ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

お買い物の前に

ランキング

バルバレスコ・ヴィチェンツィアーナ[2019] ラ・リチェンツィアーナ

バルバレスコを造る生産者ラ・リチェンツィアーナがが再入荷しました!味わいのスケール感、骨格の強さから古典的なバローロに通じる雰囲気を持っています。少量の入荷となりますのでお早めに!

シャルドネ[2015] ラ・カステッラーダ

フリウリの高品質ワイン『ラ・カステッラーダ』太陽に恵まれたあらゆる要素が充実したと評する2015年ヴィンテージ。凝縮された旨みあふれる白ワインです。

ソーンレイン[2018] トーマス・ニーデルマイヤー

上質なブドウ由来の肌理の細かさ、口あたりの柔らかさで、スケール感は2017年以上!強烈なミネラル感と熟したモスカート、トラミナー由来の強い芳香。非常にパワフルなワインです!

トスカーナ・ロザート[2021] オットマーニ

味わいがグッと乗った味わい。しっとりと落ち着き一ランク格が上がった印象になりました。可愛らしく優しい果実の香りが気持ちを和らげてくれるようなロザートです。

ブリュット・レゼルヴ[NV] ルクレール・ブリアン

エルヴェ・ジェスタンが栽培から醸造まですべてを執り行った集大成といえる、究極のシャンパーニュです!若々しいフレシュな青リンゴに柑橘系の果実香の広がり。心地よい酸が果実味に溶け込み、泡が全体に膨らみをあたえるバランスの良い味わいです。

ホーム > タイプ別に探す > スパークリングワイン > イタリア > フランチャコルタ・ブリュット[NV] 1701(ディチャセッテウノ)

商品詳細

先日、ひさしぶりにテラヴェールさんの大きな試飲会に行ってきました。
この試飲会で60アイテム(たしか)くらい出ていたワインの中でも、特に印象に残ったワインがありました。

見慣れないラベル(あざやかなグリーン!)の「1701」と書かれたラベルのフランチャコルタ。
柔らかな泡立ちと、クリーンでなめならか余韻。心地よい酸味がありながらもとげとげしていない・・・。

あまりに美味しかったので4回くらいおかわりしてしまいました(笑)

余韻はドライながらもまったく心地よく、充実した味わい。

その時は、特に何の説明もなかったのですが、インポーター資料を見てみると、驚きの内容!!

「何も足さない」、「ブドウ100%」との文字が・・・。

ワインとしての一次発酵だけではなく、二次発酵までも「自然発酵」で行う!(つまり酵母添加無し)
そして二次発酵の糖分も、ブドウのモストで行うという徹底ぶり・・・。


それでいて、「スプマンテ」として十分なガス圧までにもって行くというのは。
聞いたことがありません。

あの自然発酵でフリッザンテを造る二次発酵のスペシャリストである「カミッロ・ドナーティ」からも「野生酵母でのスプマンテ造りの困難さ」の話を聞いたことがあります・・・。

これだけでもどれだけ、卓越した技術の造り手かが判っていただけると思います。

造り手である「1701 (ディチャセッテウノ)」は2012 年に「フェデリコ」と「シルヴィア」兄弟が 300 年前に造られた歴史あるカンティーナを買い取り、始めたカンティーナ。

そして畑では「フランチャコルタ唯一のビオディナミ」を行っているのだそうです・・・。

「1701」の名前は、買い取ったカンティーナの創業の年だそうです。


シャンパーニュと比べるのもナンセンスですが、このレベルのものはめったにお目にかかれないレベルだと思います!


しかも、この内容でこの価格・・・。
飲んでいただければ、「スゴイ・・・」と驚いていただけると思います・


────────────────────────

2012 年から始動した新しい造り手「1701」。変わった名前ですが、この地域に残っていた 1701 年創業のカンティーナを購入してワイン造りを開始したことで、このカンティーナに敬意を表してのもの。
若いフェデリコ、シルヴィア兄弟は母親の影響で子供の頃からオーガニック食材しか食べなかったそう。しかし、フランチャコルタが地元の2 人にとってフランチャコルタで自然の産物と思えるものに出会えず・・・。
遂に自分達で造り始めてしまいます。

■フランチャコルタ唯一のビオディナミ
2016 年にはデメテル認証をフランチャコルタで唯一獲得。これによってフランチャコルタで唯一のビオディナミ生産者となりました。コンポストやビオディナミ調剤も全て自家製。

畑は素晴らしく綺麗な「森」でした。醸造も独特。95%以上の造り手が協会の推薦する培養酵母を使って発酵させているのが現状のフランチャコルタで、彼等は 100%野生酵母。自分達の畑の、その年の酵母で発酵させます。

そして、なんと2次発酵も蔗糖、培養酵母を使いません。
収穫時に残しておいたモストを足してボトリングすることで2次発酵を行います。
そうです!モストに含まれる天然の糖分と野生酵母で 2 次発酵を行うのです。

僕の知る限り、フランチャコルタを名乗る生産者では彼等しかいません。
スパークリングワインは人間の介入が多いワインですし、加えるものも多い。
しかし、彼等のフランチャコルタは 100%葡萄のみなのです!

テラヴェール様コメントより

────────────────────────


フランチャコルタ・ブリュット[NV] 1701(ディチャセッテウノ)
01070081NV3
5,742 円
獲得ポイント:   52 pt
個数
在庫  残りあと 12
南フランチャコルタ、カッザーゴ・サン・マルティーノは堆積土壌と石灰岩、砂質が交じり合う東西フランチャコルタの中間的土壌。果実のフレッシュさとミネラルがバランス良く融合するのが彼等のスタイル。ティラージュ後は最低30ヶ月間シュール・リーで熟成。通常のフランチャコルタの2倍の熟成期間を経て、繊細だが深みのある味わいを目指す。

商品名Franciacorta Dosaggio Zero "Uno" / 1701
容量750ml
国/地域イタリア/ロンバルディア
タイプ白泡
ブドウ品種シャルドネ、ピノ・ネ


この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

この商品に対するトラックバック

この商品へのトラックバック先URL

ピックアップアイテム

ヴェルディッキオ・ディ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコ“キプラ”[2020] カリプトラ

2,772 円
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの中でも「別格」と言われるCupramontana(クプラモンターナ)の作り手
「カリプトラ」ミネラルと酸のバランスがよく、力強い味わいです。魚の前菜からフレッシュチーズやセミハードチーズまで、さまざまな料理と相性抜群!


ヴィナージュ[2018] トリンケーロ

3,465 円
エツィオが“軽さ”を求めて造ったワインで、他の赤ワインに関しては長いマセレーションを施すのに対して、一晩程度にとどめ、優しいタンニンと豊かな果実味が特徴になります。2018年は太田さんが太鼓判をおすヴィンテージです!

Freistil (フレイスティル)[2021] トーマス・ニーデルマイヤー

4,158 円
ニーデルマイヤーのカジュアルなフリッザンテ。瓶内2次醗酵できれいな泡立ちでぐいぐい呑めてしまう1本です。

パリ・トゥルイヤス・ルージュ[2021] ポトロン・ミネ

3,960 円
野イチゴや、熟したブルーベリーの弾けたジューシーな旨みが印象的。きめの細かいタンニンと爽やかな酸のバランスがよく、スイスイなのに心地よい余韻がスーーーっと続き、飲みごたえある複雑な味わいの仕上がりです。

モッレリーノ・ディ・スカンサーノ・パッセラ[2019] ポッジョ・トレヴァッレ

2,376 円
滑らかなタンニンとベリーのフレーバーが魅力的。シンプルなパンやチーズから、インパクトのあるジビエ料理まで、何にでも合う「パッセラ」!果実味とアロマのバランスの良いデイリーワインです。

【*】《350ml》スッコ・ディ・マンダリーニ(マンダリンのジュース) オキピンティ

874 円
自分が飲みたいようなワインを造っているのと同じように、自分が食べたいものを作ってその余剰分を売れたら!とオッキピンティのアリアンナの構想から生まれたからマンダリンジュースが新登場!

カタラット[2021] ガウディオーゾ

2,970 円
明るい琥珀色。オレンジの花のような優雅なたたずまい。黄色の桃と細かいハーブの香りは、鉱物のノートや軽石。エレガントなタンニンが魅力のワインです。サクサク飲める「軽快さ」をだしたガウディオーゾのワイン、エチケットも可愛くじわじわと人気に。

《500ml》アマーロ・ディ・エルベ ”トリエステ”(40%) ピオロ・エ・マックス

5,940 円
甘さ控えめビターなアマーロ。余韻からじわっと苦みが沁み渡り、喉の奥までスッキリし食後酒として最適です。