ログイン

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

2019年5月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お買い物の前に

ランキング

イ・パードリ[2005] ラ・ストッパ

ストッパらしい凝縮感があり素晴らしい味わい!カベルネで造られたストッパにも非常に似ていますが、より塊感があり、黒糖のような香ばしい雰囲気があります。

ヴィトフスカ・T[2012] ヴォドピーヴェッツ

2012年ヴィンテージのラインナップの中で、今現在、最も味わいが開き表現力がある気がします。

レ・ペルゴーレ・トルテ[2015] モンテヴェルティーネ

イタリアワイン界の超大御所!「モンテヴェルティーネ」 大成功を収めた2015年ヴィンテージです。

マルヴァジア・フリッザンテ・セッコ[2017] カミッロ・ドナーティ

ワイン内のわずかな残糖分とブドウに付いていた野生酵母を利用して壜内2次醗酵を行わせることで造られたフリッザンテ。さくさく飲めてあっという間にボトルが空いちゃいます。

ホーム > 産地で探す > イタリア > ロンバルディア > カーサ・カテリーナ Casa Caterina

カーサ・カテリーナ Casa Caterina

ランチャコルタを脱退 シャンパーニュ以上の完成度

セロスとプレヴォー
フランチャコルタはその厚い果実感が最大の魅力かもしれない。シャンパーニュとは全く違った魅力。その決定的な違いは土壌と気候にあると思っていたが、大きな間違いだったようだ。カサ・カテリーナはフランチャコルタ東部モンティチェッリ・ブルッサーティの小高い丘に小さな畑を所有している。彼等が意識しているのはシャンパーニュ。『セロスやジェローム・プレヴォーの影響は大きかった。ドサージュをしないで複雑味のあるスプマンテを造るには自然酵母での発酵が不可欠。自然酵母での発酵を完結させる為には健全で腐敗の無い葡萄が絶対条件。よって自然な栽培は必須』83年から2haの畑でワイン造りを始め、89年にはフランチャコルタの生産も始めたが、2005年にフランチャコルタ協会を脱会する。『全く違うものを造っているのに協会に所属しても意味が無いから』

100%葡萄のみの唯一のスプマンテ
ワイン造りは2001年から大きく転換した。例年通り農薬を撒こうと袋を開けた瞬間、誤って薬品を吸い込んでしまい気絶。弟に助けられたのだと言う。これをきっかけに除草剤は勿論、一切の薬剤の使用を中止した。醸造所内でも同じで僅かなSO2以外は何も加えないことになる。当初、瓶内2次発酵時にはヴァテマラ産の黒糖を使用していたが、これも中止。現在では葡萄のモストを5度で保存しておき(バクテリアの繁殖を防ぐ為フィルターはかけておく)これを瓶内2次発酵に使っている。自然のモストなので完璧にガス圧をコントロールすることはできないが、蔗糖を足したものよりも明らかに馴染んだ味わいになる。彼等のスプマンテは正真正銘100%葡萄のみ。『葡萄が全てを決める。ドサージュもしない。リキュールを足すと厚みもでるし、コクも出るけど葡萄本来のものではなくなってしまう。ノン・ドサージュでも最高の品質の葡萄を収獲すれば深い味わいを手に入れられる』畑は小高い丘に点在、除草剤は勿論、一切の薬剤を使用しない。下草は生やしっぱなしで年に数回刈るだけ。この丘の土壌はライムストーンが多いのが特徴で白い粘土質が表面を覆っている。この土壌も彼等のワインの味わいを特異なものとしている。

澱と共に長期熟成することで旨みを得る
毎年出てくるワインは違うそうで何種類造っているか解らないそうだが、全てのワインは澱と共に長期間熟成される。澱は熟成中にタンパク質をワイン中に放出する。これがワインに旨みを与える。彼等のスプマンテは大振りのグラスで15度程度の高い温度で飲まれることをお薦めしたい。『冷やさないと欠点が見えてしまうスプマンテを造っているつもりはない。温度が高いほうが全ての要素が出てくる。ゆっくりと酸素と触れさせながら楽しんで欲しい。泡が抜けても味わいは決して崩れない。それどころか違う世界を見せてくれるはずだ』最後に彼等のスプマンテは毎年、少しずつデゴルジュマンを行いリリースしている。ヴィンテージは勿論だが、バックラベルに手書きでデゴルジュマンの日付が記入されている。このデゴルジュマンが大きく味わいを左右することになるので、ヴィンテージ同様、こちらもご注目頂きたい。

(輸入元資料より)
現在、商品はございません。

ピックアップアイテム

藪伊豆そば(250g) タイコウ

432 円
蕎麦のおいしさは「三たて」。
挽きたて、打ち立て、茹で立て。もちろん、生蕎麦にはかないません。が、乾麺にしては上出来のそば(笑) 
これからの時期にかかせません!

コエノビウム[2017] モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ

2,235 円
この価格で、これだけのレベルの物ができるというのは本当に驚きです。

《3000ml》オーリオ・エクストラ・ヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ タジャスカ[2017] テスタロンガ

13,770 円
卓越した品質のオリーヴ「タジャスカ」から作られた貴重なオリーヴオイル。
トスカーナの辛い、青い香りではなく、もう少し優しく熟した果実の味わいを感じ、野菜や魚によりそってくれます。

今なら通常価格より15%OFF!!

ピアン・デル・チャンポロ[2015] モンテヴェルティーネ

2,808 円
イタリアワイン界の超大御所「モンテヴェルティーネ」のベーシックワイン、ピアン・デル・チャンポロ。比較的樹齢の若い木から収穫された葡萄で造られ、若いうちから楽しめるワインです。

《720ml》 無添加りんごジュース 彩香  もりやま園

1,499 円
彩香の無添加りんごジュースです!
甘みと酸味のバランスが紅玉に近く、微かにあんずのような独特な香りがあり、鮮やかな赤ピンクの果皮の色。ジュースにしても色の発色が良く、とても美味しい品種です。

《400g》ポモドーロ・ディ・トラモンティ モンテ・ディ・グラツィア

831 円
本物のイタリア産トマト缶。
スーパーで売っているものよりは、はっきり言って高額です…でもトマトの濃さがあきらかに違う!!
これを使えば普段の料理が一味も二味も変わるかも?!

スィドロ・アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ[2018] エッゲル・フランツ

2,430 円
収穫したサンブーカの花を醗酵の段階で加えた、フレーバーを持った個性的なシードル。リンゴの甘い香りにアクセントとなるサンブーカの爽やかな香りをもった、シードルです。

《720ml》順子 純米酒ペティアン山田錦

1,944 円
プチプチとはじける心地よい泡にふんわりとお米のうまみが広がるやわらかい口当たり。リンゴや洋梨のようなフルーティーな香りが広がり、やさしい甘みと酸味がさわやかな、すっきりペティアンです。

クローズ・エルミタージュ エキノックス・サンスフル[2017] ドメーヌ・デ・リゼ

2,916 円
ラズベリーやアメリカンチェリーのコンフィチュールを思わせるふくよかな香り。ジューシーな果実、フレッシュな酸、滑らかなタンニンのバランスが非常に良い。軽やかさと華やかさを備えた躍動感ある味わいです!