ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年7月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

ヴィアリーア[2020] イル・モルテッリート

収量が少ないモスカート・ジャッロを使用。一部を陰干し、その後に、通常のモストを加えて完全発酵させるという非常に手間のかかった製法。アロマティックで緻密、心地よい飲み心地も。

ゲヴュルツトラミネール・ビルドストゥックレ[2017] ジェラール・シュレール

ちょっとこなれてきたシュレールの上級キュヴェ。ゲヴュルツはやっぱり素晴らしい。キュヴェによってはやや揮発酸がありますが、旨みが勝ちます。

ランゲ・ロッソ[2018] G.D.ヴァイラ

地味に売れ続けているヴァイラ。クラシックなピエモンテ。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ラツィオ > モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ Vitorchiano

初めて瓶詰めされた修道院ワイン!
「コエノビウム」・・・、この白は凄い!!





『あれっ?こんなに美味しかったっけ!?』



このワインを輸入するヴィナイオータの太田さんが、日本に入ってきたこの「コエノビウム」を一緒にのんだ時に物凄く驚いておりました。


以前、太田さんがハンドキャリーで持ってきたワインを飲んだのですがフルーティーで軽くふんわりとした質感。
ミネラル感はありますが、それよりは果実味が前面に出ており、飲みやすくて美味しくて、俗っぽい言い方をすれば、


「誰にでもオススメしやすく、売りやすいワイン」という印象でした。



ですが、日本に届いたこの『コエノビウム』を飲んだとき、第一印象はかなり強烈!
マルヴァジアから由来の、フルーツ感、南国の熟したマンゴーを思わせるような、甘い香りの奥に、酸味そして金属的なニュアンスを感じます。




口に含むと、以前飲んだときには感じられなかったほどのボリューム感
とエキス分!
しかし、完全な辛口で、ソリッドに後味が切れる飲み心地と、余韻の強烈なミネラル感にはゾクッとさせられる程の凄味を感じさせられる程・・・。



僕はこのコエノビウムを飲んで最初に頭に浮かんだのはマッサヴェッキアの偉大な白ワイン『アリエント』。


アリエントの2002年のリリース直後に通じる雰囲気を感じてしまいました。


あとはパオロ・ベアの白の「サンタ・キアーラ」に似ているという意見もあったそうです、なるほど!




この『コエノビウム』、実は一般のワイナリーで造られている物では
ありません。
実は、ベネディクト派の修道院の修道女たちによって作られているワインなのです。




モンテファルコ最上の造り手「パオロ・ベア」のジャンピエロ・ベアの彼女(現奥さん)がたまたまこの修道院を訪れたのが事の始まり。直売所で販売しているワインなどを、ジャンピエロに買って帰ったところ、


《このワインは自分のワインに似ている》



という事で、ジャンピエロがすぐにこの修道院を訪れました。
通常は、その場でタンクから空き瓶に瓶詰めしたり、ダミジャーナで量り売りをしているようなワインだったのですが、


少しでも修道院の利益のためになるようにと、瓶詰めをすすめ、そして販売先(日本のヴィナイオータです)、さらにはラベルのデザインまで用意してこの度リリースされることになりました。


現地で飲んだ時の印象から太田さんは、


「まさかこんなに凄くなると思ってなかった」
「僕が一番ビックリしてるよ!」


と脱帽しておりました。
輸入元さえも(良い意味で)期待を裏切ってくれた『コエノビウム』。


今飲んでも素晴らしく美味しいですし、数年熟成させるともっと凄くなりそうです!


この価格でこれだけのポテンシャルのワイン・・・、修道院製でないと絶対にありえないですよね!
(一般の造り手なら、絶対に値上げしてます)




ヴィトルキアーノという町にある、78人の修道女の住む、ベネディクト修道会シトー派の修道院。沈黙・祈祷・精進・労役の厳粛な戒律の下に労働・作業を行い、ワイン以外にチョコレート、ジャムなどを生産し販売している。


モンテファルコのジャンピエロ・ベアの勧めで、それまで量り売りしかしてなかったワインを一部ボトリングして販売することにした。


畑ではボルドー液以外の農薬は一切使わない有機農法を実践。
ワイナリーでは、ブドウ圧搾時に極少量の2酸化硫黄を使うのみで、ボトリングの際には一切使用しない。温度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。


白1種類のみを生産し、セパージュはヴェルディッキオ35%、トレッビアーノ35%、グレケット10%、マルヴァジーア10%にロッセット10%。ボトル売り用にはより樹齢の古い樹のブドウを使用している。

輸入元ヴィナイオータ資料より抜粋



1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

コエノビウム[2019] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

2,475 円
[イタリア/ラツィオ/白]

ラベルのデザインもパオロ・ベアのジャンピエロが手掛けました。 この価格で、これだけのレベルの物ができるというのは本当に驚きです。畑では、草刈りもほぼ手作業。
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

トスカーナ・ビアンコ[2020] オットマーニ

2,475 円
トレッビアーノのボディ、マルヴァジアの香り。飲み心地の軽やかな(でも味のある)白ワインです!ほんとうにおすすめ!

【*】手作り焼肉のたれ(200g) 梶田商店

432 円
保存料・食品添加物無添加!梶田さんのお醤油を贅沢に使った焼肉のたれ!

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
古木の在来品種カニーノ、レッチーノ、フラントイオのブレンドです。丁寧にコールドプレスで圧搾。たっぷり750ml!

イル・マイオーロ・エミリア・ロッソ[2004] イル・マイオーロ

3,465 円
本業の弁護士業が忙しすぎて売る暇がない~!そんな変わった理由でお得な価格でリリースするイル・マイオーロ。7年熟成の2004年最終在庫が入荷しました!

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
夫婦で別のワイナリーでそれぞれ醸造家をしているカルロ夫婦。お子さんの手がちょっと離れた2018年から大躍進(笑)!1年熟成させた”2nd”は破格の出来です!

アジネジナウ[2019] パーネヴィーノ

6,050 円
サルデーニャの鬼才パーネヴィーノ2019年!カンノナウ、カリニャーノ   サルデーニャ語で“ご近所さんのブドウ”意味するアジネジナウは、その名の通り近隣の農家が育てたカンノナウ&カリニャーノで造るワインです。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

シードル・ド・チュゴルヴィ[2019] シードルリー・デュ・ヴュルカン

2,871 円
非常に古い品種でつくられた辛口のシードル。