ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年5月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ビアンコ・フリッツァンテ・ボッレ・バンディーテ[2018] ガッティ

澱も一緒にボトリング、澄んだ味わいからビン底は濁りのある味わいへ2段階で楽しんでいただける1本です。

サンタ・ディエチ Santa 10

トスカーナの中心に位置するキャンティ地区。そのすぐ单の歴史ある街シエナの郊外に位置するのがサンタ10。シエナに5軒ほどしか残っていないカンティーナのうちの1つで1.5haの葡萄畑と480本のオリーヴの樹を含む8haの土地を所有していて生産量は500ケースのみという極々小さな造り手。
オーナーであるジャンニ・マッソーネは会計士として生計を立てながらワイン造りに没頭し始める。シエナから近いコッリ・セネージの友人であるパーチナのステファノ、ジョヴァンナ夫妻の指導もあって自然な栽培・自然な醸造へ傾倒していくこととなる。 キャンティにはないトゥーフォ土壌 『シエナの黄色い土“トゥーフォ”の畑を理解することから始め、祖父母の時代のワイン醸造方法を研究し、実践している』(ジャンニ・マッソーネ)土壌は火山噴火に由来する凝灰岩と砂を多く含む特徴的な構成でキャンティ地区には存在しない土壌。
元々50年以上も放置されていた葡萄畑は荒れ放題であったが土壌自体は健全性を保っていた。2003年、高品質なワインを造る為に一部を植え替え、2007年よりワイン造りを始める。子供達と共に畑近くで生活していることもあり、農薬や殺虫剤、防カビ剤などを一切使用していない。そして、パーチナに倣って無施肥の自然農法を実践している。『畑では毎日、飼い犬と子供達が遊んでいるが、薬品を使用していないので何の心配もない。最高の遊び場だ』畑での自然に対するリスペクト同様、中世の小さい塔を修理した小さなセラーの中でもシエナの自然を活かすべく、出きる限り人為的介入を排除したワイン造りを目指している。

テロワールの表現には向かないので培養酵母は一切使用しない。葡萄畑に住む自然酵母のみ。フィルターもかけない。ボトリング時の電動ポンプまで不使用とし、栽培、収穫、醸造、ボトリングまで全工程を人間の手によってのみ行っている。
エチケットに込められた想い 『母親から葡萄畑と中世の小さい塔を相続し、葡萄畑を整備。塔の地下の部屋を修復していたら、そこはその昔ワイン貯蔵庫であったことが判明した。その時このワイン造りという私の夢の選択は正しかったと確信した』現在、ジャンニ・マッソーネ本人は会計士とワイン造りの両立。奥様は大学の数学教師を辞め、自宅で小さなアグリツーリズモを経営することでジャンニのワイン造りの夢を支えている。そんな家族を象徴しているのが特徴的なエチケット。
『家族の生活の象徴である“家”と人生とワイン造りの象徴である“樹”。4つの葉は家族4人を表しています。生活とワイン造りを通して家族が成長していくことをイメージしています』彼のワインは既に驚くべき品質に到達しているが、まだまだ樹齢の低さなど未熟な要素が多い。しかし、彼のワインには中心にしっかりと上質な酸の美味しさが存在している。樹齢が高まるのと共に、より複雑なワインへと進化するはずだ。進化するジャンニの仕事と高まっていく樹齢によるワインの成熟が楽しみでたまらない。(輸入元資料より)

2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

サンタ・スビト[2016] サンタ・ディエチ

2,772 円
[イタリア/トスカーナ・赤]
※参考画像となります。

サンタ・ディエチ[2013] サンタ・ディエチ

4,554 円
[イタリア/トスカーナ/赤]

※参考画像となります
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!