ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > フランス > シャンパーニュ > レコルタン・マニピュラン(R.M) > リュペール・ルロワ Ruppert Leroy

リュペール・ルロワ Ruppert Leroy


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

シャンパーニュ新世代「リュペール ルロワ」
父が大切に守り育てた大地から、区画ごとの個性を尊重したピュアなワイン造りに挑みます!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

先日、とある機会にワインの仕入や生産者の選定について話をする事があったのですが、野村ユニソンでは、地域や品種を軸にワインを探したり、仕入れたりという事をしておりません。例えば、現在私達はアルザスの生産者とはお取引がありませんが、全体のセレクションの中でアルザスが無いからとわざわざアルザスの造り手を探すという事はありません。

ワインは「人」単位で選ぶことが何より大切と考えており、「出会い」こそが全てのきっかけなのです。

さて、そんな野村ユニソンですが、ついに?ナチュラル・クオリティ シャンパーニュ市場に挑戦致します。

ですが、先に申し上げたように「シャンパーニュ」を「シャンパーニュ」だからわざわざ探していたというわけではなく、たまたま出会ってしまった「人」が、シャンパーニュでワインを造っていたという事が全てのはじまりです。

ということで、今回ご紹介するのはシャンパーニュ地方最南端の地、オーブ県でベネディクトとエマニュエルという二人が二人三脚でワイン造り当たる「リュペール ルロワ」という造り手です。

例によって紹介文が長くなってしまいそうなので、まずはエッセンスを絞って紹介すると…

■ ベネディクトの父がブドウ栽培農家で1970年代からビオロジック栽培に挑戦
■ 収穫したブドウは協同組合などに販売、ベネディクトたちが後を継いだのを契機にワイン造りをスタート
■ 偶然ピエール オヴェルノワを訪ね、その哲学に心打たれる
■ 近所に住むヴェット エ ソルベのベルトラン ゴトロからも影響を受ける
■ 栽培はビオロジックを基本に近年ビオディナミも取り入れる
■ 醸造段階では亜硫酸の添加を極力抑える、13年は熟成中の添加なし
■ 全品ノン ドサージュ
■ 土壌特性別の区画ごとにワインを造るブルゴーニュ的アプローチ
■ シャトー ブリアン、セプティーム、ヴィヴァン、ノーマなどヒップなレストランで取り扱われはじめている

といった感じです。ということで、本編ですが、最も詳しいご紹介はいつもの様にwebページをご確認頂きたいです。


そして以下は、長い要約です…。

リュペール ルロワは、ブルゴーニュ地方との境界にほど近い、オーブ県 エッソワ村の外れに拠を構え、2009年にその歩みをはじめました。現在はエマニュエルとベネディクト ルロワの二人によって運営されていますが、その歴史の源流はベネディクトの父であるジェラール リュペールの時代にさかのぼります。

父ジェラールは、ブドウ栽培に専念し、生産したブドウを全て協同組合に販売して生計を立てていました。しかしながら、1970年代から畑の一部においてビオロジック栽培を採用し、年を追うごとにその面積を拡大していきます。

ジェラールは、畑に向き合い、自然環境を尊重する栽培を心がけ、それを通じて質の高いブドウを生み出すべく努力を重ねていた稀有なブドウ栽培者でした。そんなジェラールの崇高な精神は、娘であるベネディクトにしっかりと受け継がれます。

ジェラールの引退に際して、教師という安定した職に就いていたベネディクトですが、その安定した職を離れ、ブドウ栽培者でありそして自らワインを手がけるワイン生産者でもある「ヴィニュロン」の道を歩み始めます。

そんな彼女たちが歩みを進める上で、転機となった出来事がありました。
知人のシャンパーニュ生産者から「自然な」ワイン造りを志すならとジュラのピエール オヴェルノワの訪問を勧められたのです。オヴェルノワと言えばフランス自然派ワインの世界で、その礎を築いた伝説的な生産者として知られる人物・・・。

ですが、なんとベネディクトたちはその名前も存在も知らず、ただ勧められるがままに彼のもとを訪ねました。その突然の訪問客に対して、ピエールは多くの時間を割き、彼のワイン造りの哲学やテロワールの魅了をどうボトルに封じ込めるのかを熱っぽく語ってくれたといいます。

「あの伝説のオヴェルノワを知らずに訪ねたなんて、今となっては笑い話でしかないのですが。もし彼の事を知っていたら、あんな風に気軽に訪ねる事はできなかったかもしれませんね。」

これを機会に、ベネディクトたちは、オヴェルノワをワイン造りの父として敬い、シャンパーニュという土地での真実のワイン造りという大いなる挑戦がはじまります。

実は彼女たちは、もうひとつの幸運にも恵まれます。ワイン造りの精神的支えがオヴェルノワであるとしたら、実質的な支えとなった人物がいました。それは、エッソワ村からわずか15kmほどという距離にあるビュキシエール シュール アルス村に居を構えるベルトラン ゴトロ(ヴェット エ ソルベ)その人です。物理的な距離も志も近いベルトランからも多くのインスピレーションとサポートを得て、ベネディクトたちは理想のワイン造りに突き進みます。

畑においては、ブドウの生態を尊重し、それぞれの区画や土壌の個性を素直に表現できるようにと一部ビオディナミのコンセプトを取り入れた自然な栽培を行います。醸造段階においては酸化防止剤となる亜硫酸の使用を抑えるよう努め、熟成段階においても同様に使用を避けます。ワインは、土壌の特性ごとに瓶詰めされ、ブルゴーニュ的な区画ごとの個性や味わいを表現することを目指しています。


ベネディクトとエマニュエルの二人、まだデビューしたばかりの若手の造り手ではありますが、間違いなくシャンパーニュのこれからの時代を切り拓いてくれる「革新的な」開拓者たちだと言えるでしょう。

感度の高いヒップなレストラン、シャトー ブリアン、セプティーム、ヴィヴァン、ノーマなどはすでに、彼女たちのワインが取り扱われはじめています。


(輸入元資料より)

2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

シャンパーニュ 11、12、13...[NV] リュペール・ルロワ

8,217 円
[フランス/シャンパーニュ/白泡]

※参考画像となります

シャンパーニュ フォッス グリュリー[2013] リュペール・ルロワ

7,766 円
[フランス/シャンパーニュ・白泡]
ステンレスタンクで澱と一緒に6ヶ月ほど熟成。さらに2年ほどの瓶内熟成を経てドサージュなしで完成させます。
2件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。