ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年4月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

お買い物の前に

ランキング

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

ルージュ・ゴルジュ[2022] ムーラン・ド・ラモー

オーヴェルニュのガメイをノンフィルター、SO2無添加で仕上げました。フレッシュで華やかな香りのあるフルーティーなワインですが、非常に奥行きがあり舌に染み入るような旨味が特徴です。

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

ブリケット[2022] カーサ・コステ・ピアーネ

グレラ(プロセッコ)主体にリースリングとヴェルディーゾを混ぜて造られる瓶内二次醗酵発泡性ワイン。リースリング種由来の厚みのあるミネラルと豊かな芳香が綺麗なスパークリング。日々心地良くしみわたるこの小さく偉大なワインです!

コフェレルホフ Kofererhof

コフェレルホーフ






イタリア最北の産地がアルト・アディジェのヴァッレ・ダオスタ地区。

アルト・アディジェの州都ボルツァーノから北へ20km以上、更に20kmも行けばオーストリア領となる国境付近に位置する。

言語はドイツ語が主となっていて街の道路標識もドイツ語。 この辺り一帯は南チロル地方と呼ばれ、住人は自らのことを南チロル人と呼ぶ。

郊外にはブリューワリーが点在し、街にはビア・パブが立ち並び、皆プレッツェルを頬張っている。 食文化も勿論、ワイン造りもオーストリアの文化を色濃く反映させていて、適度なアルコールに繊細で伸びやかな酸とクリスピーなミネラルが印象的。 他には存在しない独自の文化がここにはある。

イサルコ渓谷は険しくテラス状になっていて、急斜面の畑は葡萄生育にとっては非常に厳しい環境となっている。 標高は700mを超え、場所によっては1000mを超える。 よって、育つ葡萄品種はシルヴァーナーやミュラートゥルガウ、ケルナー、そしてリースリングなど気温の低さに対応できるトドイツ系品種が主になっている。

ヴァッレ・イサルコの象徴はノヴァチェッラ修道院。 壮大な規模の修道院で観光地としても有名だが、地域に根ざして高品質なワイン造りやりんご栽培も行っている。 コフェレルホーフは1940年から葡萄栽培を行っていて、1995年に瓶詰めを始めるまでアバッツィア・ディ・ノヴァチェッラに葡萄の状態で販売していた。


コフェレルホーフの葡萄の品質の高さは有名で単独でのボトリングの希望が高まり、95年以降、5.8ヘクタールの畑から年産僅か4000ケース弱を生産、販売するに至っている。 畑は肥沃な黒い土壌に若干の砂質が混じる。 街は崖の窪地にできていて畑は街や修道院に隣接している。 その為、畑では科学薬品の使用を避けていて、使われるのは硫黄、銅のみ。(これも最低限の量に抑えられる) 植樹率はヘクタールあたり6000~7000本の高密植。 葡萄が育つ限界に近い標高だけに昼夜の寒暖差は非常に大きく、葡萄に強靭な酸を与える。


一方で、夏場はイタリアでも最も高い気温になることもある位に日照条件が良く、この時期に葡萄の生育度は上がる。 発酵・熟成に関しては基本的にステンレスタンクのみで葡萄品種本来の香や味わいの個性を大切にしている。(ピノグリージョとシルヴァーナーは一部古木樽を使用) 所有畑はピノ・グリージョ:1.25ha ゲヴュルツトラミネル:0.85ha ケルナー:1.8ha ミュラー・トゥルガウ:0.8ha シルヴァーナー:0.65haとなっている。 いずれのワインも、ほとんどが地元リストランテでしか飲めないワインであったが、今回初めて日本向けに極少量出荷が実現した。
(輸入元資料より)

1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴァッレ・イサルコ・シルヴァネール・エッレ[2020] コフェレルホフ

5,742 円
[イタリア/アルト・アディジェ/白]

コフェレルホーフの最高峰!
シルヴァネールRが入荷です。

※参考画像となります
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

コッリ・トルトネージ・ドルチェット ”イル・ブリッコ・デッレ・ストレーゲ”[2022] ラ・モレッラ

3,069 円
ロマと風味を維持するために濾過や清澄をせずに瓶詰め。古典的な手法で作られた、素晴らしいドルチェット。しっとりとした質感と旨味を持った口当たりの柔らかさが特徴。

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
レッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワインお手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カベルネ・ソーヴィニヨン2021  クォーサーワインズ

2,376 円
クリコ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカベルネ・ソーヴィニョン。深みのある濃い紫色で、熟した赤い果実、グリーンペッパーなどのハーブ系のアロマ。フレッシュでフルーティ、ラズベリー、甘草、ダークチョコレートのフレーバーがあります。少し冷やしても美味しく召し上がれます。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

3,100 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。