ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ホーム > 産地で探す > イタリア > ラツィオ > モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

初めて瓶詰めされた修道院ワイン!
「コエノビウム」・・・、この白は凄い!!





『あれっ?こんなに美味しかったっけ!?』



このワインを輸入するヴィナイオータの太田さんが、日本に入ってきたこの「コエノビウム」を一緒にのんだ時に物凄く驚いておりました。


以前、太田さんがハンドキャリーで持ってきたワインを飲んだのですがフルーティーで軽くふんわりとした質感。
ミネラル感はありますが、それよりは果実味が前面に出ており、飲みやすくて美味しくて、俗っぽい言い方をすれば、


「誰にでもオススメしやすく、売りやすいワイン」という印象でした。



ですが、日本に届いたこの『コエノビウム』を飲んだとき、第一印象はかなり強烈!
マルヴァジアから由来の、フルーツ感、南国の熟したマンゴーを思わせるような、甘い香りの奥に、酸味そして金属的なニュアンスを感じます。




口に含むと、以前飲んだときには感じられなかったほどのボリューム感
とエキス分!
しかし、完全な辛口で、ソリッドに後味が切れる飲み心地と、余韻の強烈なミネラル感にはゾクッとさせられる程の凄味を感じさせられる程・・・。



僕はこのコエノビウムを飲んで最初に頭に浮かんだのはマッサヴェッキアの偉大な白ワイン『アリエント』。


アリエントの2002年のリリース直後に通じる雰囲気を感じてしまいました。


あとはパオロ・ベアの白の「サンタ・キアーラ」に似ているという意見もあったそうです、なるほど!




この『コエノビウム』、実は一般のワイナリーで造られている物では
ありません。
実は、ベネディクト派の修道院の修道女たちによって作られているワインなのです。




モンテファルコ最上の造り手「パオロ・ベア」のジャンピエロ・ベアの彼女(現奥さん)がたまたまこの修道院を訪れたのが事の始まり。直売所で販売しているワインなどを、ジャンピエロに買って帰ったところ、


《このワインは自分のワインに似ている》



という事で、ジャンピエロがすぐにこの修道院を訪れました。
通常は、その場でタンクから空き瓶に瓶詰めしたり、ダミジャーナで量り売りをしているようなワインだったのですが、


少しでも修道院の利益のためになるようにと、瓶詰めをすすめ、そして販売先(日本のヴィナイオータです)、さらにはラベルのデザインまで用意してこの度リリースされることになりました。


現地で飲んだ時の印象から太田さんは、


「まさかこんなに凄くなると思ってなかった」
「僕が一番ビックリしてるよ!」


と脱帽しておりました。
輸入元さえも(良い意味で)期待を裏切ってくれた『コエノビウム』。


今飲んでも素晴らしく美味しいですし、数年熟成させるともっと凄くなりそうです!


この価格でこれだけのポテンシャルのワイン・・・、修道院製でないと絶対にありえないですよね!
(一般の造り手なら、絶対に値上げしてます)




ヴィトルキアーノという町にある、78人の修道女の住む、ベネディクト修道会シトー派の修道院。沈黙・祈祷・精進・労役の厳粛な戒律の下に労働・作業を行い、ワイン以外にチョコレート、ジャムなどを生産し販売している。


モンテファルコのジャンピエロ・ベアの勧めで、それまで量り売りしかしてなかったワインを一部ボトリングして販売することにした。


畑ではボルドー液以外の農薬は一切使わない有機農法を実践。
ワイナリーでは、ブドウ圧搾時に極少量の2酸化硫黄を使うのみで、ボトリングの際には一切使用しない。温度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。


白1種類のみを生産し、セパージュはヴェルディッキオ35%、トレッビアーノ35%、グレケット10%、マルヴァジーア10%にロッセット10%。ボトル売り用にはより樹齢の古い樹のブドウを使用している。

輸入元ヴィナイオータ資料より抜粋



4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

《500ml》オーリオ(2021) モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

3,366 円
[イタリア/ラツィオ/オリーブオイル]

ベネディック[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

2,772 円
[イタリア/ラツィオ/赤]

ベネディックは、この地域の伝統的なセパージュで、チリエジョーロとサンジョヴェーゼのブレンドのワイン。

※参考画像となります。

ルスクム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

3,267 円
[イタリア/ラツィオ/白]

ラベルのデザインもパオロ・ベアのジャンピエロが手掛けました。 この価格で、これだけのレベルの物ができるというのは本当に驚きです。畑では、草刈りもほぼ手作業。無農薬でブドウ栽培。※ルスクム(旧ルスティクム)に名称変更しました。

※参考画像となります。

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

2,574 円
[イタリア/ラツィオ/白]

ラベルのデザインもパオロ・ベアのジャンピエロが手掛けました。 この価格で、これだけのレベルの物ができるというのは本当に驚きです。畑では、草刈りもほぼ手作業。
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!