ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年11月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ルジューヌ Lejeune

ポマール最上のクリュ「リュジアン」の古酒等、
『ドメーヌ・ルジューヌ』が一挙6アイテム!




辛口で知られるブルゴーニュワインの専門家マット・クレイマーをして、



   《とびきりのポマールを作るドメーヌ》



絶賛する素晴らしい作り手『ドメーヌ・ルジューヌ』。
しばらく、日本へは輸入が途絶えていた、歴史あるポマールの名門ですが、「ラシーヌ」さんにより久しぶりに輸入が再開されました。




今回、その「ルジューヌ」のワイン、2007年のブルゴーニュ・ルージュ。そしてポマールより最上の畑「リュジアン」の2000年を仕入れてみました。

そして偶然なのですが、輸入元フィラディスさんより、
同じ「ルジューヌ」の古酒も各少量づつですが入荷してまいりましたのそちらもあわせてご案内させて頂きます!




ポマールの偉大なプルミエ・クリュ『リュジアン』


偉大な赤ワインを多く生み出すポマールの中でも、



《最上のポテンシャルを持つ一級畑》



と評され、コート・ド・ボーヌの数ある一級畑の中でもヴォルネイの「カイユレ」と並び、実力派グランクリュと言われ、常に特級に昇格するとすれば、この2つの畑と言われています。


マット・クレイマー氏も
「リュジアンは畑のすばらしさゆえに、異論なく特級の座にのぼるべき候補とされている」


「その深くて濃密な味わいは、たいへんな強さでせまってくるうえに、気をもむほど長命でもある。すぐれた収穫年のリュジアンは15年をへてようやく花ひらき、涼しいセラーにおけば、もう15年経っても美質はおとろえない。」


と絶賛しています。




特にドメーヌ・ルジューヌはそのリュジアンの中でも、「事情通」の間で優れていると評される「リュジアン・バ」に小さな区画を所有。


ポマールでも最上の条件を兼ね備えた造り手と言っても過言ではありません。


今回入荷したのは1991年、1993年、そして1979年という、まさに飲み頃のバックヴィンテージも含まれています。


クラシックなブルゴーニュの古酒は、他に変えがないほど、本当に魅力的なものですよね。


ブルゴーニュファンの皆様、この機会を是非お見逃しなく!

ドメーヌ・ルジューヌが初めて入荷いたします。18世紀から続くポマール村の造り手で、以前は三共化学工業によって輸入されていました。今年のグラン・ジュール・ブルゴーニュの際に試飲し、優しくて丁寧な味わいのなかに、正統派ブルゴーニュの姿を感じとれました。日本のインポーターを探しておられるとうかがい、今回の入荷となりました。しばらく日本市場に品切れしていましたので、古くからのファンの方からは、待ち望まれていたというお話をいただいています。除こうせず、大樽発酵、垂直型プレスによる搾汁・・・・と古典的な醸造方法で造られています。高い樹齢、低収量のブドウから生まれるワインは、昨今の瑞々しくて均整のとれたスタイルとは反対に、色調は淡く、ややタニックで、奥のほうからゆっくりと果実感が立ちのぼり、なつかしいブルゴーニュの味わいを思い起こさせてくれます。当主のフランソワ・ジュリアン・ド・ポムロールさんは、誠実そのもので温厚なお人柄ですが、長らくリセ・ヴィティコール・ド・ボーヌ(醸造学校)で醸造の教鞭をとっていました。科学的な視点とともに、強い信念を秘めた方です。 ワインは、価格も控えめで、ユーロ高、ブルゴーニュ・ワインの高騰のご時世になんとも貴重な存在です。多くの方々に、愛されるよう願ってやみません。

株式会社 ラシーヌ 代表取締役 合田泰子氏コメントより



ここもまたとびきりのポマールを作るドメーヌとして活躍中。
看板になるのは最大区画をもつレ・ザルジリエール[ラルジリエール]だ
が、リュジアン・バも少しもつ(0.24ha)。一級レ・プテュールには
若木が植わる。ルジュヌはいまでもワインを取引業者、とくにバルトン
&ゲスティエに売っているが、おそらく出来のあまりよくないほうだろう。


「ブルゴーニュワインがわかる」マット・クレイマー著より



2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ブルゴーニュ・パストゥグラン[2015] ルジューヌ

通常価格: 2,640 円
2,244 円
[フランス/ブルゴーニュ・赤]

※参考画像になります

ブルゴーニュ・ルージュ[2015] ルジューヌ

2,805 円
[フランス/ブルゴーニュ・赤]

※参考画像になります
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《クリアランスセール》【15%OFF】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

通常価格: 874 円
743 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。