ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > コッレカプレッタ Collecapretta

コッレカプレッタ Collecapretta

ウンブリアに残っていた『農家の手作りワイン』
ウンブリアの奥地スポレートで有機栽培の野菜の栽培を主とした農家、コッレカプレッタ。一部の畑には葡萄も植えており、一度も農薬を使用しないで昔ながらのワインをガレージで造っている。

奇跡的に残っていた田舎のワイン
『ヤギの丘』を意味するコッレカプレッタはウンブリア南部のスポレート郊外に位置。ヴィットリオとアンナ夫妻、そして娘のアンナリサによって地元品種のオリーヴ、小麦や野菜等の栽培、そして固有品種によるワイン造りを行っている。
生産量は7000本程度。『ウンブリアの中でも標高が500m を越し、昼夜の寒暖差が大きい。そしてコッレカプレッタの丘はカルシウムと鉄分が豊富な粘土と石灰層が折重なった優れた土壌だ』(醸造責任者ダニッロ)畑では一切の化学薬品も有機肥料も使われない。彼等の飼育している動物の糞と葡萄樹の枝や剪定された果実のみが肥料となって葡萄樹の生育は進んでいく。『僕はここ、スポレートで生まれた。昔から何も変わらずに行われているコッレカプレッタのワイン造りに大きなポテンシャルを感じ、ワイン造りを手伝うことにした』(ダニッロ)

完全酸化防止剤無添加
ダニッロは大学卒業後、建築関係で働いていたが、縁あってモンテファルコのワインセラーで働き始める。『1900年代後半のワインはエノロジストの台頭によって技術革新が進んだ。結果として、ある意味での完璧なワインがお金を稼ぐようになり、地域性や自然の癒しはワインには存在しなくなってしまった』その後、Porthos 誌で現代的ワイン造りやワイン業界を批判する記事を書き続けることとなる。2000年代に入るとラディコン、レ・ボンチ、リナルディ、ロアーニャなどと交流を持つようになり、ナチュラルワインについて執筆を続ける。2002年にはヴィーニ・ヴェーリ、2003年にはヴィッラ・ファヴォリータを成功させ、ナチュラルワインのムーブメントを一気に加速させていった。『2005年、地元に戻り、コッレカプレッタの昔ながらのワインに触れ、そのポテンシャルに気付かずにいることに気付いた』ダニッロは地元に根差した造り手達の発掘と醸造から販売までを手掛けるようになっていく。コッレカプレッタの醸造は至ってシンプル。ぎりぎりまで完熟を待ち、手作業で選別しながら収穫(ここで腐敗果を完璧に取り除くことが重要)。手で果実を潰しながらホーロー製のタンクに投入。自然酵母のみで発酵を開始。発酵は開放発酵で温度管理も行わない。しかも、酸化防止剤も一切使用しない。

トレビアーノ・スポレティーノ
収穫を遅らせたトレビアーノ・スポレティーノ種の果皮はピンクに色付く。10日程度マセラシオンすることで若干色調が濃くなっている。Terra dei Preti は綺麗な果実とコッレカプレッタという土地を表現するミネラルに支えられているが、染み入るように優しい飲み口を実現している。赤のベースとなるのが Rosso daTavola。サンジョヴェーゼから造られる田舎っぽいワインだが、やはりミネラルに支えられているので、どこか引き締まったスタイル。年間生産量は僅かに3000本。そして、彼等の最上級キュヴェが Le CeseSelezione Sangiovese。樹齢60年以上のサンジョヴェーゼから造られるこのワインはセメントタンクで2年熟成、その後木樽で18ヶ月以上熟成させてから出荷される。ウンブリア、いやイタリアを代表するワインに育っていくかもしれない。
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《クリアランスセール》【15%OFF】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

通常価格: 874 円
743 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。