを使用せずに重力を利用するなどワインに負荷を与えない方法で醸造を行っています。酸化防止剤となる亜硫酸は発酵前に少量添加し、熟成中や瓶詰め時には添加しません。生産量のほとんどは赤ワインで、その他に少量の白、ロゼ、ロゼペティアンや甘口ワインを手がけています。
8件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィエイユ・ヴィーニュ[2013] ドメーヌ・リヴァトン

3,762 円
[フランス/ルーション/赤]

ワイン名のヴィエイユ ヴィーニュ(古木)の名前の通り、樹齢が60年から100年というブドウ樹から収穫されたカリニャン、シラー、グルナッシュで造られるキュヴェ。

ヴィエイユ・ブイユ[2014] ドメーヌ・リヴァトン

3,465 円
[フランス/ルーション/赤]

ヴィエイユ・ヴィーニュとフィリブイユをブレンドして造られたキュヴェ。
紫系の果実の凝縮した旨味とスモーキーなフレーバーに加えて、色々な区画の個性が混じりあった結果のしなやかな果実味も印象的です。

グリブイユ[2013] ドメーヌ・リヴァトン

3,839 円
[フランス/ルーション・赤]

果実味の凝縮感や複雑味、スパイシーさがありながら決して重く感じさせ過ぎないバランスの味わい

グリブイユ[2012] ドメーヌ・リヴァトン

3,465 円
[フランス/ルーション・赤]

グリブイユはフランスのアニメーションのキャラクタ。キュヴェヴィエイユ ヴィーニュと同じく樹齢が80年から110年の古木。

《1500ml》グリブイユ[2011] ドメーヌ・リヴァトン

7,667 円
[フランス/ルーション・赤]

グリブイユはフランスのアニメーションのキャラクタ。キュヴェヴィエイユ ヴィーニュと同じく樹齢が80年から110年の古木。

※画像は参考画像となります
※1500ml

パノラミック・ロゼ・ペティアン(2014) ドメーヌ・リヴァトン

2,618 円
[フランス/ルーション・ロゼ微泡]

素朴で旨み溢れるスパークリングワイン(微発泡)

トンベ・デュ・シエル(2014) ドメーヌ・リヴァトン

2,717 円
[フランス/ルーション・赤]

15年から20年の比較的若い樹齢のシラー及びカリニャンで造られるキュヴェ。

グリブイユ[2010] ドメーヌ・リヴァトン

3,553 円
[フランス/ルーション・赤]

グリブイユはフランスのアニメーションのキャラクタ。キュヴェヴィエイユ ヴィーニュと同じく樹齢が80年から110年の古木。
8件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ ムントリヴェ [2016] アルフィエロ・ボッファ

2,772 円
力強さとタンニン分、果実感もしっかりの濃密な味わい。
豊富なタンニン分が特徴。10年以上の熟成に耐える素晴らしいバルベーラです!

《500ml》アルモニア[2017] ヴァルディソーレ

2,970 円
ヴァルディソーレの攻めたワインの中でもバランスやハーモニーのセンスを重視、辛口に仕込んだモスカート・ビアンコをブレンドして、繊細で若いうちから香り高いワインです。

【*】オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ パラディーソ・ディ・マンフレディ

5,691 円
イル・パラディーソ・ディ・マンフレディのオリーヴオイル。
ブルネッロの畑のわきに植わるオリーヴの木から作られる極少量作られるオイル。日本への入荷量はわずかという貴重なオイルです。

ラボソ[2017] ガッティ

2,871 円
ポンテ・ディ・ピアーヴェの土着品種ラボーソ。赤紫蘇のような香りとほどよいタンニンと酸味があり飲み疲れない1本です。

006 [2006] クメティヤ・シュテッカー

7,150 円
ピノ・グリージョ100%。天然酵母のみで発酵。10日間マセラシオン、しっかりとした味わいです。

ゲヴュルツトラミネール・ド・ステファン[2016] レ・ヴァン・ピルエット

3,366 円
果実を素直に楽しめる楽しいアルザスワイン。肉付きが良く若いうちから楽しめ、香も初めから開く「レ・ヴァン・ピルエット」

《1800ml》日置桜 鍛造火入れにごり山田錦 29BY

3,300 円
内田百種園産の自然農法で栽培された無農薬米100%使用。温めて燗することで米の持つ滋味が現れ、飲むほどに食欲を掻き立ててくれます。これからの季節お燗でお楽しみください。