ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2021年6月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お買い物の前に

ランキング

ビアンコ・フリッツァンテ・ラタトゥイユ[2019] ガッティ

澱も一緒にボトリングした、旨みとさわやかさの両方が詰まってる、この季節にピッタリな微発泡!

《1500ml》ヴァル・ティドーネ・ビアンコ(2019) イル・ヴェイ

2019年もやっぱり人気!マグナムでもあっという間に飲み切ってしまう、飲み心地抜群の白

キャンティ・クラシコ[2018] オットマーニ

食事がおいしくなるキャンティ。樹齢約30年ノサンジョベーゼ主体でつくられる。澱の上で14ヵ月熟成。でも端正。抜栓数日安定しておいしい。

ピッズィカンテ・ビアンコ[2018] レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

人気のレ・コステ。モスカート主体。発酵途中で瓶詰めする微発泡。手軽な王冠タイプ。

イ・パードリ[2006] ラ・ストッパ

まだまだ人気!熟成したメルロー、飲み頃って嬉しい。飲んでおいしかったのでプレゼントに、と購入される方も。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ウンブリア > コッレカプレッタ Collecapretta

コッレカプレッタ Collecapretta

ウンブリアに残っていた『農家の手作りワイン』
ウンブリアの奥地スポレートで有機栽培の野菜の栽培を主とした農家、コッレカプレッタ。一部の畑には葡萄も植えており、一度も農薬を使用しないで昔ながらのワインをガレージで造っている。

奇跡的に残っていた田舎のワイン
『ヤギの丘』を意味するコッレカプレッタはウンブリア南部のスポレート郊外に位置。ヴィットリオとアンナ夫妻、そして娘のアンナリサによって地元品種のオリーヴ、小麦や野菜等の栽培、そして固有品種によるワイン造りを行っている。
生産量は7000本程度。『ウンブリアの中でも標高が500m を越し、昼夜の寒暖差が大きい。そしてコッレカプレッタの丘はカルシウムと鉄分が豊富な粘土と石灰層が折重なった優れた土壌だ』(醸造責任者ダニッロ)畑では一切の化学薬品も有機肥料も使われない。彼等の飼育している動物の糞と葡萄樹の枝や剪定された果実のみが肥料となって葡萄樹の生育は進んでいく。『僕はここ、スポレートで生まれた。昔から何も変わらずに行われているコッレカプレッタのワイン造りに大きなポテンシャルを感じ、ワイン造りを手伝うことにした』(ダニッロ)

完全酸化防止剤無添加
ダニッロは大学卒業後、建築関係で働いていたが、縁あってモンテファルコのワインセラーで働き始める。『1900年代後半のワインはエノロジストの台頭によって技術革新が進んだ。結果として、ある意味での完璧なワインがお金を稼ぐようになり、地域性や自然の癒しはワインには存在しなくなってしまった』その後、Porthos 誌で現代的ワイン造りやワイン業界を批判する記事を書き続けることとなる。2000年代に入るとラディコン、レ・ボンチ、リナルディ、ロアーニャなどと交流を持つようになり、ナチュラルワインについて執筆を続ける。2002年にはヴィーニ・ヴェーリ、2003年にはヴィッラ・ファヴォリータを成功させ、ナチュラルワインのムーブメントを一気に加速させていった。『2005年、地元に戻り、コッレカプレッタの昔ながらのワインに触れ、そのポテンシャルに気付かずにいることに気付いた』ダニッロは地元に根差した造り手達の発掘と醸造から販売までを手掛けるようになっていく。コッレカプレッタの醸造は至ってシンプル。ぎりぎりまで完熟を待ち、手作業で選別しながら収穫(ここで腐敗果を完璧に取り除くことが重要)。手で果実を潰しながらホーロー製のタンクに投入。自然酵母のみで発酵を開始。発酵は開放発酵で温度管理も行わない。しかも、酸化防止剤も一切使用しない。

トレビアーノ・スポレティーノ
収穫を遅らせたトレビアーノ・スポレティーノ種の果皮はピンクに色付く。10日程度マセラシオンすることで若干色調が濃くなっている。Terra dei Preti は綺麗な果実とコッレカプレッタという土地を表現するミネラルに支えられているが、染み入るように優しい飲み口を実現している。赤のベースとなるのが Rosso daTavola。サンジョヴェーゼから造られる田舎っぽいワインだが、やはりミネラルに支えられているので、どこか引き締まったスタイル。年間生産量は僅かに3000本。そして、彼等の最上級キュヴェが Le CeseSelezione Sangiovese。樹齢60年以上のサンジョヴェーゼから造られるこのワインはセメントタンクで2年熟成、その後木樽で18ヶ月以上熟成させてから出荷される。ウンブリア、いやイタリアを代表するワインに育っていくかもしれない。
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順
 在庫有り商品のみ表示
1件の商品がございます。 新着順価格が安い順価格が高い順

ピックアップアイテム

ソラリス[2017] トーマス・ニーデルマイヤー

3,960 円
日本に到着してから、端正ながら奥から味がぐっと出てきました。抜栓してから数日、変化を見ながら楽しんでいただきたい素晴らしい白。

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2020] フロリバンダ(エッゲル・フランツ)

2,376 円
イタリアでも難しい果樹の無施肥無農薬を独自の方法で成功さえた元植物学者のエッゲル氏。スタンダードなシードルとともに、ショウガやミントをブレンドした斬新なシードルも人気。これはサンブーカの白い花を一緒に醸造した、華やかさなのあるキュヴェ。

【*】リングイネ・ブロンズ No6 ラ・モリサーナ 500g

302 円
パスタの原材料は、デュラム小麦のセモリナのみ。親会社が100年以上の歴史のある大手製粉会社、フェッロ社。フェッロ社は、高級パスタメーカーにも原料のセモリナを販売していますが、そんな上質な原料を惜しみなく使用した、隠れたハイコスパなパスタ『ラ・モリサーナ』です。

ヴィーノ・ロッソ ”フオーリ・ルオゴ”[2019] ラ・ヴィラーナ

3,762 円
大人気の羊ワイン「ラ・ヴィラーナ」。ピノ・ネーロ100%。ちょっとの揮発酸が、かろやかな飲み心地に。

ヴィーノ・ロッソ ZERO 8[2017] マリーニ・ジェオルジェア

2,673 円
最小限のSO2ながら、抜栓後数日間安定して楽しめ、やわらかな果実とおだやかな酸がある。食事と一緒でも、ワイン単体でも。気持ちよい、リラックスできるワインです。

IGTウンブリア マルゴ・ロッソ 2nd [2018] カンティーナ・マルゴ

3,168 円
2018年から大躍進を遂げたカンティーナ・マルゴ。蔵元で1年長く寝ていた”2nd”バージョン。果実感やタンニンに一体感があり、飲み心地がとても良い、おすすめの1本です。

リフレッソ・ローズィ[2018] ローズィ・エウジェニオ

2,772 円
黒葡萄は発酵のはじめで皮を除き、発酵後別キュヴェの白ワインの果皮を加え、30日マセレーションという、独自製法でつくる、素晴らしいロゼ。

【*】《500ml》アグロドルチェ・ディ・モンテジッビオ・ビアンコ・コンディメント・アリメンターレ サンテ・ベルトーニ

2,138 円
ささっとかけるだけで、レストランの味になる常に使い勝手のいい、ワインビネガーです。細長いボトルから、デザイン変更しました。

【*】《750ml》EXバージン・オリーヴオイル[2020] ラ・ヴィラーナ

4,665 円
コールドプレスで丁寧に圧搾された、青さのすくないタイプのオイルなので、幅広いお料理に合わせやすいです。たっぷりの750ml。ラベルもかわいいのでキッチンが華やぎます。