ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > パオロ・ベア Paolo Bea

パオロ・ベア Paolo Bea



「ヴィナイオータ」さんより久しぶりにウンブリアを代表する偉大な赤ワイン『サグランティーノ・ディ・モンテファルコ』最高の造り手「パオロ・ベア」が入荷してまいりました!

2005年ヴィンテージの『モンテファルコ・リゼルヴァ』がメチャクチャ美味しくなってる~!

ということで、輸入元に残っていた在庫を全量いただいてしまいました・・・。

どうしても『サグランティーノ』が注目されがちですが、この個人的にはこの『モンテファル・リゼルヴァ』がお気に入り。

サンジョヴェーゼ主体で造られた本当に偉大な、そして驚くほどの寿命を誇る素晴らしいワインです。(以前飲ませてもらった1982年は本当に凄かった!)

サグランティーノ以上に熟成のポテンシャルを秘めている偉大なワインです!


小さなモンテファルコの町、『サグランティーノ』が植わるのは僅かに100ヘクタールという小さな面積。作り手も僅かに10軒程度という小さな産地です・・・。

パオロ・ベアはそのサグランティーノの造り手でもずば抜けた存在!

あのマット・クレイマーが自著の「イタリアワインがわかる」でこの地の造りを好みで選べば『真っ先にパオロ・ベアを選ぶ』。と他の造り手を置いても断言するほど。
そして「生産量がたいへん少ないせいで割り当てもすくない」と嘆いていますが、そんなワインが日本でも楽しめるのは本当にありがたいことですよね!


荒々しいタンニンと強烈な個性をもつブドウ「サグランティーノ」。
その野性味を帯びた力強いサグランティーノを「パオロ・ベア」は伝統的な手法で驚くべきパワフルなワインを生み出しています!

武骨で力感に溢れたワインは飲み手を圧倒するほどの迫力。近年はそれに加えて驚くほどの洗練された味わいを持っています!


「この偉大な作り手には、最高の職人だけに備わっている個性がある。
 イタリアワインの最高の著述家バートン・アンダーソンは、かつて パオロ・ベアのパッシートのサグランティーノに「巨人的(タイタニック) と評した。これ以上うまく言えない。」マット・クレイマー氏と評されるモンテファルコ、最高の造り手なのです!


そして2004年が初ヴィンテージで、モンテファルコの伝統を復活させた偉大な白ワイン『アルボレウス』!

このワインの原型となった白ワイン、王冠のとあるワインをジャンピエロ・ベア氏に飲ませてもらった事があるのですが、その当時2006年で、22年熟成の1984年。

多分、かなり低価格のワインだったと思われるそのワインは驚くほどの若々しさと複雑さをもった衝撃的な味わいでした・・・。


この『アルボレウス』はモンテファルコの近く、スポレティーノの伝統的な手法を用いて作られたワイン。

3週間にわたる、果皮とのマセレーション発酵の後、さらに3週間陰干ししたブドウを足し、再度発酵をうながし、そのご《5ヶ月間の長期間》にわたり果皮を漬け込んだまま発酵・熟成を行います。その後、ステンレスのタンクに移し、約2年間にわたり長期熟成させてからリリースという非常に独特な手法で造られたワイン。


長期熟成を狙ってある程度守られている雰囲気をもつヴァレンティーニに比べてさらに味わいはオープンに開いており素晴らしく美味しい・・・。しかし、味わいは甘さや重さとは無縁な素晴らしい物!複雑で軽やか、素晴らしい飲み心地も兼ね備えています。


特に素晴らしい天候に恵まれた2010年の『アルボレウス』の美味しさそしてポテンシャルは凄いものがあります!
これはイタリアの辛口白ワインのとある到達点の一つではないかと思います!
12件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

サン・ヴァレンティーノ[2014] パオロ・ベア

6,336 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

以前はロッソ ディ モンテファルコを名乗っていたキュヴェ

※参考画像となります

モンテファルコ・サグランティーノ パリアーロ[2010] パオロ・ベア

10,395 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

※参考画像となります

モンテファルコ・ロッソ・リゼルヴァ ピッパレッロ[2011] パオロ・ベア

9,900 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

※参考画像となります

モンテファルコ・ロッソ・リゼルヴァ ピッパレッロ[2012] パオロ・ベア

9,405 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

※参考画像となります

ロッソ・デ・ヴェオ[2011] パオロ・ベア

9,702 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

*画像は参考画像です。

ロッソ・デ・ヴェオ[2012] パオロ・ベア

9,504 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

*画像は参考画像です。

サン・ヴァレンティーノ[2012] パオロ・ベア

6,336 円
[イタリア/ウンブリア/赤]

以前はロッソ ディ モンテファルコを名乗っていたキュヴェ

※参考画像となります

ラピデウス[2017] パオロ・ベア

7,260 円
[イタリア/ウンブリア/白]

※参考画像となります

ラピデウス[2018] パオロ・ベア

7,260 円
[イタリア/ウンブリア/白]

※参考画像となります

サンタ・キアーラ[2017] パオロ・ベア

5,841 円
[イタリア/ウンブリア/白]

※参考画像となります

《375ml》サグランティーノ・パッシート[2007] パオロ・ベア

9,900 円
[イタリア/ウンブリア/赤甘口]

※参考画像となります
12件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!