ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

バルベーラ・ダスティ ヴィーニャ・デル・ノーチェ[2007] トリンケーロ

わかりやすく凝縮した果実味があり、超凝縮したエキス分。 強いミネラル感と、驚くほどの複雑で長い余韻は圧倒的です!!

オットチェント・ビエーリ[2015] クライ・ビエーレ・ゼミエ

ほどよい香り高さとミネラルを感じる余韻。タイトな構造をもった素晴らしいワイン。 2007年のヴォドピヴェッツにも通ずる雰囲気もあるように思えます。

《500ml》 ピパ 3/4 - 2°プレ・ブリティッシュ[2012] バダルッコ

マルコ・デ・バルトリとはまた少し趣が異なりますが、本当に魅力的で偉大なマルサーラ。

プイイ・フュイッセC.C.[2016] ギュファン・エナン 

白ワインの天才醸造家とも評される名手。上質な酸にミネラル、旨味もたっぷり。質感も素晴らしく、うっとりしてしまいます。

ア・ユート! ビアンコ[2017] トリンケーロ

お待ちかのアユート!ビアンコの最新ヴィンテージ2017年。琥珀色の複雑な風味と抜群の飲み心地!

ホーム > 産地で探す > イタリア > ピエモンテ > バローロ・バルバレスコ > ジョヴァンニ・カノニカ Giovanni Canonica

ジョヴァンニ・カノニカ Giovanni Canonica


進化を止めないバローロ最上の造り手『ジョヴァンニ・カノニカ』。


最新の2011年ヴィンテージが入荷してまいりました。


メチャクチャ楽しみにしていたので、今回も入荷してすぐに抜栓試飲したのですが2010年よりあきらかにパワフル!

そして果実感たっぷりの印象です!いきなりおいしいですが、果実が削げて本領発揮するまではちょっと時間がかかるかもしれません!

今回も極少量ですが自家消費用てきな存在の「バルベーラ」。
そして2005年を最後につくられていなかった「ランゲ・ネッビオーロ」もリリースされました!

「ランゲ・ネッビオーロが復活!?」

と思われましたが、ちょっと以前とは違うようです。
今回のネッビオーロはこれまで彼が所有していた「パイアガッロ」の畑ではなく、奥様の実家が所有するグリンツァーネ・カヴールにある畑の一部を借り、その畑のブドウから造られているのだそうです!

そして今後、この畑からもバローロが造られるのだそうです!
楽しみですよね!!


毎年言っているようですが、『カノニカ』の進化のスピードには圧倒されます。

現状、バローロの造り手の中では「ベスト」と断言したいくらいです!

僕の大好きな「アッコマッソ」はたぶん、20年前も30年前のワインも現在のスタイルと大きな違いはなかったのだと思います。

昔から、ある部分、(例外的な個性は持ち合わせていたとしても)正統派の「偉大なバローロ」が『アッコマッソ』。
80歳のロレンツォ・アッコマッソにこれ以上進歩しろというのはいくらなんでも無理な話ですし、十分に偉大なバローロ。

もう一人、バローロの巨人的な生産者「バルトロ・マスカレッロ」。
マリア・テレーザの代になり、僕としては明らかに一段レベルが上がったような気がするバルトロ。(ラディコンもそう認めているみたいです)

とはいえあまりにも高名なバルトロ・マスカレッロの看板を背負った彼女が、劇的な変化をさせるのは現実的に難しいです。

それに比べて、「極めて少量生産」の「ジョヴァンニ・カノニカ」はここ数年、劇的に変化している気がします。

「スケールが大きく、偉大さと厳めしさ」を求められるバローロ。
その中で「深みと凄味」がありながらも「優しさと包容力」を感じさせる味わい。

いつも『カノニカ』のワインには、『マッサヴェッキア』に通じる暖かさと柔らかさ、その奥に潜んだ本質的な強さと深みを感じさせてくれる気がしていましたが、今回、2011年を飲んであらためてその印象を強くもちました。

2011年は力強く、リッチな果実味。いきなりメチャクチャ美味しくスゴイワインですが「飲み手を威圧しない」、驚くべきバローロ!

今までの「バローロ」の枠を飛び越えた途轍もない傑作ではないかと思います!!



────────────────────────────────────

人柄そのままに飾り気のない、でも豊かな内面性を備えたワインを醸す
ジャンニ カノーニカから最新ヴィンテージが入荷です。

2013年から、ジャンニの奥さんの家族が所有するグリンツァーネ・カヴール
にある畑の一部を借りれることになりまして、ランゲ ネッビオーロと
2つ目のバローロを生産することになりました。

ジャンニが所有するパイアガッロのバローロよりも外向的な味わいの
ワインになりそうだという印象を受けました。

バローロ2011は2010よりもパワフルですが、決して野暮ったくなく
危険なくらいスルスル進むワインです。


インポーター資料より抜粋
────────────────────────────────────
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

バローロ[2008] ジョヴァンニ・カノニカ

8,800 円
barolo2008 秘蔵在庫を放出です。

バローロ[2014] ジョヴァンニ・カノニカ

6,930 円
[イタリア/ピエモンテ・赤]

最新ヴィンテージ2014年が入荷いたしました!

ブドウ品種:ネッビオーロ
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

【*】リングイネ(500g) ジャコモ・サントレーリ

1,080 円
大麦とデュラム小麦のパスタ リングイネ。生産者のジャコモ・サントレーリ氏は、体に良い食品を作る事をポリシーとし、様々な穀類を全て農薬不使用で栽培しています。すこし平たいリングイネはクリームソースやトマトソース、オイルベースのソースに。

《500ml》リボッラ・ジャッラ[2011] ラディコン

3,861 円
飲み心地に優れた伸びやかなワイン。

【*】オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ パラディーソ・ディ・マンフレディ

5,691 円
イル・パラディーソ・ディ・マンフレディのオリーヴオイル。
ブルネッロの畑のわきに植わるオリーヴの木から作られる極少量作られるオイル。日本への入荷量はわずかという貴重なオイルです。

ビアンコ・フリッツァンテ・ボッレ・バンディーテ[2017] ガッティ

2,772 円
瓶内二次発酵の後、デゴルジュマンをしない澱を含んだフリッザンテ。素晴らしい深みのある味わいです。

006 [2006] クメティヤ・シュテッカー

7,150 円
ピノ・グリージョ100%。天然酵母のみで発酵。10日間マセラシオン、しっかりとした味わいです。

アネマ・エ・コーレ[2016] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
しっかりとしたエキス分に程よいタンニン分、色合いの割には詰まった果実感お楽しみいただけます。

ゲヴュルツトラミネール・ド・ステファン[2016] レ・ヴァン・ピルエット

3,366 円
果実を素直に楽しめる楽しいアルザスワイン。肉付きが良く若いうちから楽しめ、香も初めから開く「レ・ヴァン・ピルエット」

アンフォラ・アランチョーネ[2018] グレープリパブリック

3,960 円
イタリアでは、アランチョーネはオレンジ色。質が高く、完熟したぶどう由来のしなやかなタンニンと奥行きをもつオレンジワイン。ビネガー、ハーブ、あらゆるスパイスとの相性が抜群です!

《1800ml》日置桜 鍛造火入れにごり山田錦 29BY

3,300 円
内田百種園産の自然農法で栽培された無農薬米100%使用。温めて燗することで米の持つ滋味が現れ、飲むほどに食欲を掻き立ててくれます。これからの季節お燗でお楽しみください。

ボニカ・マリエタ[2014] マタン・カルム

3,960 円
カリニャンの樹齢は100年以上。グルナッシュノワール樹齢35年の葡萄を使用。フレッシュな味わいです。「ボニカ・マリエタ」カタルーニャ語で「きれいなテントウムシ」 の意味。