ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > カンティーナ・マルゴ Cantina Margo

カンティーナ・マルゴ Cantina Margo

 《『マッサヴェッキア』のロザートに通じる雰囲気がある!》
改めて「カンティーナ・マルゴ」のワインを飲んだ時に感じた印象でした。

「強烈」といって良いほどのしっかりとした旨味、ギューッと舌に染み込むような深い味わい。ロゼとしては桁違いに深い味わいと、深みを持った『ロザート』、そして逆に軽やかに感じる赤ワイン『ロッソ』。

もちろんスケール感は少し違いますが両方とも、飲んで最初に頭に浮かんだのは「マッサヴェッキア」!マルゴはサンジョヴェーゼなのでブドウ品種さえも違いますが、香りの迫力、そして旨味の出方など、共通点の非常に多いワイン。

「これだけ凄いワイン、近いうちに絶対に世に知られる」と確信しています!

カンティーナ・マルゴはまだ30代のカルロ・タバッリーニ氏が運営するワイナリー。
「ラ・ビアンカーラ」や「ステファノ・レニャーニ」が参加するヴィッラ・ファボリータのメンバー。彼らから多くを学び、近年、メキメキと頭角を現している若手最注目の作り手の一人です。

ちなみに白も、香りを嗅いで最初に思い出したのは「マッサヴェッキア」でした。最初にマルヴァジアがブレンドされた2002年の「アリエント」がふっと頭によぎル味わい。
この内容にしてこの価格は《破格》と言っても良い内容かと思います。

まだまだ、世の中的に、知られていない『カンティーナ・マルゴ』。今のうちに是非、お試しください!!


────────────

Cantina Margo カンティーナ・マルゴ

カンティーナ・マルゴはペルージャにて2008年に設立された、わずか1haの畑を所有する小さなワイナリーです。

畑は標高350mのミネラル豊富な泥灰土を含む粘土質土壌です。現在37歳のカルロ・タバッリーニ氏が一人でワイン造りを行っています。

カルロ・タバッリーニ氏は、幼い頃からぶどう畑と、祖父と父と共に成長してきました。しかし、ワインへの情熱はずっと後に花開きました。それは90年代後半、ある経験をしたときです。当時カルロは知り合いのワイナリーの手伝いをしていました。

それは、近代的な醸造方法と農業基準は過剰な化学薬品とそれを使用するための作業ばかりで、全てを最適にしようとしている自然の力を捻じ曲げてしまっているように感じました。それが彼にとって大きな失望でした。

そこで彼は初めて自分自身のワインを2008年に造りました。

そこにはワインの自然な面を全面的に表現することに注力しました。
ただ、わずかな量のSO2を使用し、また、培養酵母、温度管理、清澄といった近代的な醸造方法も取り入れました。数年間実験を続け、ようやく今、すべてのワインを自然酵母で発酵、デキャンタージュ(容器から容器への移し替え)のみによる清澄で造る
ことができるようになりました。

SO2の量は毎年減らしており、最終的には全く加えないことが目標です。
畑では銅と硫黄のみ使用し、毎年その量を最適化していく・・・この畑での哲学以上に大切なものはない、というのがカルロの哲学です。


輸入元資料より
────────────




6件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

IGTウンブリア マルゴ・レジオ・ビアンコ[2021] カンティーナ・マルゴ

3,267 円
[イタリア/ウンブリア/白]

「トレッビアーノ」、そして「トレッビアーノ・スポレティーノ」のブレンドで作られる『レジオ・ビアンコ』!厚みと深みはこのクラスとしては圧倒的です


IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2020] カンティーナ・マルゴ

3,069 円
[イタリア/ウンブリア/白]
※参考画像となります。
端正でシャープ。タイトな構造を持つグレケット主体の白です。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2019] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
[イタリア/ウンブリア・赤]
※参考画像となります。
ウンブリア州ペルージャにわずか3haの畑を所有。2008年に設立。Carlo Tabarrini 氏が一人でワイン造りを行っている。

ヴィーノ・ロッソ・フィリエーリ・デイ・サビオーニ[2017] カンティーナ・マルゴ

7,920 円
[イタリア/ウンブリア/赤]
※参考画像となります。
ウンブリア州ペルージャにわずか3haの畑を所有。Carlo Tabarrini 氏により2008年に設立。

IGTウンブリア マルゴ・ロザート[2019] カンティーナ・マルゴ

2,970 円
[イタリア/ウンブリア/ロゼ]
※参考画像となります。
ロゼとしては桁違いに深い味わいと、深みを持った『ロザート』。サンジョベーゼ主体。
6件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。