• 別タイプのお酒
  • タイプ別に探す
  • 厳選した食材を集めました !
  • その他のおすすめ
  • ログイン

    ショッピングカート

    商品数:0点

    合計:0 円

    カゴの中を見る

    2020年1月の定休日
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31

    お買い物の前に

    キャッシュレスで5%還元 キャッシュレス・消費者還元事業

    ランキング

    バルベーラ・ダスティ ヴィーニャ・デル・ノーチェ[2007] トリンケーロ

    わかりやすく凝縮した果実味があり、超凝縮したエキス分。 強いミネラル感と、驚くほどの複雑で長い余韻は圧倒的です!!

    オットチェント・ビエーリ[2015] クライ・ビエーレ・ゼミエ

    ほどよい香り高さとミネラルを感じる余韻。タイトな構造をもった素晴らしいワイン。 2007年のヴォドピヴェッツにも通ずる雰囲気もあるように思えます。

    《500ml》 ピパ 3/4 - 2°プレ・ブリティッシュ[2012] バダルッコ

    マルコ・デ・バルトリとはまた少し趣が異なりますが、本当に魅力的で偉大なマルサーラ。

    プイイ・フュイッセC.C.[2016] ギュファン・エナン 

    白ワインの天才醸造家とも評される名手。上質な酸にミネラル、旨味もたっぷり。質感も素晴らしく、うっとりしてしまいます。

    ブリュット・プルミエ・クリュ[NV] ルクレール・ブリアン

    シャンパーニュで最も注目を集める醸造家『エルヴェ・ジュスタン』が手掛ける、フランス入手困難シャンパーニュ!「ルクレール・ブリアン」

    ホーム > 産地で探す > フランス > その他のフランス > その他 > シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    大注目を集める『シャトー・ラッソル』より最新ヴィンテージが入荷いたしました!


    今回のトップキュヴェである『クー・フラン』は14年、15年、16年をブレンド!

    マルチヴィンテージとして『ラッソル』の名前でリリースとなりました。


    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立。ステファニーは、以前は経済学・法学を学んでいましたが、ワインの世界に惚れ込みボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みます。


    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じった土壌。1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種)、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。


    そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。


    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。

    ビオディナミによる栽培方法はマダム・ルロワに師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。

    2013年ごろよりイタリア産の卵型アンフォラタンクを採用して現在も少しづつ増やしています。この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。また、適度な酸化を促すことによりワインに緊張感を与えます。


    そして待望の2016年、アンフォラで仕込んだワインがリリース!
    「ルージュ・ダンフォール」が少量ですが入荷となりました!!

    しなやかで立体感のあるテクスチャーはまさにラッソルの真骨頂です。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。

    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。破砕はごく軽く、もしくは一切なし。


    今回も極少量づつの入荷です。
    是非お早めにどうぞ!!


    -----------------------------------------------

    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立されました。
    ステファニー女史は元は経済学、法学を学んでいました。しかし、ワインの世界に惚れ込み、ボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みました。
    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じります。
    1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。
    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。ビオディナミによる栽培方法はルロワ女史に師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。
    2013年ごろより、イタリア産の卵型アンフォラタンクを採用し、増やしています。
    この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。
    また、適度な酸化を促すことにより、ワインに緊張感を与えます。
    当初4個から始めたアンフォラですが、毎年3~4個増やしていく予定です。
    現時点(2015年)ではアンフォラ100%によるキュヴェはありませんが、将来的に目標としています。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。
    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。
    破砕はごく軽く、もしくは一切しません。
    (輸入元資料より)
    5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
     在庫有り商品のみ表示

    ルージェ・ダンフォール[2017] シャトー・ラッソル

    3,465 円
    [フランス/南西地方/赤]
    “アンフォラの軽い赤、濃いロゼ”の意味。ルージェは赤(ルージュ)とロゼを掛け合わせた造語。赤でもなくロゼでもないため、ルージェがキュヴェ名となりました。

    ブラン・キ・タント[2016] シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    セミヨン100%辛口白ワイン。樹齢はなんと107年。接木されていないフラン・ド・ピエ。今は根が深さ22メートルまで達しているのだとか!

    アド・ナチュラム・ブラン(16/17) シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    ラテン語で“自然に還る”の意味。フランス語でDNAを意味するADN、細胞の世界、命の根源というメッセージ。

    ラッソル[NV(2014+2015+2016)] シャトー・ラッソル

    3,960 円
    [フランス/南西地方/赤]
    自根のカベルネ・フランの衝撃クー・フラン。
    今回、このクー・フランの2014年、2015年、2016年をブレンドしたマルチヴィンテージワイン

    プティ・カノン・ド・ラッソル[2011] シャトー・ラッソル

    2,530 円
    [フランス/南西地方/赤]
    マルベック(樹齢45年)メルロー(樹齢70年)等と、南西地区古来の品種でありつつ消滅寸前のアブリュー(樹齢80年)をブレンドした赤。
    5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

    ピックアップアイテム

    バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ ムントリヴェ [2016] アルフィエロ・ボッファ

    2,772 円
    力強さとタンニン分、果実感もしっかりの濃密な味わい。
    豊富なタンニン分が特徴。10年以上の熟成に耐える素晴らしいバルベーラです!

    《500ml》リボッラ・ジャッラ[2011] ラディコン

    3,861 円
    飲み心地に優れた伸びやかなワイン。

    【*】オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ パラディーソ・ディ・マンフレディ

    5,691 円
    イル・パラディーソ・ディ・マンフレディのオリーヴオイル。
    ブルネッロの畑のわきに植わるオリーヴの木から作られる極少量作られるオイル。日本への入荷量はわずかという貴重なオイルです。

    ラボソ[2017] ガッティ

    2,871 円
    ポンテ・ディ・ピアーヴェの土着品種ラボーソ。赤紫蘇のような香りとほどよいタンニンと酸味があり飲み疲れない1本です。

    006 [2006] クメティヤ・シュテッカー

    7,150 円
    ピノ・グリージョ100%。天然酵母のみで発酵。10日間マセラシオン、しっかりとした味わいです。

    アネマ・エ・コーレ[2016] ポッジョ・トレヴァッレ

    3,850 円
    しっかりとしたエキス分に程よいタンニン分、色合いの割には詰まった果実感お楽しみいただけます。

    ゲヴュルツトラミネール・ド・ステファン[2016] レ・ヴァン・ピルエット

    3,366 円
    果実を素直に楽しめる楽しいアルザスワイン。肉付きが良く若いうちから楽しめ、香も初めから開く「レ・ヴァン・ピルエット」

    アンフォラ・アランチョーネ[2018] グレープリパブリック

    3,960 円
    イタリアでは、アランチョーネはオレンジ色。質が高く、完熟したぶどう由来のしなやかなタンニンと奥行きをもつオレンジワイン。ビネガー、ハーブ、あらゆるスパイスとの相性が抜群です!

    ボニカ・マリエタ[2014] マタン・カルム

    3,960 円
    カリニャンの樹齢は100年以上。グルナッシュノワール樹齢35年の葡萄を使用。フレッシュな味わいです。「ボニカ・マリエタ」カタルーニャ語で「きれいなテントウムシ」 の意味。