ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年6月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お買い物の前に

ランキング

【5/20より出荷開始】チェンティン[2019] カーゼ・コリーニ

ロレンツォの父親ヴィンチェンツォの名(あだ名?)を冠した、ネッビオーロ主体のワイン。単一品種でワインを仕込むことをあまり好まないロレンツォ博士が色やタンニンを付与するためにも少量のバルベーラをブレンドしたこだわりのワイン。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

リーパ・ディ・ソープラヴェント(2022) ヴィットーリオ・グラツィアーノ

とてもクリーンで柔らかな味わいを感じるヴィンテージ。完熟を感じる素晴らしい果実香と、エレガントさ。 飲み心地の良さは素晴らしいの一言!

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

《500ml》パッシート・モンテ・ソーリオ[2016] ラ・ビアンカーラ

陰干したブドウで作られる甘口。ビアンカーラのパッシート。今回の2016年は間違いなく殿堂入りするヴィンテージとなりそうです。甘いワインとしては異常なまでの飲み心地の軽さを備えています。

ホーム > 産地で探す > イタリア > カンパーニャ > カンティーナ・ジャルディーノ Cantina Giardino

カンティーナ・ジャルディーノ Cantina Giardino

南イタリアの最高貴品アリアーニコの可能性を極めた傑作!
話題の『カンティーナ・ジャルディーノ』



南伊を代表する都市ナポリのあるカンパーニャ州。

そのカンパーニャの赤ワインと言えば、やはり南イタリアのネッビオーロとまで評される高貴なブドウ「アリアーニコ」から造られる『タウラージ』が有名。


長期熟成型の偉大なポテンシャルを秘めると言われるタウラージですが、
現実は、バローロやブルネッロ程の需要もなく、多くのブドウ栽培農家は自分たちでワイン造りをすることなく、大手にブドウを安く供給・・・。


そうなると、キロ単位で買い付ける大手のワイナリーの需要に答えるため生産性の劣る古木、そして良質のクローンのブドウは抜かれ、多産型のクローンや樹勢の強い若木に植え換えられて言ってしまう・・・。


こうなると、良質なブドウは収穫できず、ワインの品質は下がり、カンパーニャの伝統的な偉大なアリアーニコは生まれなくなってしまう。


この負の連鎖にくさびを打ち込む人物が遂に登場致しました!

《しかも、大手のワイナリーの側から!!》


そう、カンティーナ・ジャルディーノの醸造家『アントニオ・デ・グルットラ』は、カンパーニャの名門マストロベラルディーノ社で醸造家として働いていました。


しかし、タウラージの伝統を守るため、友人たちの出資を受け独立。
「カンティーナ・ジャルディーノ」を6人の仲間たちと設立しました!


醸造家として働いていたアントニオ氏は、小さな区画の、とても商業ベースに乗せるほどのブドウを収穫できない・・・。

そこで彼は、マストロベラルディーノ時代の伝を利用し、優秀な真面目に有機栽培などを実践するブドウ栽培農家からブドウを手に入れ、ほとんどすべてのブドウを買いブドウで賄っています。


実は、アントニオ氏は、ブドウ栽培農家から通常の相場より安くブドウを購入させて貰っているのだそうです。
(インポーターの資料と違いますね?)


その代りに、意欲のある農家には大手にブドウを売るのでは無く彼らが自分たちのラベルで瓶詰めし、自分たちで自立できるように、無料でエノロゴとして彼らの仕事を手伝っているのだそうです。
お互い助け合い、この地のワイン文化、そして伝統を守っていこうとする試み・・・。本当にスゴイですよね。



そんなアントニオ氏が造り出す『カンティーナ・ジャルディーノ』のワイン入荷しております!!


アリアーニコ100%から造られる赤も本当に素晴らしいのですが、白ワインも本当に素晴らしい!
そして個人的にはぜひ、とっても飲み心地の良いコーダ・ディ・ヴォルペ・ロッサで造られたロゼ『ヴォルペ・ローザ』は絶対に試して頂きたいです!


そして偉大なタウラージでも太刀打ちできない程の凄味。
圧倒的な飲み心地を両立した『ヌーデ』、『ドロゴーネ』はかなり衝撃的なだと思います!


「重い赤ワイン」というイメージを払しょくしてくれる、《エキスの強さ》、《スケールの大きさ》を持ちながらも素晴らしい飲み心地を両立した『カンティーナ・ジャルディーノ』!


南イタリアワインのイメージを覆す衝撃的なワインです!


エノーロゴであるアントニオ・デ・グルットラを中心として、6人の仲間が共同出資して始めたワイナリー。それまでも仲間内の自家消費用にブドウを購入し、2000本程度のワインを醸造していたのだが、タウラージ生産地域のブドウ栽培農家が、新しく畑を仕立て直す農家対象の助成金を得るために高樹齢のブドウを抜いていく現状に危機感を感じた彼らは、2003年からワイナリーとしてのワイン生産を始める。


タウラージ生産地域は地価が高く、若い彼らは畑を買うことを断念、信頼の置けるブドウ栽培農家から購入したブドウで生産することに。樹齢の古いブドウ樹は、若い樹に比べると収量が少なくなるため、ブドウを売って生計を立てている農家としては生産性の高い畑に仕立て直すことは魅力的に思えるわけだが、アントニオは伝統的なブドウ樹の仕立て(ラッジエラ・アヴェリッネーゼ)、高樹齢の樹などの持つ文化的価値を農家に認識さしてもらおうとしており、あえて歩留まりの悪い高樹齢の樹を守る対価として、市場価格よりも高額でブドウを購入するようにしている。


もともと畑で除草剤などの化学的な薬剤を使用していなかった農家に、草生栽培や無肥料での栽培など、さらに踏み込んだ農法を依頼しより高品質のブドウを生産してもらっており、それまでは生産したブドウを売っていただけのそれら農家は、アントニオの醸造面、マーケティング面での援助により、自らワインを生産し、ボトリングするまでになっていて、双方にとって有効かつ建設的な関係が築かれている。すべてのワインは、無清澄、ノンフィルターでボトリングされている。

インポーター資料より抜粋
23件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
1 | 2 次へ>>

ドロゴーネ・ランビック(1500ml) カンティーナ・ジャルディーノ

15,950 円
[イタリア/カンパーニャ/ビール(発泡酒)]

2021年ヴィンテージのドロゴーネのヴィナッチャをランビックに入れ再熟成。若いランビックをブレンドして瓶内2次醗酵。

※参考画像となります。実際の商品とは異なります
※1500mlとなります。

《1500ml》ソフィア[2020] カンティーナ・ジャルディーノ

12,100 円
[イタリア/カンパーニャ/白]

※画像は参考画像となります。実際の商品とは異なります
※ラベルに擦れ、破れ、しわなどがある場合がございます

《1500ml》レ・フォーレ[2016] カンティーナ・ジャルディーノ

9,900 円
[イタリア/カンパーニャ/赤]

樹齢70年のアリアニコ、ステンレスタンクで40日間のマセレーション。
大樽で6ヶ月、ステンレスタンクで6ヶ月熟成、2酸化硫黄無添加

※写真は参考画像となります。実際の商品とは異なります

《1500ml》パスキ[2018] カンティーナ・ジャルディーノ

11,000 円
[イタリア/カンパーニャ/白]

ブドウは樹齢60年のコーダ・ディ・ヴォルペ。4日間のマセレーション。全体の7割は栗とアカシアの大樽で醗酵、残りは樫の大樽。

※参考画像となります。実際の商品とは異なります
※ラベルに擦れ、破れ、しわなどがある場合がございます

ヌーデ[2013] カンティーナ・ジャルディーノ

7,425 円
[イタリア/カンパーニャ/赤]

3ヶ月間醸し醗酵、栗樽で5年熟成

※参考画像となります。

キャンツァーノ・ロッソ[2020] カンティーナ・ジャルディーノ

5,346 円
[イタリア/カンパーニャ/赤]

キャンツァーノと彼らが呼ぶ区画。

ヴォルペ・ローザ[2021] カンティーナ・ジャルディーノ

5,346 円
[イタリア/カンパーニャ/ロゼ]

※参考画像となります

《1000ml》コントローラ・ロザート[2022] カンティーナ・ジャルディーノ

5,544 円
[イタリア/カンパーニャ/ロゼ]


※参考画像となります

ガイア[2021] カンティーナ・ジャルディーノ

5,346 円
[イタリア/カンパーニャ/白]


※参考画像となります

タラ・ラ[2021] カンティーナ・ジャルディーノ

4,752 円
[イタリア/カンパーニャ/白]

※参考画像となります

パスキ[2021] カンティーナ・ジャルディーノ

4,752 円
[イタリア/カンパーニャ/白]

※参考画像となります

フラ[2021] カンティーナ・ジャルディーノ

4,752 円
[イタリア/カンパーニャ/白]

※参考画像となります

《1500ml》ヴィーノ・ロザート・アンフォラ[2020] カンティーナ・ジャルディーノ

5,940 円
[イタリア/カンパーニャ/ロゼ]

※参考画像となります

《1500ml》ヴィーノ・ロッソ[2018] カンティーナ・ジャルディーノ

5,742 円
[イタリア/カンパーニャ/赤]

※参考画像となります

《1500ml》ヴィーノ・ロッソ・アンフォラ[2018] カンティーナ・ジャルディーノ

5,742 円
[イタリア/カンパーニャ/赤]

※ラベルに破れがございます。ご了承の上、お求めください。
※参考画像となります
1 | 2 次へ>>
23件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

コッリ・トルトネージ・ドルチェット ”イル・ブリッコ・デッレ・ストレーゲ”[2022] ラ・モレッラ

3,069 円
ロマと風味を維持するために濾過や清澄をせずに瓶詰め。古典的な手法で作られた、素晴らしいドルチェット。しっとりとした質感と旨味を持った口当たりの柔らかさが特徴。

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
フレッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワイン。お手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カリニャン[2023]  クォーサーワインズ

2,475 円
マウレ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカリニャンを手摘みで収穫。ブルーベリーやマルベリーのアロマ。豊かな果実味が特徴の瑞々しいワイン。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

3,100 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。