ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年12月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

2006年は素晴らしい天候に恵まれた年という事で、果実感が強く、スケール感UP!凝縮感があり黒糖のような香ばしい香り。最終ヴィンテージですのでぜひ!

フリウラーノ・サン・ドリゴ[2018] デニス・モンタナール

フリウリ的な味わいながら、ラディコンやダリオなどとは全く異なる味わい、個性的だがやさし~い!信じられないポテンシャルを持っています。

プラルアール[2016] イル・チェンソ

カタラットを2週間以上皮ごと醸した、しっかりとした深みと真の強さを持った白ワイン。『黄金色』の意味を持つ方言から名付けられたプラルアール。しっかり白好きにおすすめ。

オルフェオ[2017] ルイージ・テッチェ

タウラージの造り手『ルイージ テッチェ』2017年の酷暑でリリースの難しかった全てのワインをブレンドしたのがオルフェオ。凝縮した果実味がありつつ爽やか。ちょっとシュワシュワしてます。

エクストラ・ブリュット[NV] ゴッセ

シャンパーニュで最も古い歴史を持つメゾン。葡萄本来が持つ自然な酸とピュアな味わい。きめ細やかな酸味とミネラル感のバランスが独自の旨味を引き出します。

ホーム > 産地で探す > スロヴェニア > クリネッツ Klinec

クリネッツ Klinec


スロヴェニアより大注目の造り手「クリネッツ」が入荷しております!


ラディコンやダリオ・プリンチッチなどとも親交の深いクリネッツ。


テラヴェールさんより頂いたサンプルで久しぶり飲みました改めて本当に素晴らしい造り手!

レブーラ、マルヴァジア、ヤーコット、そしてガルデリンを試飲しましたが

いずれも、個性と飲み心地を併せ持った素晴らしいワインでした~!


クメティヤ・シュテッカーやムレチニックでも思うのですが、スロヴェニアの造り手のワインは、非常に近いイタリア、オスラヴィエのワインよりも味わいがタイトで、よりミネラリー。


酸味も強く感じ、ワイン単体で完成するというより、「料理を呼ぶ」、「食欲がわく」タイプのワインな気がします。

いずれも素晴らしく美味しいですが、ピノグリージョの「ガルデリン」。
そして「マルヴァジア」は印象的でした・・・。


ちなみに、下記のテラヴェールさんのコメントで大きく紹介されている「ヴェルドゥッツォ」ですが、
非常に高価なため注文しようか迷っていたところ、某レストラン様から「全量買い」の注文が入ったそうです・・・!


「湯原さんどうします?少しなら分けてもらえそうですけど?」


とお声がけいただいたので無理のない範囲でとお願いし、特別に4本だけご厚意で譲ってもらいました。
感謝ですね・・・。(僕も飲みたいので3本だけのご紹介です)


バローロの巨匠『ジュゼッペ・リナルディ』をして、すべての要素を兼ね備えた「白いバローロ」と評された2003年の『ヴェルドゥッツォ』!



実はこのヴェルドゥッツォ50~60本ほどの入荷なのでまだだ試飲できていませんが・・・。これは気になりますよね。



▼クリネッツHP
http://www.klinec.si/


────────────

スタンコ・ラディコンの1周忌でスタンコと交流のあった造り手達が集まった宴会に「クリネッツ」のアレクスも勿論参加していました。各造り手が自分のワインを持ち寄る宴会。

参加者はダリオは勿論、フォラドリのエリザベッタやモンテセコンド、ラ・ストッパ、バッケレート・・・。その中にバローロの重鎮「ベッペ・リナルディ」もいました。

ベッペがクリネッツのヴェルドゥッツォを飲んで言った言葉が

「これはなんだ?真に偉大なワインは大抵赤ワインだが、この白ワインは偉大な ワインの要素を全て持っている。まるで白いバローロだ!」
というもの。
(余談ですがラディコンは真に偉大なワインは白だといってましたが・・・)

アレクスは栽培が難しく、生産量も安定しないし、完熟時期が非常に短く、面倒でしかない品種とも言われる地元品種ヴェルドゥッツォを愛していましたが、仕事上は難しく、諦めるか、悩み続けていました。そんな時に背中を押してくれ
たのがスタンコ・ラディコンとダリオ・プリンチッチだったそう。

今ではヴェルドゥッツォの作付け面積を徐々に増やしています。
スタンコ、ダリオの助言で改良したヴェルドゥッツォを大好きな造り手であるベッペ・リナルディが最大限に褒めてくれたことが嬉しかったらしく、僕が訪問した時はヴェルドゥッツォ開けまくり!

詰まった果実に凝固なタンニン。力強さに隠れていますが酸度、そしてミネラルも実はもの凄く強いんです。開けたてから威圧的なほどに迫ってくるようなワイン!

ですが、本領発揮は2日後。滑らかさが出てきて初めてこの品種の艶かしさ、魅力が解ります。強いだけの品種ではありません。

さぁ、クリネッツ販売開始です。
野菜栽培、豚の飼育、そして、それを使ったトラットリアを経営し、自ら生ハムも料理も造りながら、ワインまで造ってしまうクリネッツ。マセラシオン系白ワインの1つの最高傑作だと思っています。

重くない、ベタつかないマセラシオン。強いけど飲み飽きない。重いけど軽やか。
アレクスの料理もそうでした。麦のズッパはバターでコクがあるけど生の香草とスパイスでいくらでも食べられます。皮付き豚のグリルは5cmの脂もビネガーと蜂蜜で軽く食べられます。アレクス!ボン・センソ!

────────────
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

モーラ[2009] クリネッツ

11,220 円
Mora 2009 Klinec

クエラ[2011] クリネッツ

5,797 円
Quela 2011 Klinec

オルトドック[2006] クリネッツ

12,155 円
Ortodox 2006 Klinec
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

2,376 円
イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

2,332 円
瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
今回のロットは少し泡が強めです。

ティン・トレッビアーノ[2018] モンテセコンド

3,861 円
細く鋭い味わいのモンテセコンド。トレヴィアーノはアンフォラで半年間皮ごと醗酵&熟成を行ったワイン。

アルネイズ・デザヤ[2017] カッシーナ・フォルナーチェ

2,871 円
2017年はDOCGに落ちてしまいましたが、猛暑に見舞われたために猛烈な凝縮が起きたヴィンテージ。いつも以上に強い 果実味と香り、 アロマの高さ、柔らかみを持った味わいは、むしろ魅力的に感じられます。

オー・コーデレイエ[2017] ポール・バール

3,168 円
口当たりは柔らか、きめ細やかなタンニン分を感じます。堅実で安定感のあるボルドーのスタイルですが、余韻が繊細でひっかかりのない飲み心地を楽しめます。

《330ml》シードル・ロゼ サッシー

682 円
ノルマンディー産・ロゼ・シードル。スイート系と酸味の強い品種を中心に、18種類のリンゴをブレンド。甘酸っぱい酸味の後に広がる果実味が心地よく、洗練されたエレガントな味わいが舌に残ります。アルコールも3%と低く食前酒のほか、シャーベットやペストリーなどのデザートのお供にぴったりです!

ジュー・ド・マン[2017] ドメーヌ・レスカルポレット

4,455 円
じんわりと広がる滋味深い旨味と繊細で優しい果実味、綺麗さのある酸とミネラルがバランスよく感じられるエレガントな味わい。スタンダードキュヴェからワンランク上がった味わいです。大き目のグラスでお楽しみください!

ガズゥイ(2019) シルヴァン・マルティネズ

3,960 円
レモンの柑橘系の甘酸っぱさや、熟した果実やはちみつのような旨み。シュワシュワのくつあたりでゴクゴクいけちゃいます!

《180ml》日置桜 福ねこラベル純米酒 ワンカップ 29BY

605 円
頑張っている自分自身へのご褒美に、大切な方へのちょっとしたプレゼントに。気軽に飲めて、ねこラベルがかわいい女性も愛着をもてるワンカップ。売り上げの一部は保護猫団体「猫じゃらし」に寄付されます。

クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

2,673 円
ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。