ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

ヴィーノ・ロッソ[2018] ピアン・ディ・メタ・ヴェッキア

2018年は、トップキュヴェの【テッラデッラルーナ】を全量格下げしてうまれたのが、このヴィーノ・ロッソとトスカーナ・サンジョベーゼ。この価格ではありえない質の良い果実味にリピーター続出です!

ヴィアリーア[2020] イル・モルテッリート

収量が少ないモスカート・ジャッロを使用。一部を陰干し、その後に、通常のモストを加えて完全発酵させるという非常に手間のかかった製法。アロマティックで緻密、心地よい飲み心地も。

ゲヴュルツトラミネール・ビルドストゥックレ[2017] ジェラール・シュレール

ちょっとこなれてきたシュレールの上級キュヴェ。ゲヴュルツはやっぱり素晴らしい。キュヴェによってはやや揮発酸がありますが、旨みが勝ちます。

ランゲ・ロッソ[2018] G.D.ヴァイラ

地味に売れ続けているヴァイラ。クラシックなピエモンテ。

ホーム > タイプ別に探す > スパークリングワイン > イタリア > フランチャコルタ・ブリュット[NV] 1701(ディチャセッテウノ)

商品詳細

先日、ひさしぶりにテラヴェールさんの大きな試飲会に行ってきました。
この試飲会で60アイテム(たしか)くらい出ていたワインの中でも、特に印象に残ったワインがありました。

見慣れないラベル(あざやかなグリーン!)の「1701」と書かれたラベルのフランチャコルタ。
柔らかな泡立ちと、クリーンでなめならか余韻。心地よい酸味がありながらもとげとげしていない・・・。

あまりに美味しかったので4回くらいおかわりしてしまいました(笑)

余韻はドライながらもまったく心地よく、充実した味わい。

その時は、特に何の説明もなかったのですが、インポーター資料を見てみると、驚きの内容!!

「何も足さない」、「ブドウ100%」との文字が・・・。

ワインとしての一次発酵だけではなく、二次発酵までも「自然発酵」で行う!(つまり酵母添加無し)
そして二次発酵の糖分も、ブドウのモストで行うという徹底ぶり・・・。


それでいて、「スプマンテ」として十分なガス圧までにもって行くというのは。
聞いたことがありません。

あの自然発酵でフリッザンテを造る二次発酵のスペシャリストである「カミッロ・ドナーティ」からも「野生酵母でのスプマンテ造りの困難さ」の話を聞いたことがあります・・・。

これだけでもどれだけ、卓越した技術の造り手かが判っていただけると思います。

造り手である「1701 (ディチャセッテウノ)」は2012 年に「フェデリコ」と「シルヴィア」兄弟が 300 年前に造られた歴史あるカンティーナを買い取り、始めたカンティーナ。

そして畑では「フランチャコルタ唯一のビオディナミ」を行っているのだそうです・・・。

「1701」の名前は、買い取ったカンティーナの創業の年だそうです。


シャンパーニュと比べるのもナンセンスですが、このレベルのものはめったにお目にかかれないレベルだと思います!


しかも、この内容でこの価格・・・。
飲んでいただければ、「スゴイ・・・」と驚いていただけると思います・


────────────────────────

2012 年から始動した新しい造り手「1701」。変わった名前ですが、この地域に残っていた 1701 年創業のカンティーナを購入してワイン造りを開始したことで、このカンティーナに敬意を表してのもの。
若いフェデリコ、シルヴィア兄弟は母親の影響で子供の頃からオーガニック食材しか食べなかったそう。しかし、フランチャコルタが地元の2 人にとってフランチャコルタで自然の産物と思えるものに出会えず・・・。
遂に自分達で造り始めてしまいます。

■フランチャコルタ唯一のビオディナミ
2016 年にはデメテル認証をフランチャコルタで唯一獲得。これによってフランチャコルタで唯一のビオディナミ生産者となりました。コンポストやビオディナミ調剤も全て自家製。

畑は素晴らしく綺麗な「森」でした。醸造も独特。95%以上の造り手が協会の推薦する培養酵母を使って発酵させているのが現状のフランチャコルタで、彼等は 100%野生酵母。自分達の畑の、その年の酵母で発酵させます。

そして、なんと2次発酵も蔗糖、培養酵母を使いません。
収穫時に残しておいたモストを足してボトリングすることで2次発酵を行います。
そうです!モストに含まれる天然の糖分と野生酵母で 2 次発酵を行うのです。

僕の知る限り、フランチャコルタを名乗る生産者では彼等しかいません。
スパークリングワインは人間の介入が多いワインですし、加えるものも多い。
しかし、彼等のフランチャコルタは 100%葡萄のみなのです!

テラヴェール様コメントより

────────────────────────


フランチャコルタ・ブリュット[NV] 1701(ディチャセッテウノ)
01070081NV3
5,445 円
獲得ポイント:   49 pt
個数
在庫  残りあと 6
Franciacorta Brut 1701

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

この商品に対するトラックバック

この商品へのトラックバック先URL

ピックアップアイテム

トスカーナ・ビアンコ[2020] オットマーニ

2,475 円
トレッビアーノのボディ、マルヴァジアの香り。飲み心地の軽やかな(でも味のある)白ワインです!ほんとうにおすすめ!

【*】手作り焼肉のたれ(200g) 梶田商店

432 円
保存料・食品添加物無添加!梶田さんのお醤油を贅沢に使った焼肉のたれ!

スポンタニーティ 2 (330ml瓶) ブリュードッグ(オーバーワークス)

935 円
ベルギーのランビックビールと同様の製法でつくられたサワーエール。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
古木の在来品種カニーノ、レッチーノ、フラントイオのブレンドです。丁寧にコールドプレスで圧搾。たっぷり750ml!

イル・マイオーロ・エミリア・ロッソ[2004] イル・マイオーロ

3,465 円
本業の弁護士業が忙しすぎて売る暇がない~!そんな変わった理由でお得な価格でリリースするイル・マイオーロ。7年熟成の2004年最終在庫が入荷しました!

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
やわらかな果実とおだやかな酸。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
夫婦で別のワイナリーでそれぞれ醸造家をしているカルロ夫婦。お子さんの手がちょっと離れた2018年から大躍進(笑)!1年熟成させた”2nd”は破格の出来です!

アジネジナウ[2019] パーネヴィーノ

6,050 円
サルデーニャの鬼才パーネヴィーノ2019年!カンノナウ、カリニャーノ   サルデーニャ語で“ご近所さんのブドウ”意味するアジネジナウは、その名の通り近隣の農家が育てたカンノナウ&カリニャーノで造るワインです。

レッド&トニック[NV] ポッジョ・トレヴァッレ

3,850 円
トスカーナの上質な赤ワインにハーブのキナとオレンジのエッセンスをプラス。食前酒に!

シードル・ド・チュルゴヴィ[2019] シードルリー・デュ・ヴュルカン

2,871 円
非常に古い品種でつくられた辛口のシードル。