ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年1月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

ランゲ・ロッソ[2018] G.D.ヴァイラ

地味に売れ続けているヴァイラ。クラシックなピエモンテ。

ホーム > 産地で探す > イタリア > エミリア・ロマーニャ > イル・マイオーロ Il Maiolo

イル・マイオーロ Il Maiolo



ヴィナイオータさんよりエミリア・ロマーニャの新しい作り手である「イル・マイオーロ」。

春に第一弾が入荷し、「あっ!」という間に完売となりましたが、待望の再入荷となっております!

実はこの「イル・マイオーロ」、実際にはもう少し価格の高いワイン・・・。
ちょっと「訳アリ」でかなりお値打ちな価格にて日本に入荷いたしました。

このイル・マイオーロ、6年前にアルベルト・アングイッソラに連れられて太田さんと一緒に僕も訪問しています。

彼の整然としたきれいなカンティーナ、そして輝くような一面緑の美しいブドウ畑を見せてもらった後(当たり前のように除草剤は使用していません)、ワインを一通り試飲させてもらいました。
ワインは本当に素晴らしく、リリースまでじっくり熟成させた完成度の高いもの・・・。果実も充実していて、文句のつけようのないものでした。

しかし、その時話題なったのは
ワインが何種類もあるのに「ラベルの色でしか判断できない」という点。

第二にいまでは信じられない話ですが、6年前は、イル・ヴェイなどのエミリア・ロマーニャのワインがヴィナイオータさんでもそこまで売れていなくて手が回らない。
そしてほかのインポーターさんがすでに接触している。

という理由で、その時は「イル・マイオーロ」は話が流れてしまいました。


また、オーナーのフランチェスコ氏の本業が弁護士で非常に忙しく、
「良いもの造ってれば勝手に売れる」と高を括っていたようでして・・・。

今回、その6年前に試飲したヴィンテージがまだ残っていて(2004年!)日本に到着することとなりました。

しかも、かなりの量を引き取る約束で大幅にディスカウントしてくれたそうです・・・。

ワインは毎年できるものですから6年前にまだ余裕があったカンティーナのスペースも売れ残ったワインのボトルでパンパンになってしまったというのもあるのではないでしょうか。

今回、そのイル・マイオーロの2004年、2005年、2006年ヴィンテージが入荷しております。


いずれも素晴らしい熟成感のある驚くべき飲み心地!
黒糖に通じる香ばしさからリキュール的凝縮感、やわらかく熟したタンニン分。

しっかりとした濃さがありながらも熟成により柔らかく軽やかさをました飲み心地は、この価格帯でありながらも「ストッパ」の「マッキオーナ」にも通じる雰囲気を持っています!

「訳アリ」でなければ、絶対にこの価格にはならないハイクオリティな「イル・マイオーロ」これはまとめ買いしていただきたい超注目の
赤ワインです!



────────────

・当主のフランチェスコは弁護士で、ワインのセールスに費やせる時間が もともと少ない。
・ここ3-4年はお母さんの介護でますます時間が取れなかった。
・彼が販売に集中できなかった期間、地元ピアチェンツァ、パルマ、クレモナなどのゾーンをカバーするエージェントだけが売っているような状況で、大きな販売網がなかった。
・当初は、ワインにクオリティさえあれば勝手に売れていくものだと高を くくっていた(笑)。
・ワイン自体が真価を発揮するのにすごおおおおく時間がかかった。

畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーション、長期間の樽熟成…スタイル的にはラ ストッパに通じるところがあるかもしれません(土壌地質的にもかなり似通っているそう)。セラーには未だ樽で熟成中の2011年がっ!
今回届いたワインは、イル マイオーロ ロッソ リゼルヴァの2004、2005、2006で、それぞれの特徴としては、

■熟成感&重量感→04
■熟成感&飲み口の軽やかさ→05
■軽い熟成感&果実→06
 といった感じでしょうか。圧巻のコスパです。是非!!

輸入元コメントより

────────────





現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

トスカーナ・ビアンコ[2020] オットマーニ

2,475 円
トレッビアーノのボディ、マルヴァジアの香り。飲み心地の軽やかな(でも味のある)白ワインです!ほんとうにおすすめ!

【*】天然醸造丸大豆醤油 巽(こいくち) 720ml 梶田商店

1,296 円
旨みがたっぷり!どんな料理に使っていただいても料理の味を引き上げてくれる醤油です。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

【*】オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ パラディーソ・ディ・マンフレディ

5,616 円
あの、イル・パラディーソ・ディ・マンフレディのオリーヴオイル。
ブルネッロの畑のわきに植わるオリーヴの木から作られる極少量作られるオイル。
ワインだけでなくオリーブオイルも素敵な仕上がり!!

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

アジネジナウ[2019] パーネヴィーノ

6,050 円
サルデーニャの鬼才パーネヴィーノ2019年!カンノナウ、カリニャーノ   サルデーニャ語で“ご近所さんのブドウ”意味するアジネジナウは、その名の通り近隣の農家が育てたカンノナウ&カリニャーノで造るワインです。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

シードル・ド・チュルゴヴィ[2019] シードルリー・デュ・ヴュルカン

2,871 円
非常に古い品種でつくられた辛口のシードル。
ふくよかな果実味があり、そこに程よくフレッシュな酸味が加わる柔らかな飲み心地のシードルに仕上がっています。