ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お買い物の前に

ランキング

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

コエノビウム[2020] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。琥珀色をしたしっかりとした飲み応えが特徴です。

キャンティ・クラッシコ[2019] モンテセコンド

今で もカンティーナを守り続けるエチケットのガマガエルはエクアドルの守り神といわれている。果実の凝縮度と美しい酸を兼ね備えたキャンティ。

リースリング・アルテンベルク・ドゥ・ヴォルクスハイム[2018] メゾン・リスナー

驚くべきテンションを持った特別なワイン、ジュラール・シュレールのリースリング・グランクリュを思わせる香りと密度、そして余韻。本当に素晴らしいワインです!

ホーム > 産地で探す > チリ・アルゼンチン > アグリコーラ・リュイット・リミタダ Luyt Limitada (チリ)

アグリコーラ・リュイット・リミタダ Luyt Limitada (チリ)

ルイ・アントワーヌ・リュイットが生み出すワイン達は、まるで上質なフランスワインを飲んでいるかと錯覚するほど。

衝撃のデビューを果たしたチリの『リュイット・リミタダ』。今までの「チリワイン」のイメージを覆す程の衝撃のワイン達・・・。
南半球のワインからくる味わいのイメージからはかけ離れ、洗練された驚くべき味わいでした。

そして、「新酒」的な位置づけとなる、「ピペーニョ」シリーズの圧倒的なクオリティに対するお値頃感・・・。

某インポーターのバイヤーをして、『リュイット・リミタダは黒船』『あれには太刀打ちできない・・・』と白旗を上げるほど、他のインポーターにとっては衝撃だったようです。

昨年の晩秋、ラシーヌさん事務所で行われる恒例の新着試飲会での事でした。

新着ワインの試飲が一通りおわり、さて帰ろうかなと思ったところで、ラシーヌの代表の塚原さんから手招きされました。
「上に、今度はじめるワインがあるから・・・」と5階の事務所に招かれました。(試飲会はいつも一階の試飲ルームで行われるのです)

そこでまっていたワインというのが、なんと『チリワイン』!

今度、ラシーヌさんでチリワインを始めるとの事。「チリワイン」というと、どうしても「安くて、でも濃さがあって」というイメージ。正直、「ラシーヌ」が扱うイメージがどうしても湧いてきませんでした

塚原さん、合田さんはフランスでこのチリのワインを試飲し、そのクオリティに驚き、はるばる現地のチリまで飛んだのだそうです。

塚原さんとワインについて説明を聞きながらマンツーマンでテイスティングさせて頂きました。

正直、最初は半信半疑でしたが、最初の一本目、一口目を口に含んだ今までのチリワインのイメージがガラガラと崩れる音が(笑)

味わいはフランスのヴァンナチュールに通じる雰囲気。しかし、「チリ」という恵まれた土地と気候を味方につけ、ブドウのレベルの高さ。太い余韻と重心の低さを感じさせてくれる素晴らしいものでした。


「チリワイン」に共通してみられるあのユーカリのような香りがまったくなく、スルスルと飲める驚くべきワイン達でした。

------------------------------

当主のルイ=アントワーヌ・リュイット氏はフランス人。独立間もないフィリップ・パカレやルイ・ジャドで醸造の研修。その後、ボーヌの醸造学校に通い、マルセル・ラピエールで8年にわたり働いたリュイット氏。

22歳に初めて訪れ、魅せられたチリにワイン造りのためにわたります。
2006年にはチリでドメーヌ『クロ・ウヴェール』を始める。2010年の地震により一度はドメーヌの閉鎖を余儀なくされるも、強い信念のもとに再起し、現在に至ります。
哲学: Faire meilleure avec tres bon raisin d’ici avec du bon prix.
 Tout le monde gagne!
この土地のブドウから最高の仕事をして適正な価格のワインを造る。皆が必要な分だけもうけを手にする。


今回もすぐに完売が予想される『リュイット・リミタダ』!
「どうせチリワインでしょ?」
と、思っている方にこそ飲んでほしい驚くべきクオリティのワインです!
現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

ソラリス[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ソラリスは香り高さの中にも、柔らかくふくよかさのある味わい。上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさあり、2018年は、天候に恵まれた素晴らしいヴィンテージです。


イル・コロンチーノ[2019] ファットリア・コロンチーノ

3,366 円
白桃や熟した柑橘の香り。豊かな果実味と、柑橘の爽やかな酸味の余韻が長く続く。これからの季節におすすめ。

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。シャーベットアイスやシトラスの味わいと酸味が絶妙に調和。

オザミ・ドュンヌ・トランシュ・シャルムーズ(NV) フィリップ・ジャンボン・セレクション

3,168 円
ジャンボンの感性が爆発したキュヴェ。熟したイチゴ、赤系の小粒なベリーの香り、味わいはドライな仕上がりで、タンニンも熟成によりマイルドになっている為、シンプルな果実味が前面に感じられます。

ヴァン・ムスー アトモスフェール・ジョ・ランドロン[NV] ランドロン

2,970 円
おすすめデイリー。繊細な泡とミネラル感がとても心地よく、ドライですがフルーティさもしっかりと残る人気のスパークリング。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

【*】極みつゆ(300ml) 梶田商店

518 円
1874年以来、醤油醸造一筋。自然と伝統技術の調和を重んじ、“美味しい”を追求する醤油蔵です。
その梶田商店さんが造る極みつゆ。煮物・天つゆ・丼もの・すき焼きなどのベースとしてお使いいただけます。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

《330ml》ナンヨーサイダー[2020] グレープリパブリック

800 円
ふじのフレッシュさとラ・フランスのジューシーさを合わせ持つジャパニーズサイダー甘味と酸味の対比があり、低アルコールで程よい発泡のため、心地いい飲み口を楽しめます。塩気のある料理やジューシーな油脂が感じられる料理と相性抜群。バーベキューにぜひお試しください!