ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お買い物の前に

ランキング

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

シャンパーニュ・フォッス・グリュリー・オートルモン[NV(2012)] リュペール・ルロワ

あのプレヴォーやヴェット・エ・ソルヴェにも比肩するシャンパーニュ!

カライアンク[2017] イル・モルテッリート

レモンをかじったような甘酸っぱさ。でも単なる” 酸っぱさ” にはならず、果実の甘みや旨みとの調和が素晴らしい。 暑い日には特におすすめです。

レ・ランドマン・キ・シャントゥ[2016] ル・トン・デ・スリーズ

華やかでありながら華美になり過ぎない品の良い風味があり、ふくらみのある果実味、繊細かつ長い余韻が魅了です。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > カンティーナ・マルゴ Cantina Margo

カンティーナ・マルゴ Cantina Margo

 《『マッサヴェッキア』のロザートに通じる雰囲気がある!》
改めて「カンティーナ・マルゴ」のワインを飲んだ時に感じた印象でした。

「強烈」といって良いほどのしっかりとした旨味、ギューッと舌に染み込むような深い味わい。ロゼとしては桁違いに深い味わいと、深みを持った『ロザート』、そして逆に軽やかに感じる赤ワイン『ロッソ』。

もちろんスケール感は少し違いますが両方とも、飲んで最初に頭に浮かんだのは「マッサヴェッキア」!マルゴはサンジョヴェーゼなのでブドウ品種さえも違いますが、香りの迫力、そして旨味の出方など、共通点の非常に多いワイン。

「これだけ凄いワイン、近いうちに絶対に世に知られる」と確信しています!

カンティーナ・マルゴはまだ30代のカルロ・タバッリーニ氏が運営するワイナリー。
「ラ・ビアンカーラ」や「ステファノ・レニャーニ」が参加するヴィッラ・ファボリータのメンバー。彼らから多くを学び、近年、メキメキと頭角を現している若手最注目の作り手の一人です。

ちなみに白も、香りを嗅いで最初に思い出したのは「マッサヴェッキア」でした。最初にマルヴァジアがブレンドされた2002年の「アリエント」がふっと頭によぎル味わい。
この内容にしてこの価格は《破格》と言っても良い内容かと思います。

まだまだ、世の中的に、知られていない『カンティーナ・マルゴ』。今のうちに是非、お試しください!!


────────────

Cantina Margo カンティーナ・マルゴ

カンティーナ・マルゴはペルージャにて2008年に設立された、わずか1haの畑を所有する小さなワイナリーです。

畑は標高350mのミネラル豊富な泥灰土を含む粘土質土壌です。現在37歳のカルロ・タバッリーニ氏が一人でワイン造りを行っています。

カルロ・タバッリーニ氏は、幼い頃からぶどう畑と、祖父と父と共に成長してきました。しかし、ワインへの情熱はずっと後に花開きました。それは90年代後半、ある経験をしたときです。当時カルロは知り合いのワイナリーの手伝いをしていました。

それは、近代的な醸造方法と農業基準は過剰な化学薬品とそれを使用するための作業ばかりで、全てを最適にしようとしている自然の力を捻じ曲げてしまっているように感じました。それが彼にとって大きな失望でした。

そこで彼は初めて自分自身のワインを2008年に造りました。

そこにはワインの自然な面を全面的に表現することに注力しました。
ただ、わずかな量のSO2を使用し、また、培養酵母、温度管理、清澄といった近代的な醸造方法も取り入れました。数年間実験を続け、ようやく今、すべてのワインを自然酵母で発酵、デキャンタージュ(容器から容器への移し替え)のみによる清澄で造る
ことができるようになりました。

SO2の量は毎年減らしており、最終的には全く加えないことが目標です。
畑では銅と硫黄のみ使用し、毎年その量を最適化していく・・・この畑での哲学以上に大切なものはない、というのがカルロの哲学です。


輸入元資料より
────────────




5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

【2本セット】バトーネ[2016] マッサ・ヴェッキア+マルゴ・ロッソ[2016] カンティンーナ・マルゴ

通常価格: 6,264 円
5,702 円
● バトーネ[2016] マッサ・ヴェッキア
● マルゴ・ロッソ[2016] カンティンーナ・マルゴ

2本セットでご紹介です。

IGTウンブリア マルゴ・レジオ・ビアンコ[2016] カンティーナ・マルゴ

2,570 円
![イタリア/ウンブリア・白]
※新価格にてお求め易くなりました!!
「トレッビアーノ」、そして「トレッビアーノ・スポレティーノ」のブレンドで作られる『レジオ・ビアンコ』!厚みと深みはこのクラスとしては圧倒的です

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2016] カンティーナ・マルゴ

2,570 円
[イタリア/ウンブリア・白]
※新価格にてお求め易くなりました!!
端正でシャープ。タイトな構造を持つグレケット主体の白です。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ[2016] カンティーナ・マルゴ

2,570 円
[イタリア/ウンブリア・赤]
※新価格にてお求め易くなりました‼
ウンブリア州ペルージャにわずか1haの畑を所有。2008年に設立。現在37Carlo Tabarrini 氏が一人でワイン造りを行っている。

IGTウンブリア マルゴ・レジオ・ビアンコ[2015] カンティーナ・マルゴ

2,484 円
![イタリア/ウンブリア・白]
※新価格にてお求め易くなりました!!
「トレッビアーノ」、そして「トレッビアーノ・スポレティーノ」のブレンドで作られる『レジオ・ビアンコ』!厚みと深みはこのクラスとしては圧倒的です
5件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

パテ・ド・ポー(200g) アンヌ・ローズ

1,101 円
人気のアンヌ・ローズからパテが入荷しました!
そのままバゲットにのせるだけで絶品おつまみ!!

ビアンコ・ルーゴリ[2016] ダヴィデ・スピッラレ

2,484 円
ほど良い酸と優しい果実味のワイン。

気軽にスルスルと飲めてしまい、いつの間にかボトルも空になってしまうほどです。

《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

13,770 円
卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

今なら通常価格より15%OFF!!

ブリュット・トラディション[NV] ガストン・シケ

4,298 円
非常にきめが細かい泡立ちで、クリーミーでしっとりとした味わい。
味わいの芯がありながらも柔らかく、食前酒から食中酒としてもいける万能選手!

《333ml》アランチャータ・マードレ(オレンジソーダの原液) サバディ

1,382 円
炭酸で割るだけで、すっごくおいしいオレンジソーダに!!

凍らせてシャーベット状にするのもおすすめです。

《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

831 円
本物のイタリア産トマト缶。
スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

ルスティコーネ(14/16) レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

2,570 円
赤とは思えない素晴らしい飲み心地をもったワインです!
造り手のジャンマルコ曰く、食事と合わせるというより、昼と夜の間、おやつと一緒に飲めるワイン。とのことですが、簡単なおつまみと一緒にお試しあれ♪

シードル・ア・プロポ・デエール[2016] シードレリー・デュ・ヴュルカン

3,952 円
果実と酸味のバランスが素晴らしい!決して甘ったるくなく、スイスイと飲み進んでしまうシードルです。
暑い日には氷を入れてゴクゴクとどうぞ♪

《720ml》順子 純米酒ペティアン山田錦

1,944 円
プチプチとはじける心地よい泡にふんわりとお米のうまみが広がるやわらかい口当たり、やさしい甘みと酸味がさわやかな
すっきりペティアン。 

ミュラートゥルガウ・ローサルファー[2017] リンクリン

1,933 円
甘口なワインのイメージのあるドイツワイン。
でもこのワインは違いますよ!
親しみやすく、フレッシュでさわやかな果実味とミネラル。場所がらアルザスのピエール・フリックような自然なワインを目指しているリンクリン!