ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2020年9月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

レーズンを思わせる熟成したニュアンスがありながらも、まだまだフレッシュな果実感。伸びやかな酸味をもった驚くべき仕上り。

フリウラーノ・サン・ドリゴ[2018] デニス・モンタナール

フリウリ的な味わいながら、ラディコンやダリオなどとは全く異なる味わい、個性的だがやさし~い!信じられないポテンシャルを持っています。

プラルアール[2016] イル・チェンソ

カタラットを2週間以上皮ごと醸した、しっかりとした深みと真の強さを持った白ワイン。『黄金色』の意味を持つ方言から名付けられたプラルアール。しっかり白好きにおすすめ。

VDFルージュ・ル・ヴァガボン(2018) ブノワ・カミュ

しっとりしみじみと旨みを感じさせてくれるヴァガボン。しなやかな果実味とバランスのよい酸味、余韻の柔らかさなどが心地よく、じっくりと空気に触れさせてあげることで、しなやかで柔らかい風味がぐっ~と引き出される女性的な印象のワイン。

クレマン・ダルザス・ブリュット(NV) ドメーヌ・フィッシュバック

ブラン ド ブランのシャンパーニュを想起させるような、柔らかで丸みのある果実味と爽快な酸味とのバランスが心地良いクレマンです!

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > コッレカプレッタ Collecapretta

コッレカプレッタ Collecapretta

ウンブリアに残っていた『農家の手作りワイン』
ウンブリアの奥地スポレートで有機栽培の野菜の栽培を主とした農家、コッレカプレッタ。一部の畑には葡萄も植えており、一度も農薬を使用しないで昔ながらのワインをガレージで造っている。

奇跡的に残っていた田舎のワイン
『ヤギの丘』を意味するコッレカプレッタはウンブリア南部のスポレート郊外に位置。ヴィットリオとアンナ夫妻、そして娘のアンナリサによって地元品種のオリーヴ、小麦や野菜等の栽培、そして固有品種によるワイン造りを行っている。
生産量は7000本程度。『ウンブリアの中でも標高が500m を越し、昼夜の寒暖差が大きい。そしてコッレカプレッタの丘はカルシウムと鉄分が豊富な粘土と石灰層が折重なった優れた土壌だ』(醸造責任者ダニッロ)畑では一切の化学薬品も有機肥料も使われない。彼等の飼育している動物の糞と葡萄樹の枝や剪定された果実のみが肥料となって葡萄樹の生育は進んでいく。『僕はここ、スポレートで生まれた。昔から何も変わらずに行われているコッレカプレッタのワイン造りに大きなポテンシャルを感じ、ワイン造りを手伝うことにした』(ダニッロ)

完全酸化防止剤無添加
ダニッロは大学卒業後、建築関係で働いていたが、縁あってモンテファルコのワインセラーで働き始める。『1900年代後半のワインはエノロジストの台頭によって技術革新が進んだ。結果として、ある意味での完璧なワインがお金を稼ぐようになり、地域性や自然の癒しはワインには存在しなくなってしまった』その後、Porthos 誌で現代的ワイン造りやワイン業界を批判する記事を書き続けることとなる。2000年代に入るとラディコン、レ・ボンチ、リナルディ、ロアーニャなどと交流を持つようになり、ナチュラルワインについて執筆を続ける。2002年にはヴィーニ・ヴェーリ、2003年にはヴィッラ・ファヴォリータを成功させ、ナチュラルワインのムーブメントを一気に加速させていった。『2005年、地元に戻り、コッレカプレッタの昔ながらのワインに触れ、そのポテンシャルに気付かずにいることに気付いた』ダニッロは地元に根差した造り手達の発掘と醸造から販売までを手掛けるようになっていく。コッレカプレッタの醸造は至ってシンプル。ぎりぎりまで完熟を待ち、手作業で選別しながら収穫(ここで腐敗果を完璧に取り除くことが重要)。手で果実を潰しながらホーロー製のタンクに投入。自然酵母のみで発酵を開始。発酵は開放発酵で温度管理も行わない。しかも、酸化防止剤も一切使用しない。

トレビアーノ・スポレティーノ
収穫を遅らせたトレビアーノ・スポレティーノ種の果皮はピンクに色付く。10日程度マセラシオンすることで若干色調が濃くなっている。Terra dei Preti は綺麗な果実とコッレカプレッタという土地を表現するミネラルに支えられているが、染み入るように優しい飲み口を実現している。赤のベースとなるのが Rosso daTavola。サンジョヴェーゼから造られる田舎っぽいワインだが、やはりミネラルに支えられているので、どこか引き締まったスタイル。年間生産量は僅かに3000本。そして、彼等の最上級キュヴェが Le CeseSelezione Sangiovese。樹齢60年以上のサンジョヴェーゼから造られるこのワインはセメントタンクで2年熟成、その後木樽で18ヶ月以上熟成させてから出荷される。ウンブリア、いやイタリアを代表するワインに育っていくかもしれない。
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
4件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

バルベーラ・ダスティ ストリカ [2018] アルフィエロ・ボッファ

2,376 円
イタリアのトラットリアなどで気軽に飲むようなスタイルのシンプルで上質なバルベーラ。

750ml Koti (ホワイトエール) koti brewery

2,332 円
瓶の中で酵母が自然に泡を作り出す製造方法をとっている、自然な泡立ちのビール。
今回のロットは少し泡が強めです。

サッサイア・スペシャル・エディション[2018] ラ・ビアンカーラ

3,410 円
キレ味良く、飲み心地の良い味わいの「サッサイア」。
半年間長く樽熟成したスペシャルバージョンです!
よりふくよかで奥行きのある仕上がり。
幅広い食事に寄り添ってくれます。

アルネイズ・デザヤ[2017] カッシーナ・フォルナーチェ

2,871 円
2017年はDOCGに落ちてしまいましたが、猛暑に見舞われたために猛烈な凝縮が起きたヴィンテージ。いつも以上に強い 果実味と香り、 アロマの高さ、柔らかみを持った味わいは、むしろ魅力的に感じられます。

オビ・ワイン・ケノ・ビュル・エピソード 3 [2018] フレデリック・ゲシクト

4,158 円
きめ細やかで控え目な泡!酸味が美しく、しっかりと冷やして飲むことで爽やかさがさらに演出されます。

《330ml》シードル・ロゼ サッシー

682 円
ノルマンディー産・ロゼ・シードル。スイート系と酸味の強い品種を中心に、18種類のリンゴをブレンド。甘酸っぱい酸味の後に広がる果実味が心地よく、洗練されたエレガントな味わいが舌に残ります。アルコールも3%と低く食前酒のほか、シャーベットやペストリーなどのデザートのお供にぴったりです!

マルカレオーネ[2017] クレアルト

2,772 円
ピエモンテの言葉で「上出来」を意味するMarcaleone。樹齢60 年以上の古木グリニョリーノから作られる、ピュアな果実味の奥に複雑な旨味があり、変化が楽しめます。

ロンカイエ スイ・リエーヴィティ[2018] メンティ

2,673 円
レモンのような瑞々しい果実味と爽やかな酸味。心地のいい微発泡は、冷やしめで飲めばすっきり爽快!
気が付けばボトルもからっぽに!?

少し温度を上げれば白桃のような旨みも出てきますよ!

《1800ml》日置桜 青冴え玉栄 純米酒 R1BY

3,080 円
玉栄を原料とした純米酒をセレクト。青みがかった淡黄色を持ち、出来の良い酒に現れると言われる色沢の青冴え。生酒とはまた違った清涼味を持ち冷がおすすめです。

クール・ド・レザン[2019] マルク・ペノ

2,673 円
ヴァン ド プリムールの様に気軽に且つ爽快な味わいと飲み心地を目指して造られたキュヴェ。

軽やかで春〜夏にかけて大活躍しそうな味わいです。