ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > イタリア > シチリア > ラ・カラブレッタ Calabretta

ラ・カラブレッタ Calabretta

イタリアを代表する偉大な可能性を持った産地『エトナ』。

バローロやブルネッロと並ぶ可能性を持ちながらも、クオリティーワインの産地としてスタートが遅れたためこれらの産地にくらべて一歩出遅れてしまいました。

しかし、「テヌータ・ディ・トリノーロ」のアンドレア・フランケッティ氏やマルク・デ・グラツィア氏。

そしてフランク・コーネリッセン氏など、《エトナの可能性》を信じて畑を取得。

いま、「イタリアで最も注目を集める産地」となっています。

南イタリアの太陽がブドウに熟度を。
「高い標高」による寒暖差が偉大な酸味をうみだします。

色素こそ薄いですが、ピノ・ノワールに通じる香りと生き生きとした酸と果実感。
そしてそれを支える偉大な酸度を保つ火山性土壌で真価を発揮する偉大なブドウ『ネレッロ・マスカレーゼ』!

これらの要素が「エトナ」は特別な産地にしているんですよね。

その『エトナ』で小規模ながら素晴らしいワインを造る『ラ・カラブレッタ』。


「濃くて重くて・・・」

というイメージをもたれがちな、シチリア島で造られるワイン。

そんなイメージを完全に払拭してくれる、偉大なポテンシャルをもつワイン産地エトナ、「ラ・カラブレッタ」の『エトナ・ロッソ』。

エトナ火山といえば、あのフランク・コーネリッセン氏もそのポテンシャルを見抜き畑を求めた、偉大な可能性を秘めたワイン産地。

そしてブドウも、エトナの固有の品種で一説ではピノ・ノワールの亜種とも言われる『ネレッロ・マスカレーゼ』が使用され、重く濃い、そしてやや単調なイメージがあるネロ・ダーヴォラとは異なり非常にエレガントな酸と複雑味、そして程よいタンニンを持ち、ネッビオーロ、サンジョヴェーゼにも匹敵する高貴なブドウと評する専門家もいるほど高く評価されています!

強いミネラル感と、タンニン、酸味はまるで本当に上級のブルゴーニュなどを思わせるほどです。


カラブレッタ家により、年間12000本のエトナDOCのみが生産される。畑はエトナ山の麓、標高700-800mの南向きの斜面にあり、土壌は火山岩質。フィロキセラの被害を受けなかった畑で、ブドウの木の平均樹齢は70-80年。品種はネレッロ・マスカレーゼ100%。整枝方法はアルベレッロ・ナトゥラーレを採用。グイヨなどに比べると、畑にトラクターが入ることができないのですべての作業を手で行なわねばならない。しかしながら夏の強い日差しをブドウに直接当てるのを避けるには葉が木全体を覆う必要があり、そういった意味でも地域に適合して残った手法であるといえる。1日の寒暖差が激しいことや、乾いた風がよく吹くことで農薬類を使わなくても病害虫の発生を抑えることができ、この地域をよりブドウ栽培に適した場所としている。5日間のマセレーション後、醗酵中の温度管理もほとんどすることなく(ワインが30度以上になった場合には30度まで温度を下げる)出来上がったワインを14ヶ月大樽で寝かせる。 樹齢の古さや低収量に由来する高い凝縮性に、標高などに由来するそれを支えるだけの偉大な酸が、このワインを他のシチリアのワインとは全く異質のものとしている。
(インポーター資料より抜粋)

15件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示

ヴィーニェ・ヴェッキエ[2010] ラ・カラブレッタ

3,861 円
[イタリア/シチリア/赤]

※画像は参考画像となります

ピノ・ネーロ[2018] ラ・カラブレッタ

3,564 円
[イタリア/シチリア/赤]

※参考画像となります

ガイオ・ガイオ[2019] ラ・カラブレッタ

2,475 円
[イタリア/シチリア/赤]

樹齢の若い区画のネレッロで造る、果実味豊かなワイン。ある意味カラカラ ロッソの対となるワイン

※ 画像は参考画像です

カラ・カラ・ロッソ(CLR17)[NV] ラ・カラブレッタ

2,475 円
[イタリア/シチリア/赤]


※参考画像となります

ロザート[2019] ラ・カラブレッタ

2,574 円
[イタリア/シチリア/ロゼ]

※画像は参考画像です

コントラーダ・チェンティナーリ[2017] ラ・カラブレッタ

8,613 円
[イタリア/シチリア・赤]

ソリッキアータのフランクの自宅裏にある、わずか0.1haほどの樹齢100年を超える区画のネレッロ(マスカレーゼ大半にカップッチョが少々)で仕込まれる、生産量バリック1樽(300本!)というワインになります。変な言い方になりますが、他のカラブレッタのワインよりもフランクのワインに通じる雰囲気があります。果実味の質などに代表される、ブドウやヴィンテージ(の気象条件)由来の個性よりも、より“火山”を髣髴とさせるテロワールに直結した味わい。

※画像は参考画像となります。

ノンナ・コンチェッタ[2016] ラ・カラブレッタ

5,940 円
[イタリア/シチリア・赤]
樹齢100年オーバーの樹が植わる小さな区画のブドウで造られるノンナ コンチェッタ

ピエーデ・フランコ[2015] ラ・カラブレッタ

5,445 円
[イタリア/シチリア・赤]

とびきりの、でもとても小さな区画に、彼らがセレクションした苗木をアメリカ系台木を使わずに植たネレッロ・マスカレーゼ。

カリカンテ[2019] ラ・カラブレッタ

3,069 円
[イタリア/シチリア/白]

※画像は参考画像となります

カラ・カラ・ビアンコ[2019] ラ・カラブレッタ

2,574 円
[イタリア/シチリア/白]
カラブレッタのグリッロ

※画像は参考画像です。

ネレッロ・カプッチョ[2012] ラ・カラブレッタ

4,752 円
[イタリア/シチリア・赤]
ネレッロ マスカレーゼの陰に隠れがちなブドウ、ネレッロ カップッチョ100%のワイン、カップッチョ。マッシミリアーノ自身、このブドウの特性を体感してみたいという事で、単一で醸造。(輸入元太田さんコメントより)

カラ・カラ・ビアンコ[2018] ラ・カラブレッタ

2,475 円
[イタリア/シチリア/白]
カラブレッタのグリッロ

画像は参考画像です。

カリカンテ[2017] ラ・カラブレッタ

3,168 円
[イタリア/シチリア・白]

カラブレッタのカリカンテが久々の入荷です!

※画像は参考画像となります

リトル・エー[2015] ラ・カラブレッタ

4,455 円
[イタリア/シチリア・赤]

《1500ml》リトル・エー[2014] ラ・カラブレッタ

通常価格: 8,910 円
8,415 円
[イタリア/シチリア/赤]
15件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】サラミ・ディ・クラテッロ ストロルギーノ(250g) フェラリーニ

1,922 円
最高級生ハムクラテッロのトリミング材を使用した、やわらかで薫り高いサラミです。くせになるおいしさ。★要冷蔵

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。