ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年12月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

2006年は素晴らしい天候に恵まれた年という事で、果実感が強く、スケール感UP!凝縮感があり黒糖のような香ばしい香り。最終ヴィンテージですのでぜひ!

フリウラーノ・サン・ドリゴ[2018] デニス・モンタナール

フリウリ的な味わいながら、ラディコンやダリオなどとは全く異なる味わい、個性的だがやさし~い!信じられないポテンシャルを持っています。

プラルアール[2016] イル・チェンソ

カタラットを2週間以上皮ごと醸した、しっかりとした深みと真の強さを持った白ワイン。『黄金色』の意味を持つ方言から名付けられたプラルアール。しっかり白好きにおすすめ。

オルフェオ[2017] ルイージ・テッチェ

タウラージの造り手『ルイージ テッチェ』2017年の酷暑でリリースの難しかった全てのワインをブレンドしたのがオルフェオ。凝縮した果実味がありつつ爽やか。ちょっとシュワシュワしてます。

エクストラ・ブリュット[NV] ゴッセ

シャンパーニュで最も古い歴史を持つメゾン。葡萄本来が持つ自然な酸とピュアな味わい。きめ細やかな酸味とミネラル感のバランスが独自の旨味を引き出します。

ヤン・ドゥリュー Yann Durieux

昨年の6月にフランスに行かせてもらった時に、
フィリップ・ジャンボンと供に最も印象に残った『ヤン・ドゥリュー』。

入荷までの期間が本当に長かった・・・


昨年の6月にフランスに行く時に輸入元のF木さんから、

『プリューレ・ロックで栽培の仕事をしながら、
         自身のドメーヌを始めた面白い生産者がいるんです。』

と出発前に聞かされ、それはもう気になっていたヤン・ドゥリュー。


パンフレットから彼を見た時の印象は長髪のドレットヘアーにがっちりとした長身の男性。

・・・こ、こわそう。。。


そんな、第一印象でしたが、実際に会って話してみると
優しいそうな雰囲気たっぷりの彼。怖いどころか、とってもフレンドリーで
明るく、好奇心旺盛の少年のような雰囲気にびっくり。。。

そうして、いろいろとワイナリーでお話を伺うと、2010年から3haの畑で、
アリゴテ、ピノ・ノワール、シャルドネを栽培。


現在は、最大で6ha(彼がちゃんと面倒を見れる最大)までを目標とし、少しづつですが増やすつもりだそうです。

そして、もう一つは『オート・コート・ド・ニュイ』というこの地域への
愛着があるため、現在は他のアペラシオンでのワイン造りは考えていない様です。。。


なんだ、オート・コート・ド・ニュイか。。。なんて思わないで下さいよ!!!


この地域であの『プリューレ・ロック』のグランクリュと同じ、
いや!もっと攻めたアプローチでのワイン造りを実践!!


そして、一つの枝に最大でも4房しかつけない等の徹底した収量の制限で
非常に厳しい作業を実践して出来上がったワイン。


味筋はやはり『プリューレ・ロック』や『フィリップ・パカレ』に近いような気がします。


実際に樽から飲ませてもらった時の、僕の走り書きのメモには『明るいロック?』という謎のメモ。


そう!!!!!


ヤンのワインは彼らと通づる雰囲気は持ちつつ、とにかく外向的なのに、
芯の部分はタイトで非常に引き締まっていて、しっかりと続く余韻に
今後、更なる向上を見せるであろうと期待せずはいられません!


はっきり言ってオート・コート・ド・ニュイという枠をこえた素晴らしいワイン!!!
更に忘れはいけないのが、このワイン達が初リリースということ。。。


末恐ろしや。。。『ヤン・ドゥリュー』。


もっちっろん!白のアリゴテに関しても、しっかりと熟した葡萄を感じつつも、
非常に厚みのあるリッチなボディをアリゴテの酸で綺麗に
バランスよくまとめているのは流石!

円やかなワインで、驚くほどの飲み心地良く、あっという間にグラスが空になってしまった程です!!!
(何杯おかわりしたかわかりません・・・)


話は逸れてしまいますが、ラベルを見て頂けるとわかるのですが、
メインのラベルにはでかでかと、『ブラック・ピノ』、『ラヴ&ピフ』の
文字のみが書いてあります。

しかも、なぜかハードロックやメタルを連想させるような文字・・・
(某イタリアの生産者みたい。嫌いじゃないですこういった感じのもの。因みにガレージを改良したカーヴはブラックライトがついていてクラブみたいでした。)


オート・コートやアリゴテといったアペラシオンの表記は裏ラベルに小さく記載しているだけなんです。

ヤン自身も飲み手に対してある種の概念を持たないで
自身のワインを飲んで、楽しんでほしいとの隠れた想いが
込められたメッセージなのです!!!



プリューレ・ロック、パカレに次ぐ新世代の『ヤン・ドゥリュー』
是非、お見逃しなく!!!!!
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

レ・ポン・ブラン[2016] ヤン・ドゥリュー

12,870 円
[フランス/ブルゴーニュ/白]

ジャノ[2014] ヤン・ドゥリュー

60,500 円
[フランス/ブルゴーニュ/赤]

※メルマガのご案内価格に誤りがございました。正しくは税込『51,516円』となります。大変申し訳ございませんでした。
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

2,376 円
イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

2,332 円
瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
今回のロットは少し泡が強めです。

ティン・トレッビアーノ[2018] モンテセコンド

3,861 円
細く鋭い味わいのモンテセコンド。トレヴィアーノはアンフォラで半年間皮ごと醗酵&熟成を行ったワイン。

アルネイズ・デザヤ[2017] カッシーナ・フォルナーチェ

2,871 円
2017年はDOCGに落ちてしまいましたが、猛暑に見舞われたために猛烈な凝縮が起きたヴィンテージ。いつも以上に強い 果実味と香り、 アロマの高さ、柔らかみを持った味わいは、むしろ魅力的に感じられます。

オー・コーデレイエ[2017] ポール・バール

3,168 円
口当たりは柔らか、きめ細やかなタンニン分を感じます。堅実で安定感のあるボルドーのスタイルですが、余韻が繊細でひっかかりのない飲み心地を楽しめます。

《330ml》シードル・ロゼ サッシー

682 円
ノルマンディー産・ロゼ・シードル。スイート系と酸味の強い品種を中心に、18種類のリンゴをブレンド。甘酸っぱい酸味の後に広がる果実味が心地よく、洗練されたエレガントな味わいが舌に残ります。アルコールも3%と低く食前酒のほか、シャーベットやペストリーなどのデザートのお供にぴったりです!

ジュー・ド・マン[2017] ドメーヌ・レスカルポレット

4,455 円
じんわりと広がる滋味深い旨味と繊細で優しい果実味、綺麗さのある酸とミネラルがバランスよく感じられるエレガントな味わい。スタンダードキュヴェからワンランク上がった味わいです。大き目のグラスでお楽しみください!

ガズゥイ(2019) シルヴァン・マルティネズ

3,960 円
レモンの柑橘系の甘酸っぱさや、熟した果実やはちみつのような旨み。シュワシュワのくつあたりでゴクゴクいけちゃいます!

《180ml》日置桜 福ねこラベル純米酒 ワンカップ 29BY

605 円
頑張っている自分自身へのご褒美に、大切な方へのちょっとしたプレゼントに。気軽に飲めて、ねこラベルがかわいい女性も愛着をもてるワンカップ。売り上げの一部は保護猫団体「猫じゃらし」に寄付されます。

クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

2,673 円
ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。