ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > 産地で探す > イタリア > トスカーナ > モンタルチーノ > イル・マッロネート Il Marroneto

イル・マッロネート Il Marroneto


『いつ飲むかが問題なのではなく、大切に扱って飲むことが大切なのです。このワインは、貴方に飲んでもらおうと、我慢強く何年も辛抱してきたのですから。』 

イル・マッロネートのアレッサンドロ・モーリ氏の言葉だそうです。

4年物大樽での熟成に耐え、それでも驚くほどの可能性を持ったままリリースされる偉大なブルネッロ『イル・マッロネート』が待望の入荷となりました。

当主アレッサンドロ・モーリ氏がワイン造りに興味を持ったのは、父のジュゼッペ氏が1974年にこの地を購入し、畑の一角にサンジョベーゼの苗木を植えた時からでした。
家族のために少しだけ、1246年に建てられた建物の一角でブルネッロを作り始めた弁護士だった父。地元のマリオ・コルテヴェジオという醸造コンサルタントの教え『サンジョヴェーゼ・ブドウの偉大さ』、『自然に敬意を持ってワイン造りをする大切さ』を
を忠実に守ります。(と言っても、当時は本業に多忙だった氏のかわりにマリオが作っていたようですが..。)

それを傍らでみていた現当主アレッサンドロと兄のアンドレアはワインの世界に引き付けられますが、父のように法律家の道を選びます。しかしアレッサンドロ氏は、その魅力を忘れることができず、ワインの世界に再び舞い戻ってしまったのだそうです。

そしてアレッサンドロ氏の献身的な仕事によりワイナリーは大きな注目を集め、創設から30年以上を経た今日、イル・マッロネートは、モンタルチーノ(シエナ)で最も著名で、重要、地域内外でも良く知られた
ワイナリーの中でも、最も歴史のあるワイナリー10社の一つとされています。
彼のワインがもたらす情熱には並外れたものがあります。サンジョヴェーゼのみを栽培し、サンジョヴェーゼ100%で造り上げ、畑にはほとんど手をつけず、除草剤やその他の特殊な保護剤は一切使用しません。


今回入荷したのは3種類のワイン。

一つは「ロッソ・ディ・モンタルチーノ」。
こちらはブルネッロと全く同じレベルの葡萄を使用しながらも熟成期間だけが短いもの。
若いヴィンテージながらも素晴らしい質感で、すでに味わいは開いており非常に楽しめる味わい。

そして「ブルネッロ」は果実が前面に出た複雑さ、それでいて明るく広がりのある味わいは格別の雰囲気!

イル・パラディーソともポッジョ・ディ・ソットともまた違う個性を感じさせてくれます。

そして極めつけは付近にある小さな教会マドンナ・デッレ・グラツィエ教会からその名の付いたイル・マッロネートの『ブルネッロ・セレツィオーネ』!
古い畑で収穫したブドウから特にセレクションしたもので生産されたこのブルネッロは圧倒的な緻密さと深みを持った深遠な味わい。

判り易さこそありませんが、奥を覗きこむと、どこまで深く飲み込まれそうな迫力を感じさせる圧倒的なブルネッロです・・・。

2010年はロバーロ・パーカーによって100点が付いたそうですが、2008年、2009年が見劣りする印象はありませんでした・・・。
いずれも途轍もないワインです・・・。


ロッソからブルネッロ・セレツィオーネまで、世界中からの大きな需要にたいしてまったく供給が追い付いていないようで、ラシーヌさんにも入荷した本数はごく僅か。
当店でも、ロッソでさえも6本という極めて少量の入荷となってしまいました・・・。

「乱れのなくまっすぐで複雑な味わい、口に含んだ時の最初の印象が長く続く、これがこのワインの素晴らしさだ」とアレッサンドロ氏はこのワインの魅力を語ります。
世界が注目する(もちろん当店も!)ブルネッロのスター、ぜひこの機会に!
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ロッソ・ディ・モンタルチーノ・イニャッチョ[2015] イル・マッロネート

通常価格: 6,380 円
5,742 円
○Rosso di Montalcino - Ignaccio 2015  ロッソ・ディ・モンタルチーノ イニャッチョ

【このワインのコメント】
伝統的にはブルネッロを格下げして生まれたワインで、特徴はすべてブルネッロに似ているが、複雑さの点で違いがある。若いミニ・ブルネッロといったところ。
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。