ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2024年5月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

【5/20より出荷開始】チェンティン[2019] カーゼ・コリーニ

ロレンツォの父親ヴィンチェンツォの名(あだ名?)を冠した、ネッビオーロ主体のワイン。単一品種でワインを仕込むことをあまり好まないロレンツォ博士が色やタンニンを付与するためにも少量のバルベーラをブレンドしたこだわりのワイン。

IGTウンブリア マルゴ・フィエロ・ビアンコ[2022] カンティーナ・マルゴ

2022年はさらに洗練された味わい。サラっとした感覚で飲み心地よく、後味がすっきりしているので軽やかに感じます。 ミネラル感もありお野菜と相性がよく、いろいろなお食事にも良く合います。

リーパ・ディ・ソープラヴェント(2022) ヴィットーリオ・グラツィアーノ

とてもクリーンで柔らかな味わいを感じるヴィンテージ。完熟を感じる素晴らしい果実香と、エレガントさ。 飲み心地の良さは素晴らしいの一言!

VINAYAKI ヴィナヤキ(ボナルダ)[2016] フラテッリ・エレファンティーニ

フラテッリ・エレファンティーニが上陸!アイラーヴァタは繊細で、緻密な構造とパワフルさが共存したスタイルは偉大なバルベーラの風格です。アーティストAYUMI TAKAHASHIのラベルもとても素敵です。

《500ml》パッシート・モンテ・ソーリオ[2016] ラ・ビアンカーラ

陰干したブドウで作られる甘口。ビアンカーラのパッシート。今回の2016年は間違いなく殿堂入りするヴィンテージとなりそうです。甘いワインとしては異常なまでの飲み心地の軽さを備えています。

ルジューヌ Lejeune

ポマール最上のクリュ「リュジアン」の古酒等、
『ドメーヌ・ルジューヌ』が一挙6アイテム!




辛口で知られるブルゴーニュワインの専門家マット・クレイマーをして、



   《とびきりのポマールを作るドメーヌ》



絶賛する素晴らしい作り手『ドメーヌ・ルジューヌ』。
しばらく、日本へは輸入が途絶えていた、歴史あるポマールの名門ですが、「ラシーヌ」さんにより久しぶりに輸入が再開されました。




今回、その「ルジューヌ」のワイン、2007年のブルゴーニュ・ルージュ。そしてポマールより最上の畑「リュジアン」の2000年を仕入れてみました。

そして偶然なのですが、輸入元フィラディスさんより、
同じ「ルジューヌ」の古酒も各少量づつですが入荷してまいりましたのそちらもあわせてご案内させて頂きます!




ポマールの偉大なプルミエ・クリュ『リュジアン』


偉大な赤ワインを多く生み出すポマールの中でも、



《最上のポテンシャルを持つ一級畑》



と評され、コート・ド・ボーヌの数ある一級畑の中でもヴォルネイの「カイユレ」と並び、実力派グランクリュと言われ、常に特級に昇格するとすれば、この2つの畑と言われています。


マット・クレイマー氏も
「リュジアンは畑のすばらしさゆえに、異論なく特級の座にのぼるべき候補とされている」


「その深くて濃密な味わいは、たいへんな強さでせまってくるうえに、気をもむほど長命でもある。すぐれた収穫年のリュジアンは15年をへてようやく花ひらき、涼しいセラーにおけば、もう15年経っても美質はおとろえない。」


と絶賛しています。




特にドメーヌ・ルジューヌはそのリュジアンの中でも、「事情通」の間で優れていると評される「リュジアン・バ」に小さな区画を所有。


ポマールでも最上の条件を兼ね備えた造り手と言っても過言ではありません。


今回入荷したのは1991年、1993年、そして1979年という、まさに飲み頃のバックヴィンテージも含まれています。


クラシックなブルゴーニュの古酒は、他に変えがないほど、本当に魅力的なものですよね。


ブルゴーニュファンの皆様、この機会を是非お見逃しなく!

ドメーヌ・ルジューヌが初めて入荷いたします。18世紀から続くポマール村の造り手で、以前は三共化学工業によって輸入されていました。今年のグラン・ジュール・ブルゴーニュの際に試飲し、優しくて丁寧な味わいのなかに、正統派ブルゴーニュの姿を感じとれました。日本のインポーターを探しておられるとうかがい、今回の入荷となりました。しばらく日本市場に品切れしていましたので、古くからのファンの方からは、待ち望まれていたというお話をいただいています。除こうせず、大樽発酵、垂直型プレスによる搾汁・・・・と古典的な醸造方法で造られています。高い樹齢、低収量のブドウから生まれるワインは、昨今の瑞々しくて均整のとれたスタイルとは反対に、色調は淡く、ややタニックで、奥のほうからゆっくりと果実感が立ちのぼり、なつかしいブルゴーニュの味わいを思い起こさせてくれます。当主のフランソワ・ジュリアン・ド・ポムロールさんは、誠実そのもので温厚なお人柄ですが、長らくリセ・ヴィティコール・ド・ボーヌ(醸造学校)で醸造の教鞭をとっていました。科学的な視点とともに、強い信念を秘めた方です。 ワインは、価格も控えめで、ユーロ高、ブルゴーニュ・ワインの高騰のご時世になんとも貴重な存在です。多くの方々に、愛されるよう願ってやみません。

株式会社 ラシーヌ 代表取締役 合田泰子氏コメントより



ここもまたとびきりのポマールを作るドメーヌとして活躍中。
看板になるのは最大区画をもつレ・ザルジリエール[ラルジリエール]だ
が、リュジアン・バも少しもつ(0.24ha)。一級レ・プテュールには
若木が植わる。ルジュヌはいまでもワインを取引業者、とくにバルトン
&ゲスティエに売っているが、おそらく出来のあまりよくないほうだろう。


「ブルゴーニュワインがわかる」マット・クレイマー著より



現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

コッリ・トルトネージ・ドルチェット ”イル・ブリッコ・デッレ・ストレーゲ”[2022] ラ・モレッラ

3,069 円
ロマと風味を維持するために濾過や清澄をせずに瓶詰め。古典的な手法で作られた、素晴らしいドルチェット。しっとりとした質感と旨味を持った口当たりの柔らかさが特徴。

Freistil (フレイスティル)[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

4,455 円
ニーデルマイヤーの中でも一番人気のペットナット。2022年は2021年よりドライな仕上がり。綺麗な余韻で今まで以上に焦点が合い飲み心地抜群!!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(うすくち) 720ml 梶田商店

1,555 円
淡口は春夏秋冬の四季を感じ、約一年発酵・熟成させた諸味から造り上げた天然醸造醤油です。すっきりとした中にもしっかりとお醤油の味わいを感じられる一品です。かけ醤油・煮物・焼物・汁物など、素材の持ち味を引き立たせるお醤油として最適です。

シードル[2022] トーマス・ニーデルマイヤー

2,673 円
ゴクゴク飲みすすめちゃう美味さのシードル。
トーマス・ニーデルマイヤーの畑の一角にもリンゴが植わっており、そのリンゴから自家消費用に作っている「シードル」を分けて頂きました。生産量極僅かなので入荷量も少量となっております!

メヌトゥ・サロン・ルージュ[2019] フィリップ・ジルベール

4,400 円
エレガントなピノ・ノワール。肉のグリルや煮込み、脂身の多い魚、シャルキュトリー、赤や黒のフルーツ、チョコレートなど、さまざまな料理と合わせることができます。果実味のたっぷりしたスパイシーさがあります。

ピノ・プル・プールス[2021] リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン

3,960 円
上質なモーゼルのリースリング辛口。柔らかくたっぷりと感じられる果実と華やかな白い花のニュアンス。まろやかながら冷涼な酸がしっかりと乗りとてもバランスの良い仕上がりです!ちょっと冷やして暑くなる季節におすすめ。

《1000ml》アヴァ[2021] フラヴィア

3,564 円
フレッシュで、ピュアで、新しい時代の息吹を感じるナチュラルワイン。お手頃価格でしかもリッターボトル。青リンゴや梨、エキゾチックフルーツ、白い花やハーブなどの心地良い香り、フルーティで心地良いフィニッシュには塩味やミネラル、ハーブのニュアンスを伴った旨味と微かな苦みが広がります。

レイジー・ワインメーカー カリニャン[2023]  クォーサーワインズ

2,475 円
マウレ・ヴァレーでオーガニック栽培している単一畑の自根のカリニャンを手摘みで収穫。ブルーベリーやマルベリーのアロマ。豊かな果実味が特徴の瑞々しいワイン。

ル・ジュ・ブリフィアン[2022] ドメーヌ・ジュリアン・プレヴェル

3,564 円
ロワールのキュートなロゼペティアン。やや濁りのあるサーモンピンク、さくらんぼやクランベリー、赤色リンゴのアロマ、さくらんぼの甘み、ジューシーで甘い果実感が心地よく続く綺麗でバランス良い仕上がりです。

【*】本枯節と真昆布の白だし 400ml タイコウ

3,100 円
かつお節屋が納得する白だし!タイコウの本枯節に、大阪の老舗昆布問屋『こんぶ土居』の2年栽培の白口浜真昆布をふんだんに使用し、日本で最も贅沢な白だしが完成しました。こちら1本で、日本料理のお椀が完成するように仕上げております。