ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ファネッティ Fanetti





トスカーナを代表する銘酒『ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ』。

この「ヴィーノ・ノビレ」の生みの親である『ファネッティ』が10年の熟成を経てリリース!2007年の『リゼルヴァ』が入荷してまいりました!!

「モンテプルチアーノの高貴なワイン」と名付けられたこのワイン。サンジョヴェーゼ・グロッソから造られます。サンジョヴェーゼ・グロッソといえば「モンタルチーノ」では『ブルネッロ』と呼ばれ、あの「ビオンディ・サンティ」によって生み出されたブドウ品種。

そしてビオンディ・サンティこそが『ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ』の産みの親として広く知られています。

モンテプルチアーノでは、このサンジョヴェーゼ・グロッソは、「プルニョーロ・ジェンティーレ」と呼ばれていますが・・・。


さて、この地のワインを『高貴なワイン』と名付けたのは誰でしょうか?
そして「プルニョーロ・ジェンティーレ」と名付けたのは??


はい、今回ご紹介する『ファネッティ』の当時の当主「アダモ・ファネッティ」によって1921年に名付けられたものだそうです!



彼らの存在は、ノービレの始祖という事以上に、「当時のワイン造りを何一つ変えることなく現在まで大切に守ってきた」という点を賞賛して頂きたいです!!


現在はアダモの孫娘に当たるエリザベッタによって、農園全体の運営を含め、ブドウ栽培、ワイン醸造を行っています。


彼女の農園は、祖父より受け継がれ、この土地に暮らす者皆よって守られてきたといえる。畑での作業では、肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培。

醸造については、さらに徹底した昔ながら手法をつづけ、6000Lを越える大型のセメントタンクにて2週間ほどのマセレーション。
当然のことながら温度管理や酵母添加はなし。

熟成はモンテプルチアーノの町の地下深く続く、トンネルのようなカンティーナにて。昔から使い続けている大樽(30年、古いものは60年以上現役の樽もあるという話)での長期熟成。


「本来のノービレは最低でも4年(48か月)は大樽で時間を過ごさせ ないとサンジョヴェーゼの持つ本来の香りは出てこない。だから 私たちの造るノービレは現在のDOCGの基準だと、すべてが リゼルヴァと表記することになってしまっている。」
そう嘆くエリザベッタ。

祖父の頃より変わらない6年間というサイクルでリリースされる彼女のノービレは本当に素晴らしいものです・・・。
そして過去のヴィンテージについても、膨大なストックがあるのだそうです・・・。


前日、ご紹介した2005年の『ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ』に続き2007年の『ヴィーノ・ノビレ・リゼルヴァ』が入荷してまいりました!

今回のボトルもカンティーナの地下に眠っていた膨大なストックより、リリースされたもの!
ロッソ以上に深み、複雑味があり本当に素晴らしい!

ヴィーノ・ノビレらしい柔らかさもあり非常に魅力的なワインなのです!



「本当に美味しいサンジョヴェーゼが飲みたい!」

「でも、強いだけではなく、しっかりと旨味が前に出たクラシックなものでしかも飲み頃のものが!!」

という、本当にピンポイントをついた「今、ベストの状態」のワイン!

イタリアワインの美味しさが詰まったこのワイン、かなりヤバいです(笑)




3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・リゼルヴァ[2009] ファネッティ

4,851 円
[イタリア/トスカーナ/赤]

※参考画像となります

ロッソ・ファネッティ[2016] ファネッティ

1,782 円
[イタリア/トスカーナ/赤]

日々のテーブルを彩る存在ともいえるファネッティのワイン。気取らない旨みと染み出す味わい、当たり前に美味しい、変わらないものの良さを再発見させてくれるカンティーナ。

ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ[2004] ファネッティ

2,475 円
[イタリア/トスカーナ/赤]

※参考画像となります。
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。