ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

オロンシオ Oroncio

ブルゴーニュ愛好家なら誰もが、各地を歩きまわって自分自身のワインを造ることを 一度は夢見るでしょう。
その夢をかなえたのがこのオロンス・ド・ベレールなのです。若きパリジャン、オロンスはヴォーヌ・ロマネで最も古い建物である“メゾン・ロマ ネ”に移り住んできました。

彼は、馬による畑の耕作を請け負い、それを仕事としています。クロ・デ・ランブレイ、ティボー・リジェ=ベレール、ドメーヌ・デ・ゼプノー、コ ント・ラフォンなど…
いくつもの名門ドメーヌが彼の顧客です。

そして、ボーヌの醸造学校で学び、彼はネゴシアンとして自分自身のワインを造りは じめることにしたのです。
彼は耕作請負人として様々な生産者と仕事をしているため、優れた区画から葡萄を分 けてもらえるのです。

2006年、彼はペルナン・ヴェルジュレス・ブラン、ニュイ・サン・ジョルジュ・ルー ジュ、ジュヴレ・シャン ベルタン、コルトン・シャルルマーニュ、そして『スター・テール』と名付けたACブ ルゴーニュをリリース しました。
彼はもう一人の醸造責任者と一緒にメゾン・ロマネの地下でエルバージュを行いまし た。

彼のワインの特徴は、ほとんど新樽を使用しない点、そしてポンプによる澱引きを行 わない点です。
濾過も清澄もせず、すべて自分たちの手で瓶詰めまでを行います。

2007年ヴィンテージは、シャンボール・ミュジニー、ポマール・プルミエ・クリュを リリース。
彼は無料で畑を耕作する替わりとして優れた葡萄を手に入れることができるのです。
この仕事のお陰で、彼は年に数回、葡萄の品質をチェックする機会を得るのです。 さらに彼はロワールのプイイ・フュメとローヌのシャトーヌフ・デュ・パプも圧搾直 後の果汁で買い付ける ことができました。

ブルゴーニュでは異例な、素晴らしいテロワールを知り尽くした新しいネゴシアンが ここに誕生しました。

*2007年より、ブルゴーニュで手に入れた葡萄で仕込み、熟成させたワインをラ・メ ゾン・ロマネ 果汁から仕込むブルゴーニュ以外のロワールやローヌをオロンシオ。モノ・セパー ジュでのワインを スター・テールとして、3つのシリーズで構成されています。

彼はボーヌで勉強して、ワイナリー経営と醸造学のディプロマを取得しました。そしてポマールのコント・アルマン、コルトンのシャンドン・デ・ブリアイユ、ルー ションのドメーヌ・ ゴビーでワイン造りを学びました。
彼がこれらのドメーヌを選んだ理由は、伝統的な ワイン造りの技術と 最新の醸造学を学ぶためでした。
これらのドメーヌではビオディナミ栽培を採用して います。

そして、このことは彼が馬で畑を耕作するために極めて重要なことなのです。2005年、彼は愛車であったハーレー・ダヴィッドソンを売却し、愛すべき彼の馬、 『プロスペール』を迎え入れたのです。

彼は愛馬『プロスペール』のブリーダー、モルヴァンと呼ばれる馬師 と共に数カ月を暮らし、 馬について学びました。
今日では、彼はブルゴーニュのみならず、世界各国(ボルドー、シャンパーニュ、アメリカ、カナダなど)の ワイナリーに対して、馬を用いた畑耕作のアドバイザーとしても活躍しています。
彼のワインにはコンサルタントは介入していません。ヴィンテージの傾向について他 のワイン生産者と相談を 意見を交わすことや、ワインの熟成を見るために、分析を専門家に頼むことはあります。
ワインはコンサルタントのものではなく、彼のものである、との確固たる信念があるからです。

●哲学
オロンス・デ・ベレールの哲学は、収穫を尊重することそのものです。
私は、常に柔 らかく抽出することを心がけています。彼は、機械の振動が、ワインの特性を失わせると信じています。そ のため工業的な醸造用具は一切使いません。
ポンプによるワインの移動はワインを疲弊させてしまうため、重力でのみワインを移動させます。ワイン造りに おいて最も大事な熟成の段階では、科学的なアプローチではありません。彼は月の運 行カレンダーに従った自然な方法を用います。

●樽について
彼は樽のニュアンスがワインの味に影響を与えることを嫌います。彼が使用する樽はアリエ産、ヴォージュ産のもので、3年間かけて自然乾燥させたも のを使用します。

(輸入元資料より)

3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。