• 別タイプのお酒
  • タイプ別に探す
  • 厳選した食材を集めました !
  • その他のおすすめ
  • ログイン

    ショッピングカート

    商品数:0点

    合計:0 円

    カゴの中を見る

    2018年11月の定休日
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30

    お買い物の前に

    ランキング

    ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

    2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

    シャンパーニュ・フォッス・グリュリー・オートルモン[NV(2012)] リュペール・ルロワ

    あのプレヴォーやヴェット・エ・ソルヴェにも比肩するシャンパーニュ!

    カライアンク[2017] イル・モルテッリート

    レモンをかじったような甘酸っぱさ。でも単なる” 酸っぱさ” にはならず、果実の甘みや旨みとの調和が素晴らしい。 暑い日には特におすすめです。

    レ・ランドマン・キ・シャントゥ[2016] ル・トン・デ・スリーズ

    華やかでありながら華美になり過ぎない品の良い風味があり、ふくらみのある果実味、繊細かつ長い余韻が魅了です。

    ホーム > 産地で探す > フランス > その他のフランス > その他 > シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    大注目を集める『シャトー・ラッソル』より最新ヴィンテージが入荷いたしました!


    今回のトップキュヴェである『クー・フラン』は14年、15年、16年をブレンド!

    マルチヴィンテージとして『ラッソル』の名前でリリースとなりました。


    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立。ステファニーは、以前は経済学・法学を学んでいましたが、ワインの世界に惚れ込みボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みます。


    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じった土壌。1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種)、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。


    そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。


    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。

    ビオディナミによる栽培方法はマダム・ルロワに師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。

    2013年ごろよりイタリア産の卵型アンフォラタンクを採用して現在も少しづつ増やしています。この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。また、適度な酸化を促すことによりワインに緊張感を与えます。


    そして待望の2016年、アンフォラで仕込んだワインがリリース!
    「ルージュ・ダンフォール」が少量ですが入荷となりました!!

    しなやかで立体感のあるテクスチャーはまさにラッソルの真骨頂です。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。

    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。破砕はごく軽く、もしくは一切なし。


    今回も極少量づつの入荷です。
    是非お早めにどうぞ!!


    -----------------------------------------------

    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立されました。
    ステファニー女史は元は経済学、法学を学んでいました。しかし、ワインの世界に惚れ込み、ボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みました。
    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じります。
    1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。
    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。ビオディナミによる栽培方法はルロワ女史に師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。
    2013年ごろより、イタリア産の卵型アンフォラタンクを採用し、増やしています。
    この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。
    また、適度な酸化を促すことにより、ワインに緊張感を与えます。
    当初4個から始めたアンフォラですが、毎年3~4個増やしていく予定です。
    現時点(2015年)ではアンフォラ100%によるキュヴェはありませんが、将来的に目標としています。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。
    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。
    破砕はごく軽く、もしくは一切しません。
    (輸入元資料より)
    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
     在庫有り商品のみ表示

    ラッソル[NV(2014+2015+2016)] シャトー・ラッソル

    3,888 円
    [フランス/南西地方/赤]
    自根のカベルネ・フランの衝撃クー・フラン。
    今回、このクー・フランの2014年、2015年、2016年をブレンドしたマルチヴィンテージワイン

    ルージェ・ダンフォール[2016] シャトー・ラッソル

    3,218 円
    [フランス/南西地方/赤]
    “アンフォラの軽い赤、濃いロゼ”の意味。ルージェは赤(ルージュ)とロゼを掛け合わせた造語。赤でもなくロゼでもないため、ルージェがキュヴェ名となりました。

    プティ・カノン・ド・ラッソル[2011] シャトー・ラッソル

    2,484 円
    [フランス/南西地方/赤]
    マルベック(樹齢45年)メルロー(樹齢70年)等と、南西地区古来の品種でありつつ消滅寸前のアブリュー(樹齢80年)をブレンドした赤。
    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

    ピックアップアイテム

    パテ・ド・ポー(200g) アンヌ・ローズ

    1,166 円
    人気のアンヌ・ローズからパテが入荷しました!
    そのままバゲットにのせるだけで絶品おつまみ!!

    ポンテ・ディ・トイ[2014] ステファノ・レニャーニ

    2,937 円
    ほど良い酸と優しい果実味のワイン。

    気軽にスルスルと飲めてしまい、いつの間にかボトルも空になってしまうほどです。

    《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

    13,770 円
    卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
    トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

    今なら通常価格より15%OFF!!

    ブリュット・トラディション[NV] ガストン・シケ

    4,298 円
    非常にきめが細かい泡立ちで、クリーミーでしっとりとした味わい。
    味わいの芯がありながらも柔らかく、食前酒から食中酒としてもいける万能選手!

    《333ml》リモナータ・マードレ(レモネードの原液) サバディ

    1,458 円
    炭酸で割るだけで、すっごくおいしいレモネードに!!

    凍らせてシャーベット状にするのもおすすめです。

    《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

    831 円
    本物のイタリア産トマト缶。
    スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
    これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

    ルスティコーネ(14/16) レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

    2,570 円
    赤とは思えない素晴らしい飲み心地をもったワインです!
    造り手のジャンマルコ曰く、食事と合わせるというより、昼と夜の間、おやつと一緒に飲めるワイン。とのことですが、簡単なおつまみと一緒にお試しあれ♪

    シードル・ア・プロポ・デエール[2016] シードレリー・デュ・ヴュルカン

    3,952 円
    果実と酸味のバランスが素晴らしい!決して甘ったるくなく、スイスイと飲み進んでしまうシードルです。
    暑い日には氷を入れてゴクゴクとどうぞ♪

    《720ml》順子 純米酒ペティアン山田錦

    1,944 円
    プチプチとはじける心地よい泡にふんわりとお米のうまみが広がるやわらかい口当たり、やさしい甘みと酸味がさわやかな
    すっきりペティアン。 

    ミュラートゥルガウ・ローサルファー[2017] リンクリン

    1,933 円
    甘口なワインのイメージのあるドイツワイン。
    でもこのワインは違いますよ!
    親しみやすく、フレッシュでさわやかな果実味とミネラル。場所がらアルザスのピエール・フリックような自然なワインを目指しているリンクリン!