• 別タイプのお酒
  • タイプ別に探す
  • 厳選した食材を集めました !
  • その他のおすすめ
  • ログイン

    ショッピングカート

    商品数:0点

    合計:0 円

    カゴの中を見る

    2021年6月の定休日
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30

    お買い物の前に

    ランキング

    ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

    澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

    《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

    2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

    キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

    食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

    ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

    人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

    イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

    まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

    ホーム > 産地で探す > フランス > その他のフランス > その他 > シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    シャトー・ラッソル Chateau Lassolle

    大注目を集める『シャトー・ラッソル』より最新ヴィンテージが入荷いたしました!


    今回のトップキュヴェである『クー・フラン』は14年、15年、16年をブレンド!

    マルチヴィンテージとして『ラッソル』の名前でリリースとなりました。


    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立。ステファニーは、以前は経済学・法学を学んでいましたが、ワインの世界に惚れ込みボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みます。


    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じった土壌。1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種)、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。


    そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。


    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。

    ビオディナミによる栽培方法はマダム・ルロワに師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。

    2013年ごろよりイタリア産の卵型アンフォラタンクを採用して現在も少しづつ増やしています。この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。また、適度な酸化を促すことによりワインに緊張感を与えます。


    そして待望の2016年、アンフォラで仕込んだワインがリリース!
    「ルージュ・ダンフォール」が少量ですが入荷となりました!!

    しなやかで立体感のあるテクスチャーはまさにラッソルの真骨頂です。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。

    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。破砕はごく軽く、もしくは一切なし。


    今回も極少量づつの入荷です。
    是非お早めにどうぞ!!


    -----------------------------------------------

    シャトー・ラッソルは2002年、ロームシュタイン(Romestaing)の地にステファニー・ルーセル(Stephanie Roussel)女史によって設立されました。
    ステファニー女史は元は経済学、法学を学んでいました。しかし、ワインの世界に惚れ込み、ボルドーのビストロで働いた後にヴィニュロンの道へ進みました。
    畑はボルドー、ソーテルヌ地区から続く砂礫土壌に石が混じります。
    1947年、1960年に植樹されたマルマンデ伝統の古木であるアブリュー(果肉まで赤いタンチュリエ品種、コー、フェルセルバドゥー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローが除草剤、化学肥料、合成肥料なしで育てられています。そして、フィロキセラ禍によって接ぎ木を施していない樹齢100年を越える古木、フラン・ド・ピエのセミヨンとカベルネ・フランが彼女をこの畑の虜にしました。
    彼女を導いたのはブルゴーニュの母、ラルー・ビーズ・ルロワ女史です。ビオディナミによる栽培方法はルロワ女史に師事しています。土地の特徴、そして畑と土中の生態系を尊重することでワインにテロワールを転写するのです。
    2013年ごろより、イタリア産の卵型アンフォラタンクを採用し、増やしています。
    この卵型はφ黄金比率によって形成されており、角が無い形状のため、手を加えることなくアンフォラの中でジュースが自然と滞留し循環するのです。そのため、人為的なピジャージュを施すことはありません。
    また、適度な酸化を促すことにより、ワインに緊張感を与えます。
    当初4個から始めたアンフォラですが、毎年3~4個増やしていく予定です。
    現時点(2015年)ではアンフォラ100%によるキュヴェはありませんが、将来的に目標としています。

    シャトー・ラッソルではマセラシオン・カルボニックは施しません。土壌の特徴をより鮮やかに表現するためにはマセラシオン特有の香りは避けた方が良いという判断です。
    基本的には全房で発酵させますが、成熟度の高いヴィンテージは過度なタンニンを避けるため除梗します。
    破砕はごく軽く、もしくは一切しません。
    (輸入元資料より)
    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
     在庫有り商品のみ表示

    ブラン・キ・タント[2016] シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    セミヨン100%辛口白ワイン。樹齢はなんと107年。接木されていないフラン・ド・ピエ。今は根が深さ22メートルまで達しているのだとか!

    アド・ナチュラム・ブラン(16/17) シャトー・ラッソル

    3,564 円
    [フランス/南西地方/白]

    ラテン語で“自然に還る”の意味。フランス語でDNAを意味するADN、細胞の世界、命の根源というメッセージ。

    ラッソル[NV(2014+2015+2016)] シャトー・ラッソル

    3,960 円
    [フランス/南西地方/赤]
    自根のカベルネ・フランの衝撃クー・フラン。
    今回、このクー・フランの2014年、2015年、2016年をブレンドしたマルチヴィンテージワイン

    3件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

    ピックアップアイテム

    ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

    3,960 円
    日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

    スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

    2,376 円
    イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

    【*】サラミ・ディ・クラテッロ ストロルギーノ(250g) フェラリーニ

    1,922 円
    最高級生ハムクラテッロのトリミング材を使用した、やわらかで薫り高いサラミです。くせになるおいしさ。★要冷蔵

    【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

    302 円
    パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

    ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

    3,762 円
    大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

    ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

    2,673 円
    最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

    IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

    3,168 円
    2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

    リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

    2,772 円
    黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

    【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

    2,138 円
    ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

    【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

    4,665 円
    コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。