ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お買い物の前に

ランキング

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

シャンパーニュ・フォッス・グリュリー・オートルモン[NV(2012)] リュペール・ルロワ

あのプレヴォーやヴェット・エ・ソルヴェにも比肩するシャンパーニュ!

カライアンク[2017] イル・モルテッリート

レモンをかじったような甘酸っぱさ。でも単なる” 酸っぱさ” にはならず、果実の甘みや旨みとの調和が素晴らしい。 暑い日には特におすすめです。

レ・ランドマン・キ・シャントゥ[2016] ル・トン・デ・スリーズ

華やかでありながら華美になり過ぎない品の良い風味があり、ふくらみのある果実味、繊細かつ長い余韻が魅了です。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ラツィオ > モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

初めて瓶詰めされた修道院ワイン!
「コエノビウム」・・・、この白は凄い!!





『あれっ?こんなに美味しかったっけ!?』



このワインを輸入するヴィナイオータの太田さんが、日本に入ってきたこの「コエノビウム」を一緒にのんだ時に物凄く驚いておりました。


以前、太田さんがハンドキャリーで持ってきたワインを飲んだのですがフルーティーで軽くふんわりとした質感。
ミネラル感はありますが、それよりは果実味が前面に出ており、飲みやすくて美味しくて、俗っぽい言い方をすれば、


「誰にでもオススメしやすく、売りやすいワイン」という印象でした。



ですが、日本に届いたこの『コエノビウム』を飲んだとき、第一印象はかなり強烈!
マルヴァジアから由来の、フルーツ感、南国の熟したマンゴーを思わせるような、甘い香りの奥に、酸味そして金属的なニュアンスを感じます。




口に含むと、以前飲んだときには感じられなかったほどのボリューム感
とエキス分!
しかし、完全な辛口で、ソリッドに後味が切れる飲み心地と、余韻の強烈なミネラル感にはゾクッとさせられる程の凄味を感じさせられる程・・・。



僕はこのコエノビウムを飲んで最初に頭に浮かんだのはマッサヴェッキアの偉大な白ワイン『アリエント』。


アリエントの2002年のリリース直後に通じる雰囲気を感じてしまいました。


あとはパオロ・ベアの白の「サンタ・キアーラ」に似ているという意見もあったそうです、なるほど!




この『コエノビウム』、実は一般のワイナリーで造られている物では
ありません。
実は、ベネディクト派の修道院の修道女たちによって作られているワインなのです。




モンテファルコ最上の造り手「パオロ・ベア」のジャンピエロ・ベアの彼女(現奥さん)がたまたまこの修道院を訪れたのが事の始まり。直売所で販売しているワインなどを、ジャンピエロに買って帰ったところ、


《このワインは自分のワインに似ている》



という事で、ジャンピエロがすぐにこの修道院を訪れました。
通常は、その場でタンクから空き瓶に瓶詰めしたり、ダミジャーナで量り売りをしているようなワインだったのですが、


少しでも修道院の利益のためになるようにと、瓶詰めをすすめ、そして販売先(日本のヴィナイオータです)、さらにはラベルのデザインまで用意してこの度リリースされることになりました。


現地で飲んだ時の印象から太田さんは、


「まさかこんなに凄くなると思ってなかった」
「僕が一番ビックリしてるよ!」


と脱帽しておりました。
輸入元さえも(良い意味で)期待を裏切ってくれた『コエノビウム』。


今飲んでも素晴らしく美味しいですし、数年熟成させるともっと凄くなりそうです!


この価格でこれだけのポテンシャルのワイン・・・、修道院製でないと絶対にありえないですよね!
(一般の造り手なら、絶対に値上げしてます)




ヴィトルキアーノという町にある、78人の修道女の住む、ベネディクト修道会シトー派の修道院。沈黙・祈祷・精進・労役の厳粛な戒律の下に労働・作業を行い、ワイン以外にチョコレート、ジャムなどを生産し販売している。


モンテファルコのジャンピエロ・ベアの勧めで、それまで量り売りしかしてなかったワインを一部ボトリングして販売することにした。


畑ではボルドー液以外の農薬は一切使わない有機農法を実践。
ワイナリーでは、ブドウ圧搾時に極少量の2酸化硫黄を使うのみで、ボトリングの際には一切使用しない。温度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。


白1種類のみを生産し、セパージュはヴェルディッキオ35%、トレッビアーノ35%、グレケット10%、マルヴァジーア10%にロッセット10%。ボトル売り用にはより樹齢の古い樹のブドウを使用している。

輸入元ヴィナイオータ資料より抜粋



現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

パテ・ド・ポー(200g) アンヌ・ローズ

1,101 円
人気のアンヌ・ローズからパテが入荷しました!
そのままバゲットにのせるだけで絶品おつまみ!!

ビアンコ・ルーゴリ[2016] ダヴィデ・スピッラレ

2,484 円
ほど良い酸と優しい果実味のワイン。

気軽にスルスルと飲めてしまい、いつの間にかボトルも空になってしまうほどです。

《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

13,770 円
卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

今なら通常価格より15%OFF!!

ブリュット・トラディション[NV] ガストン・シケ

4,298 円
非常にきめが細かい泡立ちで、クリーミーでしっとりとした味わい。
味わいの芯がありながらも柔らかく、食前酒から食中酒としてもいける万能選手!

《333ml》アランチャータ・マードレ(オレンジソーダの原液) サバディ

1,382 円
炭酸で割るだけで、すっごくおいしいオレンジソーダに!!

凍らせてシャーベット状にするのもおすすめです。

《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

831 円
本物のイタリア産トマト缶。
スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

ルスティコーネ(14/16) レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

2,570 円
赤とは思えない素晴らしい飲み心地をもったワインです!
造り手のジャンマルコ曰く、食事と合わせるというより、昼と夜の間、おやつと一緒に飲めるワイン。とのことですが、簡単なおつまみと一緒にお試しあれ♪

シードル・ア・プロポ・デエール[2016] シードレリー・デュ・ヴュルカン

3,952 円
果実と酸味のバランスが素晴らしい!決して甘ったるくなく、スイスイと飲み進んでしまうシードルです。
暑い日には氷を入れてゴクゴクとどうぞ♪

《720ml》順子 純米酒ペティアン山田錦

1,944 円
プチプチとはじける心地よい泡にふんわりとお米のうまみが広がるやわらかい口当たり、やさしい甘みと酸味がさわやかな
すっきりペティアン。 

ミュラートゥルガウ・ローサルファー[2017] リンクリン

1,933 円
甘口なワインのイメージのあるドイツワイン。
でもこのワインは違いますよ!
親しみやすく、フレッシュでさわやかな果実味とミネラル。場所がらアルザスのピエール・フリックような自然なワインを目指しているリンクリン!