ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

トスカーナ・ビアンコ[2023] オットマーニ

素晴らしい飲み心地と味わい。安定感を持った『オットマーニ』 人気のビアンコ最新ヴィンテージが入荷しました。2023年は天候の影響で生産量が減ってしまいました。お早めに!!

リーパ・ディ・ソープラヴェント(2022) ヴィットーリオ・グラツィアーノ

とてもクリーンで柔らかな味わいを感じるヴィンテージ。完熟を感じる素晴らしい果実香と、エレガントさ。 飲み心地の良さは素晴らしいの一言!

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

《500ml》パッシート・モンテ・ソーリオ[2016] ラ・ビアンカーラ

陰干したブドウで作られる甘口。ビアンカーラのパッシート。今回の2016年は間違いなく殿堂入りするヴィンテージとなりそうです。甘いワインとしては異常なまでの飲み心地の軽さを備えています。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ヴァッレ・ダオスタ > メゾン・モーリス・クレタ Maison Maurice Cretaz

メゾン・モーリス・クレタ Maison Maurice Cretaz

メゾン モーリス クレタ(以下MMC)は、建築家のアンドレア モーリスによって営まれる、ヴァッレ ダオスタのワイナリー。2010年までは、祖父から受け継いだバンクと呼ぶ区画で収穫したブドウを協同組合に売却していたのですが、ヴァッレ ダオスタの土着品種&ブドウ栽培の歴史のスペシャリストでもある友人の農学士からの勧めもあり、2011年から試験醸造を始め、2015年から正式にワイナリーとしての活動を開始、今現在は4カ所に2haほどの畑を所有しています。アルプスの麓の切り立った谷の中にあるヴァッレ ダオスタ州は、周りを高い山々に囲まれ、平地も少なく、耕作適地が限られた土地柄。ヴァルテッリーナ同様に、太陽の恩恵に与るためには、傾斜地にブドウを植える必要があるわけですが、農業界にあらゆるテクノロジーが導入されるようになった現代においては、農作業の大半を手で行わなければいけない畑は、労を惜しまない人材の不足と圧倒的に高いコストもあり、高品質なブドウを産するにもかかわらず栽培放棄が進み…。

自然、歴史、文化、伝統を愛するアンドレアは、自然とヒトの英知のコラボ作品とも言える、岩肌に張り付くようにして各所に点在する畑や、国際的な品種導入の陰に追いやられている伝統的な土着品種の維持&保護も目的として、ワイナリーを立ち上げます。農業機械が一切入れないような、作業効率の悪い地域にある畑やそこに植わる伝統品種を後世へと受け継いでいくためには、それらの優位性を示す必要がある…アンドレアは、このように考えたのだとオータは推測しています。

多様な生物(微生物、動植物)多様性を実現するためにビオディナミを実践、ブドウ樹のダメージを最小限に留める剪定方法を採用、醗酵を円滑に進めるために白ブドウ品種にも醸し醗酵を行い、醗酵中の温度管理も一切行わず、無濾過無清澄でボトリング。酸化防止剤も、ボトリング時にごく少量を添加。DOCのレギュレーションそのものに疑問を持ったアンドレア、2020年以降にリリースしたワインに関しては、DOCを名乗らず全てヴィーノ ダ ターヴォラに格下げすることにします。

アンドレアにバトンを託すまでの間、ブドウ栽培という伝統&文化を守ってくれていた先人に敬意を表すべく、彼らの名前がワイン名となっており、それぞれのワインに描かれている習字チックなデザインも、それぞれの人物に因んでいるそう。

各区画(◎)と、そこで産するワイン(●)をご紹介します!

◎BANQUES(バンク):アオスタ西部の町ケザレにある、標高640-700mに位置する1.2haの区画。

●LIE(リー)2016&2017:ヴァッレ ダオスタを代表する白の土着白品種であるプティアルヴィンで造るワイン。5日間の醸し醗酵、ステンレスタンクで醗酵&熟成。リーは、アンドレアの父方の祖父の名前Lie-Elia Maurice(リー エリア モーリス)から。ラベルには、ヒトを連想させるデザインが施されています。パルチザンで職人だった祖父と、ワイン造りのあり方と伝統を守るという事に対するアンドレアの想いや矜持を重ねたものとなっています。


●MIN (ミン)2017:1700年代後半にはヴァッレ ダオスタでの栽培が確認されている黒ブドウ品種のマイオレ100%のワイン。マイオレは、ヴァッレ ダオスタの土着品種の中でもっとも早熟なブドウで、州のほぼ全域で栽培されているとの事。が!!!書類レベルで確認されている栽培総面積は7ha(=トリンケーロのバルベーラの栽培面積よりも少ない…)だそう…。繊細な香りと柔らかな味わいがあり、後味に独特の苦みがあるのが特徴。ステンレスタンクでの醗酵&熟成。ミンは、父方の祖母Min Erminia Mondet(ミン エルミニア モンデ)から。エネルギーという言葉をよく口にするアンドレア、このワインには“生命”をイメージしたデザインが(そう言われれば、そうも見えなくもない気がしますが、なぜそう見えたかはなかなか説明しづらく…)。
 
●NEE(ネエ)2018:DOC名としては、トッレッテ シュペリウールにあたり、セパージュ的にはプティ ルージュ70%、コルナリンとマイオレを合わせて30%。ステンレスタンクでの醗酵&熟成。ネエは、母方の祖父ネーロのあだ名。“黄金比”、“調和”をイメージしたデザインが描かれています。

◎MONOT(モノ):州最東部にある町、ポン サン マルタンを眼下に望む(標高360-440m)場所にある、0.55haの区画。

●BOS(ボス)2018:ネッビオーロ ピコテンデロ85%、ネイレとネール ダラを合わせて15%。約1か月の醸し醗酵、1年の樽熟成の後にステンレスタンクでもう1年追熟させボトリング。ボスは、ポン サン マルタンでは古くから存在する、非常にポピュラーな名字。黒い丸が描かれているのですが、丸が月、太陽、点などを、黒がワイン造りのミステリアスな部分を象徴しているそう。

◎CLOUEO(クリウ):州最西部の、ヨーロッパで最も高い標高(1200m)にあるブドウ畑として知られている、モルジェにある0.08ha(!!!!!!)の区画(アンドレアの所有する区画は標高1050m)。クリウはヴァッレ ダオスタの方言で、フランス語のClos(クロ)にあたる言葉。“閉じた”という意味が転じて、“石壁に囲まれた区画”を指します。降雪に耐えられるよう、非常に低い棚仕立てとなっており、棚を支える支柱には石柱が使われています。

●VIF(ヴィフ)2018&2019: プリエ ブラン100%。理由は定かではありませんが、2018年ヴィンテージはヴィーノ ダ ターヴォラ、2019年はブラン ド モルジェDOCでリリース。5日間の醸し醗酵、ステンレスタンクでの醗酵&熟成。ワイン名は、今現在アンドレアが栽培を手掛ける区画の石柱に刻まれている、そこにその石柱を設置したとおぼしき人物のイニシャルVFから。山を連想させるデザインが描かれています。0.1haにも満たない畑。

モノのあるポン サン マルタンからヴィフのあるモルジェまで80km近く…。ここまで離れたエリアに畑を所有する造り手は、ヴィナイオータの中にも誰一人としていないと思いますし、このことからも、アンドレアのヴァッレ ダオスタ愛と伝統を残すための覚悟や気合が十分に伝わってくるかと…。どのワインも、凛とした佇まいがあり、(ナチュラルな)醸造方法由来のエクスキューズなど微塵もない仕上がりです。


11件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ボス・モノ・ネッビオーロ[2017] メゾン・モーリス・クレタ

5,940 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

ボスは、ポン サン マルタンでは古くから存在する、非常にポピュラーな名字。黒い丸が描かれているのですが、丸が月、太陽、点などを、黒がワイン造りのミステリアスな部分を象徴しているそう。

ボス・モノ・ ヴァン ルージュ[2020] メゾン・モーリス・クレタ

6,930 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

ボスは、ポン サン マルタンでは古くから存在する、非常にポピュラーな名字。黒い丸が描かれているのですが、丸が月、太陽、点などを、黒がワイン造りのミステリアスな部分を象徴しているそう。

※8/4以降の発送となります
※参考画像となります

ネエ・バンク ・トッレッテ・シュペリウール[2018] メゾン・モーリス・クレタ

6,633 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

ネエは母方の祖父ネーロのあだ名から名付けられた。プティ ルージュをメインに、コルナリンとマイオレをブレンドしたワイン。ローマから持ち込まれた品種と地元の野生種が交配して生まれたと考えられているプティ ルージュをメインにコルナリンとマイオレをブレンドしたワイン。

ネエ・バンク ・ヴァン・ルージュ[2020] メゾン・モーリス・クレタ

6,633 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

ネエは母方の祖父ネーロのあだ名から名付けられた。プティ ルージュをメインに、コルナリンとマイオレをブレンドしたワイン。ローマから持ち込まれた品種と地元の野生種が交配して生まれたと考えられているプティ ルージュをメインにコルナリンとマイオレをブレンドしたワイン。

※8/4以降の発送となります
※参考画像となります

ミン・バンク・マイオレ[2018] メゾン・モーリス・クレタ

5,445 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

使われているブドウ品種は、1700年代後半にはヴァッレ ダオスタでの栽培が確認されている黒ブドウ品種のマイオレ。

ミン・バンク・ ヴァン・ルージュ[2020] メゾン・モーリス・クレタ

6,633 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

使われているブドウ品種は、1700年代後半にはヴァッレ ダオスタでの栽培が確認されている黒ブドウ品種のマイオレ。

ミン・バンク・ ヴァン・ルージュ[2021] メゾン・モーリス・クレタ

6,633 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

使われているブドウ品種は、1700年代後半にはヴァッレ ダオスタでの栽培が確認されている黒ブドウ品種のマイオレ。

※8/4以降の発送となります
※参考画像となります

サン・バンク・ヴァン・ルージュ[2020] メゾン・モーリス・クレタ

6,534 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

※8/4以降出荷開始

リー・バンク・ヴァン・ブラン[2020] メゾン・モーリス・クレタ

4,554 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/白]

リーはアンドレアの父方の祖父の名前Lie-Elia Maurice(リー エリア モーリス)から名付けられたワイン。きめ細かい酸と爽やかな香りのプティ アルヴィンから造られる。5日間のマセレーションとアルコール醗酵、圧搾後ステンレスタンクにて醗酵の続きと熟成を行う。

※8/4以降出荷開始

ヴィフ・クリウ・ブラン・ド・モルジェ[2020] メゾン・モーリス・クレタ

5,742 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/白]

ヴィフは、今現在アンドレアが栽培を手掛ける区画の石柱に刻まれている、そこにその石柱を設置したとおぼしき人物のイニシャルVFから名付けられた。プリエ ブランを収穫、5日間のマセレーションとアルコール醗酵、圧搾後ステンレスタンクにて醗酵の続きと熟成を行う。

ボス・モノ・ ヴァン ルージュ[2019] メゾン・モーリス・クレタ

6,732 円
[イタリア/ヴァッレ・ダオスタ/赤]

ボスは、ポン サン マルタンでは古くから存在する、非常にポピュラーな名字。黒い丸が描かれているのですが、丸が月、太陽、点などを、黒がワイン造りのミステリアスな部分を象徴しているそう。
11件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
フレッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワイン。お手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カリニャン[2023]  クォーサーワインズ

2,475 円
マウレ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカリニャンを手摘みで収穫。ブルーベリーやマルベリーのアロマ。豊かな果実味が特徴の瑞々しいワイン。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

★SALE★【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

通常価格: 3,100 円
2,268 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。