• 別タイプのお酒
  • タイプ別に探す
  • 厳選した食材を集めました !
  • その他のおすすめ
  • ログイン

    ショッピングカート

    商品数:0点

    合計:0 円

    カゴの中を見る

    2020年9月の定休日
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

    お買い物の前に

    ランキング

    イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

    レーズンを思わせる熟成したニュアンスがありながらも、まだまだフレッシュな果実感。伸びやかな酸味をもった驚くべき仕上り。

    フリウラーノ・サン・ドリゴ[2018] デニス・モンタナール

    フリウリ的な味わいながら、ラディコンやダリオなどとは全く異なる味わい、個性的だがやさし~い!信じられないポテンシャルを持っています。

    プラルアール[2016] イル・チェンソ

    カタラットを2週間以上皮ごと醸した、しっかりとした深みと真の強さを持った白ワイン。『黄金色』の意味を持つ方言から名付けられたプラルアール。しっかり白好きにおすすめ。

    VDFルージュ・ル・ヴァガボン(2018) ブノワ・カミュ

    しっとりしみじみと旨みを感じさせてくれるヴァガボン。しなやかな果実味とバランスのよい酸味、余韻の柔らかさなどが心地よく、じっくりと空気に触れさせてあげることで、しなやかで柔らかい風味がぐっ~と引き出される女性的な印象のワイン。

    クレマン・ダルザス・ブリュット(NV) ドメーヌ・フィッシュバック

    ブラン ド ブランのシャンパーニュを想起させるような、柔らかで丸みのある果実味と爽快な酸味とのバランスが心地良いクレマンです!

    ホーム > 産地で探す > フランス > その他のフランス > その他 > シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    大注目を集める『シャトー・ラッソル』より最新ヴィンテージが入荷いたしました!


    今回のトップキュヴェである『クー・フラン』は14年、15年、16年をブレンド!

    マルチヴィンテージとして『ラッソル』の名前でリリースとなりました。


    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立。ステファニーは、以前は経済学・法学を学んでいましたが、ワインの世界に惚れ込みボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みます。


    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じった土壌。1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種)、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。


    そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。


    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。

    ビオディナミによる栽培方法はマダム・ルロワに師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。

    2013年ごろよりイタリア産の卵型アンフォラタンクを採用して現在も少しづつ増やしています。この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。また、適度な酸化を促すことによりワインに緊張感を与えます。


    そして待望の2016年、アンフォラで仕込んだワインがリリース!
    「ルージュ・ダンフォール」が少量ですが入荷となりました!!

    しなやかで立体感のあるテクスチャーはまさにラッソルの真骨頂です。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。

    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。破砕はごく軽く、もしくは一切なし。


    今回も極少量づつの入荷です。
    是非お早めにどうぞ!!


    -----------------------------------------------

    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立されました。
    ステファニー女史は元は経済学、法学を学んでいました。しかし、ワインの世界に惚れ込み、ボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みました。
    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じります。
    1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。
    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。ビオディナミによる栽培方法はルロワ女史に師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。
    2013年ごろより、イタリア産の卵型アンフォラタンクを採用し、増やしています。
    この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。
    また、適度な酸化を促すことにより、ワインに緊張感を与えます。
    当初4個から始めたアンフォラですが、毎年3~4個増やしていく予定です。
    現時点(2015年)ではアンフォラ100%によるキュヴェはありませんが、将来的に目標としています。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。
    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。
    破砕はごく軽く、もしくは一切しません。
    (輸入元資料より)
    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
     在庫有り商品のみ表示

    ブラン・キ・タント[2016] シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    セミヨン100%辛口白ワイン。樹齢はなんと107年。接木されていないフラン・ド・ピエ。今は根が深さ22メートルまで達しているのだとか!

    アド・ナチュラム・ブラン(16/17) シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    ラテン語で“自然に還る”の意味。フランス語でDNAを意味するADN、細胞の世界、命の根源というメッセージ。

    ラッソル[NV(2014+2015+2016)] シャトー・ラッソル

    3,960 円
    [フランス/南西地方/赤]
    自根のカベルネ・フランの衝撃クー・フラン。
    今回、このクー・フランの2014年、2015年、2016年をブレンドしたマルチヴィンテージワイン

    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

    ピックアップアイテム

    バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

    2,376 円
    イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

    750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

    2,332 円
    瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
    今回のロットは少し泡が強めです。

    サッサイア・スペシャル・エディション[2018] ラ・ビアンカーラ

    3,410 円
    キレ味良く、飲み心地の良い味わいの「サッサイア」。
    半年間長く樽熟成したスペシャルバージョンです!
    よりふくよかで奥行きのある仕上がり。
    幅広い食事に寄り添ってくれます。

    アルネイズ・デザヤ[2017] カッシーナ・フォルナーチェ

    2,871 円
    2017年はDOCGに落ちてしまいましたが、猛暑に見舞われたために猛烈な凝縮が起きたヴィンテージ。いつも以上に強い 果実味と香り、 アロマの高さ、柔らかみを持った味わいは、むしろ魅力的に感じられます。

    オビ・ワイン・ケノ・ビュル・エピソード 3 [2018] フレデリック・ゲシクト

    4,158 円
    きめ細やかで控え目な泡!酸味が美しく、しっかりと冷やして飲むことで爽やかさがさらに演出されます。

    《330ml》シードル・ロゼ サッシー

    682 円
    ノルマンディー産・ロゼ・シードル。スイート系と酸味の強い品種を中心に、18種類のリンゴをブレンド。甘酸っぱい酸味の後に広がる果実味が心地よく、洗練されたエレガントな味わいが舌に残ります。アルコールも3%と低く食前酒のほか、シャーベットやペストリーなどのデザートのお供にぴったりです!

    マルカレオーネ[2017] クレアルト

    2,772 円
    ピエモンテの言葉で「上出来」を意味するMarcaleone。樹齢60 年以上の古木グリニョリーノから作られる、ピュアな果実味の奥に複雑な旨味があり、変化が楽しめます。

    ロンカイエ スイ・リエーヴィティ[2018] メンティ

    2,673 円
    レモンのような瑞々しい果実味と爽やかな酸味。心地のいい微発泡は、冷やしめで飲めばすっきり爽快!
    気が付けばボトルもからっぽに!?

    少し温度を上げれば白桃のような旨みも出てきますよ!

    《1800ml》日置桜 青冴え玉栄 純米酒 R1BY

    3,080 円
    玉栄を原料とした純米酒をセレクト。青みがかった淡黄色を持ち、出来の良い酒に現れると言われる色沢の青冴え。生酒とはまた違った清涼味を持ち冷がおすすめです。

    クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

    2,673 円
    ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

    軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。