ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > フランス > ノルマンディー(シードル) > エリック・ボルドレ Eric Boldelet

エリック・ボルドレ Eric Boldelet

ビオディナミで土地の味のするリンゴを育てる。
25種類のリンゴを一緒に発酵させることで単純になりがちなシードルに深み、骨格を与えている。ナチュラル・シードルのパイオニア。


1980 年代にアラン・パッサールの 3 ッ星グラン・メゾン「アルページュ」でソムリエを務めていたのが「エリック・ボルドレ」。
父親の体調不良もあり、かねてから興味を持っていた実家のリンゴ農園を引き継ぐことを決めた。
『アルページュで料理にワインを合わせていたが、シードルはペアリングには出てこなかった。何故か?そういうシードルが無かったからだ』
1992 年、ノルマンディ南部のドン・フロンテの実家に戻り、シードルとポワール造りを開始。醸造を学んだ経験は無く、父親と友人のワイン生産者から教えてもらいながらのスタートだった。


『友人、ディディエ・ダグノーがワインと同じようにガストロノミックなシードルが良い。ブレタンミセスの無いレストランの為のシードルを造れと言った』
当時のシードルは単純でビールの代わりに喉を潤すもの、毎日の食卓にある水と変わらない存在であったのだそう。
醸造所は 17 世紀からの歴史的建物シャトー・ド・オートヴィル。そのまわりに約 15ha の農園が広がっている。
『相続した農園に加え、放棄された古い林檎樹を買取っている。今では 25 種のリンゴと 15 種の洋ナシを栽培している』
最も古い区画の樹齢は 50 年以上。ほとんどの畑は1992 年以降に植えた、又は接木したもので、ようやく良い状態になりつつある。
『土壌は 5 億年前の先カンブリア時代に由来する古い土壌で片岩を含む沈泥土壌。葡萄栽培には向かないがリンゴには理想的』
2005 年から全ての畑はビオディナミが導入された。
ビオディナミを導入することで一時的に病気が蔓延し、生産量が減ったが、3 年かけて徐々に回復。今では健全な状態になっている。
下草は生やしっ放しで年に 2 回刈り込むだけ。農薬
は一切使用しないし、除草剤、防虫剤も一切使用し
ない。ホルモン剤も使用しない。
『所有しているリンゴは掛け合わせの品種ではなく、伝統的な古来種のみ。地品種をビオディナミでこの地域のテロワールで育てることが重要』
ワインと同じように健康でその土地の個性を反映させたリンゴを収穫することでしか本物のシードルは完成しないとの考え。
自然に従う収穫収穫は 10 月後半から 11 月。通常より遅い収穫だ
が、古来種は熟すのが遅いのと、完熟に拘るエリックならではの収穫方法に理由がある。
『自然に樹から落ちるのを待つ。落ちたリンゴを拾って収穫する。リンゴ樹が完熟を判断した時、自分でリンゴを落とす。樹が完熟を知っている』
リンゴの品種は25種あるが大きく3つのタイプに分けられる。「甘み」が特徴の品種、「酸味」が特徴の品種。そして、「苦味」が特徴の品種。
『リンゴは葡萄のように 1 品種では複雑味を作れない。3種の甘み、酸味、苦味の品種をブレンドすることでバランスする』

食用のリンゴの1/4程度の小粒なリンゴで果皮が厚く、ポリフェノールは食用品種の3倍以上。苦味系品種は食べられないほどに苦く、酸味品種も強烈なリンゴ酸を含んでいる。
『古い年代の沈泥土壌はミネラルを含み、古いリンゴ樹はミネラルを吸い上げる力が葡萄樹同様にある。シードルは骨格を得る』
エリックのシードルが飽きずに飲み続けられるのは甘みだけでない苦味、酸味、そしてミネラルが感じられるからなのではないでしょうか。

樹から自然と落ちたリンゴは下草のクッションに守られている。これを手作業で拾い集め、風通しの良い野外で3週間追熟させる。
『その後、すぐに細かく刻んでプレス。酸化が始まらないうちに密閉タンク内に置き、冷却し、デブルバージュ。その後温度を上げて自然発酵』醸造所内はステンレスタンク製タンク、圧搾機、洗浄機が並び、清潔。ブレタノミセスが少なからず存在するのがシードルだが、彼のシードルにはない。
醸造方法に秘密があるとのことだが、それは秘密。
醸造所内も撮影不可という徹底ぶり。
『発酵後期には何度かラッキングを行い、酵母の活動を鈍化させ、極々軽いフィルターにかけてボトリング。瓶内で発酵を続ける』
残った糖分と酵母の活動で2週間程度発酵が続き、優しい発泡を手に入れる。残糖は全て天然のリンゴ由来で、一切、補糖しない。
(輸入元資料より)
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ポワレ グラニット[2016] エリック・ボルドレ

2,992 円
[フランス/ノルマンディ/ポワレ]

シードル アルジュレット[2016] エリック・ボルドレ

2,805 円
[フランス/ノルマンディ/シードル]
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。