ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年5月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

【5/20より出荷開始】チェンティン[2019] カーゼ・コリーニ

ロレンツォの父親ヴィンチェンツォの名(あだ名?)を冠した、ネッビオーロ主体のワイン。単一品種でワインを仕込むことをあまり好まないロレンツォ博士が色やタンニンを付与するためにも少量のバルベーラをブレンドしたこだわりのワイン。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

リーパ・ディ・ソープラヴェント(2022) ヴィットーリオ・グラツィアーノ

とてもクリーンで柔らかな味わいを感じるヴィンテージ。完熟を感じる素晴らしい果実香と、エレガントさ。 飲み心地の良さは素晴らしいの一言!

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

《500ml》パッシート・モンテ・ソーリオ[2016] ラ・ビアンカーラ

陰干したブドウで作られる甘口。ビアンカーラのパッシート。今回の2016年は間違いなく殿堂入りするヴィンテージとなりそうです。甘いワインとしては異常なまでの飲み心地の軽さを備えています。

ホーム > 産地で探す > フランス > コート・デュ・ローヌ > 本拠地 コート・デュ・ローヌ南部 > フレデリック・アニェレー Frédéric Agneray

フレデリック・アニェレー Frédéric Agneray

パリ13区で有名だったL’auberge du 15の守江シェフの料理が忘れられず、彼が独立して開いた「Yoshinori」 を訪問したのが2016年2月。
うきうきしながらワインリストを眺めるも、ボルドーの61シャトーを覚えたばかりだった当時、リストを解読することはできず、とりあえずお手頃な価格のボトルを頼んだ。

「Frédéric Agneray – Les Larrons 2014」 エチケットには青いカエルが二匹。沼の近くで造られるワインなんだろうか。。?
南フランスのワインだったので、大まかな味わいは予想しつつ、特に期待もせず一口。
レストラン着きたてのそわそわした心は一瞬にして、ボトル内の静けさと同化していく。
それは沼地の湿気ではなく、霧がかる早朝の湖面を彷彿させる透明感のある液体であった。
苔むす森や秋雨に濡れる落ち葉。静かに波打つ湖岸から立ち上がる水の香り。
すぐには南フランスのワインとは言えない静逸な造りだった。

「いつか自分がワインを輸入するのであれば、こんなワインを輸入したいなぁ」

まだ社会人にもなっていない自分が、仮にいつかインポーターになったとしても、その頃になってもこのワインが日本未入荷だとは到底思えなく、歯痒い気持ちでワインと守江シェフの料理を楽しんだ。


「Bonjour! よくこの場所が分かったね!」
あれから4年後、僕はフレデリックの玄関先に立っていた。
彼のワインを思い出す度に、日本に輸入されていないかチェックし続けたこの4年。キューピッドの代わりにバッカスが微笑んでくれた。
彼のワインを試飲する前に、畑に案内された。
アルデーシュよりさらに南にあり、シャトー・ヌフ・デュ・ パプと同じ緯度にあるサブラン地区。彼の畑はオークの森に囲まれており、北を向いている。
砂と石灰粘土 の土壌で冷涼とした場所。その1年前に訪問したシャトー・ラヤスの畑を思い出した。
その後、彼の奥さんと天使のように可愛い二人の子供に囲まれながら彼の家で試飲。ワインの味わいはフレデリックの人柄をそのまま反映させたかのようだ。
「透明感があり、ピュアで、何よりも自分の子供達に飲ませたいようなワイン。そんなワインを造りたい。」
それ以上、それ以下の説明を求める必要もない彼の理念と、南フランスの森の中にひっそりと佇むこの家に 自分を導いてくれた運命に心揺さぶられる冬の午後だった。

-------------


フレデリックはかつてパリで現代文学を学んでいたが、スポーツ番組の視聴覚ドキュメンタリストとして働くために勉強を中断した。
その間、彼の余暇を満たしてくれるワインと出会い、ワインに対する想いは日を追うごとに強くなっていった。その中でも彼の情熱を焚きつけたのは、無農薬栽培かつ亜硫酸塩無添加で造られる、いわゆる「ヴァン・ナチュール」であった。

彼はパリにある様々なワインショップを訪問するだけでは飽き足らず、やがて気に入った生産者を直接訪問するようになった。

そのように生活をする中で、フレデリックは現代の農業の問題を指摘する一本の映画に出会う。
その際に抱いた嫌悪感とワインに対する情熱が結びつき、彼は自分でワインを造ることを決心する。


やがてフレデリックはロワール川南部アンジュー地区のモントルイユ=ベレにて農業の基礎を学び、
その後5年間に渡りグランジュ・オ・ベール、クロ・ルジャール、ジョルジュ・ヴェルネ、マス・リビアンでワイン醸造の修行を積む。


その後、彼はワインを造るための土地を探しに南アルデーシュに移住。
探す土地の条件は、良質なワインを生み出すことだけではなく、自然に囲まれ、彼自身が活き活きとした生活を取り戻せることだった。

しかし、いくら探しても彼の心動かす土地に出会えることはなかった。
落胆が重なり、彼はさらに近くにあるガール地区で探すことを決めた。
ある日、3haの土地のオファーをもらい、その土地を見た瞬間、フレデリックはそれが自分のために用意された土地だと直感した。

大きな砂質土壌のテラス、海抜200m、オークの森に囲まれ北を向いた斜面。
ブドウ畑は剪定されておらず、それまでは農薬が使われていた畑ではあったが、驚くほど多様な自然に囲まれていた。
すぐに契約を交わし、2013年12月から畑の手入れが始まった。


2014年の夏にはサブランに家を購入し、ガレージを改造し、ワイナリーに作り替えた。

(輸入元資料より)
5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

カラミテ[2020] フレデリック・アニェレー

3,861 円
[フランス/ローヌ/赤]

重みを感じさせない柔らかく、透明感のあるワイン。香り高く、冷涼感が漂う。
5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

コッリ・トルトネージ・ドルチェット ”イル・ブリッコ・デッレ・ストレーゲ”[2022] ラ・モレッラ

3,069 円
ロマと風味を維持するために濾過や清澄をせずに瓶詰め。古典的な手法で作られた、素晴らしいドルチェット。しっとりとした質感と旨味を持った口当たりの柔らかさが特徴。

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
フレッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワイン。お手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カリニャン[2023]  クォーサーワインズ

2,475 円
マウレ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカリニャンを手摘みで収穫。ブルーベリーやマルベリーのアロマ。豊かな果実味が特徴の瑞々しいワイン。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

3,100 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。