ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2022年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > 産地で探す > フランス > コート・デュ・ローヌ > 本拠地 コート・デュ・ローヌ南部 > ロッシュ・ビュイシエール Roche Buissiere

ロッシュ・ビュイシエール Roche Buissiere

ロッシュ・ビュイシエール





リアルワインガイドの11号の表紙を飾り、「旨安ワイン」として高い評
価を獲得したロッシュ・ビュイシエールの『アブラカダブラ』。




そのアブラカダブラは「フロンフロン」という可愛らしい響きの名前に
かわって戻ってまいりました!


ロッシュ・ビュイシエールは、コート・デュ・ローヌのワイナリー・
1974年にピエール・ジョリー氏が7ヘクタールの畑を手に入れ、オリーヴ
アプリコットの栽培をスタートしたのが始まり。


その当時から、ビオロジックを実践し、その歴史は四半世紀という、
有機栽培では非常に古い歴史を持つワイナリーです。




あのニコラ・ジョリーがビオディナミによるブドウ栽培をスタートさせた
のが1980年ということを考えると、驚くべきことですよね!


1999年に現当主のアントワーヌがワイナリーを継いでからそれまで
協同組合などにブドウを売っていたのをやめ、自ら醸造をスタート。


自然派ワインの醸造コンサルタントとして、「マルセル・リショー」等
と活躍する、ヤン・ロエル氏を向かえています。




ヤン・ロエル氏、フランスの自然派ワインの醸造家のなかでは、今や
フィリップ・パカレ等と並び、最も注目を集める醸造家ですよね!




そのヤン・ロエルをして、マルセル・リショーと並び
「最も力を入れている」というのが、この『ロッシュ・ビュイシエール』
なのだそうです!




今回、ロッシュ・ビュイシエールから入荷してきたのは4つのキュヴェ!


果実味たっぷりの『プティ・ジョー』、個人的にはかなり好みの、筋肉
質で引き締まった印象の『ル・クロー』!




さらに柔らかでリッチな果実味と華やかな香りを持つ、旧名アブラカダブ
ラ『フロン・フロン』。
さらに、入荷しても毎年すぐに完売してしまうトップ・キュヴェ『ガイア』
も今年は12本入荷して参りました!




このクラスのワイン、特に赤ワインでは雑誌などで高く評価されていても
「すこしの我慢」が必要な場合って多いのですが、プティ・ジョーにしても
ル・クローにしても本当に完成度が高く、手放しで「美味しい」と言って
頂けると思います!

この価格で、この美味しさを実現してくれたロッシュ・ビュイシエールと
「どうしてもこの価格で紹介したい!」と、ホトンド利益無しで紹介
してくれている輸入元に感謝ですよね!






四半世紀に渡る「ビオロジック」の歴史
1974年、ピエール・ジョリー氏が、7haの農場を入手しぶどう畑、オリーブ畑、そしてアプリコット栽培を開始したのが蔵の始まり。ピエール氏はもう既にこの時から「環境保全」を念頭に置いた農業をはじめた。その為、同社は1979年に有機農法の認証団体「ナチュール・エ・プログレ」に認証される。この頃はやっとぶどう栽培以外の一般の農業分野で「ビオロジック」が注目しはじめた時期であり、同社は現在世界的注目を集める「自然派ワイン」の先駆者的な生産者と言えます。ちなみに、自然派ワインの教祖的存在であるニコラ・ジョリー氏が「ビオディナミ」でのワイン生産を始めたのは、1980年から・・・。また同社は、現在「ナチュール・エ・プログレ」に続き、近年人気が高まったビオロジック認証団体「エコセール」にも認定されています。
開始当初より「自然派栽培」を続けている大きな理由は『自然を大事にして、土壌の風味を出すため・・・』と語る
当主は、その当時より“コート デュ ローヌ”らしさを求めていたとても先進的なぶどう栽培者と言えるでしょう。
同社は、1980年代に入るとアプリコットの生産を徐々に止め、ぶどう栽培専科へと移っていきました。しかし、栽培・収穫したぶどうは、共同組合に運んでおり、自らワイン醸造は行っていませんでした。
息子アントワンヌ氏が蔵の仕事を手伝うようになった1999年、所有する畑の面積も20haを超えた事を機にDOMAINE(栽培・醸造家)として独立しました。独立当初は資金的に困難だったため、友人のワイナリーから設備を借りながらのスタートでした。しかしDOMAINEとしても独立は、アントワンヌ氏の「夢実現」の第一歩です。
アントワンヌ氏は自らのワイン造りを志して、ボーヌの農業学校で勉強した後「環境保全」や「水質管理」について
学び、「自然を尊重した農業」を目指しながら、1年を通したぶどう栽培と醸造の経験を積みました。
氏曰く「畑仕事から始まり瓶詰めまでの全ての作業は、テロワールの自然な味わいをより多く表現するための”手助け”
であるべき」と語ります。実に謙虚で誠実なワイン造りに、頭が下がる思いです。
現在、同社はヤンノエル氏を醸造コンサルタントに迎え入れ、更なる進歩を求めています。

(輸入元資料より)

現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。